米の粉の奥深さ | ふれあいファーム三ケ村の農村体験記

ふれあいファーム三ケ村の農村体験記

小さな山あいの村からブログを通じて自然をお届けします


テーマ:

米粉は奥が深いと感じた一日でした。

 

新潟県加茂市にある新潟県農業総合研究所 食品研究センターに行き

担当の方に、米粉について丁寧に教えてもらいました。

 

米粉とは単純なものではなく、加工品の種類と同じくらい米粉の種類もあるそうです。

つまりそれぞれの加工品に適する米粉があるんです。

 

米の品種によっては水の吸いやすい、吸いにくいや

米粉の風味を逃がさないような製粉の仕方、製粉機の種類によって粒子の大きさの違いなど。

 

“米粉なんて米の粉でしょ”って思っていた自分が今日一日で考えが変わりました。

とっても奥が深い米粉をもっともっと勉強してなんとか商品化を目指そうと思います!

 

ふれあいファームさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス