今から40年程前

 

大人達が楽しめる

路上ハロウィンパーティーが

サンフランシスコで

始まりました

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は

小さなコミュニティーパーティー

だったようですが

年々人が集まるようになり

 

 

 

2000年頃には

数十万人が集う

巨大路上パーティーと

化しました

 

 

 

参加者の増加に伴い

いざこざが起こるようになり

刺傷事件にまでエスカレート

 

 

 

そして

 

2006年

 

発砲事件

負傷者9名

 

 

この年を最後に

サンフランシスコ

路上パーティーは

幕を閉じました

 

 

 

今年

渋谷ハロウィンで起きた

窃盗・暴行容疑

軽トラの横転

 

 

 

サンフランシスコの

二の舞を踏むことのないよう

願うのみです

 

 

 

若者達のエネルギー・怒り発散の場と

化しているようですが

 

社会的圧力に弱い若者が

増えたのか

 

社会的圧力が強過ぎる国なのか・・・

 

 

 

ハロウィンが終わり

ホッとされた方も

多いのでは・・・!?

ニコニコ

 

 

 

ブログランキングに参加しています

ご支援クリックお願いします

 


海外ランキング