猫&家族紹介はこちらからどうぞ

 

後半はルカに捧げます

『猫のミルクボランティア』

 

オッドアイ猫多くの方に読んで頂きたい記事オッドアイ猫
猫からの10のお願い

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

以前

年齢的に新しい家族を迎えても

最期を看取ることが難しいので

ミルクボランティアを

志望された方の事を記事にしました。


 

その後

「子猫リレー事業」

があることを知りました。

 

3ヶ月齢まで病院でケアされていた子を

6か月齢になるまで

育てるボランティアです。

(原則60歳以上)

 

「キトンシッターボランティア」

というそうです。

 

3ヶ月なら離乳して

トイレのしつけも済んで

ワクチンも接種済みなので

ミルク猫より

ハードルが低い気がします。

 

(詳しい記事はこちら)

体験談も読めます。

 

またはこちらでどうぞ

 

 

こういった試み

増えて欲しいです(´∀`)

 

ちなみに

似た猫ズで言うと3ヶ月はこの位です。

 

ルカ。

 

くらら。

 

授乳期の子猫に比べると

猫感がしっかりしています。

 

3ヶ月の頃の珊瑚さんも

見たかったな…。

 

家に来てくれた生後半年の頃。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

猫に限らずこれから動物を飼う方

既に共に生活している方に

読んで頂きたい記事です。

「猫からの10のお願い」

 

抜爪手術反対

「抜爪手術(ディクロー)を

受けた猫の悲しみ」

 

懺悔の意味も込めて

「猫のミルクボランティア

(ごめんねルカ)」

 

Instagram

ほぼ毎日更新

 

Twitter

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

c memasite. All rights reserved. 文章や写真の無断転載禁止。

AD

リブログ(1)

  • ”「子猫リレー事業」キトンシッターボランティア&食レポCMメーカー”

    家族の了承を得られず、ましてや自分自身が療養中で体調に波がある現状では動物と暮らすことが出来ません体調が回復し再就職、独り暮らしが出来るようになったとしても、今度は年齢的なことや単身者では保護猫の里親になるのは難しいなど、別の問題が持ち上がってくるようで、私の夢の一犬二猫への道は遠い。。。

    綺羅

    2017-03-19 11:25:49

リブログ一覧を見る