クレンジングオイルの界面活性剤



クレンジングオイルに使われている成分で
界面活性剤という物質は、肌に悪いものと
思われがちですが

汚れを落とす為にどうしても必要な成分で
水と油が混ざり易くなるような働きをし

このような働きが、油性の汚れをきれいに
落とすといいう訳です。


水と油で例えられますが、異質物質同士が
接触しあう面、これを界面といいます。



クレンジングオイルは油を落とす力が非常に
強いので

使いすぎると、肌にとって必要な油分までも
落としてしまう場合があります。


因みに石鹸は界面活性剤が含まれてません。


そして界面活性剤の質が悪かったりしますと
湿疹ができたりお肌のトラブルをおこしやすく
なるので

クレンジングオイルを購入する際には十分に
気をつけなければなりません。


洗った後、手肌にぬるぬるした感じが残って
いたとしたらそれは界面活性剤が残っている

という証拠なので、しっかり洗い落とす必要が
あります。



科学的に合成された界面活性剤もありまして
合成界面活性剤といいますが

こちらは肌の表面を壊してしまい肌トラブルを
おこしやすくなります。



この合成界面活性剤は、明らかに肌に対して
悪い影響があるとされていて

しかも肌以外の影響も報告されているのです。


それは、私達の身近な問題で大気汚染などを
おこすという事実がわかっているので

使用する前にクレンジングオイルの表記をよく
確認してくださいね。


けれど、最近は界面活性剤が含まれていない
クレンジングオイルもあるので

肌が弱い人はよく調べてそんなものを選ぶ方が
良いと思いますよ♪


★保湿と洗浄力の両方を追求した
  究極のクレンジングオイル誕生
  ミムラ クレンジングオイル


今回はお読み頂いてどうも有り難うございました!
良ければポチッと応援、宜しくお願い致します <(_ _)>

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村


スキンケアランキング