自由の女神像

Statue de la Liberté

 

 

 

 

 

アメリカの

自由と民主主義の象徴である

自由の女神像

 

 

 

正式名称

 

世界を照らす自由の女神

Liberty enlightening the world

 

 

アメリカ合衆国独立100周年を

記念して

フランスより寄贈

 

1886年完成

 

高さ 約46m

(台座からたいまつまで)

総重量225t

 

 

 

 

 

実は

自由の女神像

ここ

パリにも存在する

 

 

フランスが

アメリカに寄贈した

女神像の返礼として

パリ在住のアメリカ人たちが

フランス革命100周年を

記念して贈ったもの

(1889年)

 

 

 

高さ 11.5m

重量 14t

 

 

 

 

 

作者は

ニューヨーク州の女神像と

同じく

フレデリク・バルトルディ氏

 

 

 

 

 

 

パリ15区・16区を繋ぐ

セーヌ川・グルネル橋のたもとにある

 

 

 

 

 

 

エッフェル塔

凱旋門

ルーブル美術館など

観光名所の多い中

ひっそりと

佇む

自由の女神像

 

 

 

 

 

僕はずっと

このパリの女神像が

原型で

ニューヨーク州の女神像が

レプリカと

思っていたが

 

実際はその逆であることを

今回の旅で知った

 

 

 

<おまけ>

 

その他の

レプリカ

 

 

フランス国内

 

 

パリ

(リュクサンブール公園内)

コルマール

(バルトルディの故郷)

ボルドー

ポワチエ

サン・テティエンヌ

アングレーム

など

 

 

 

 

アメリカ

 

 

各地博物館等

ラスベガス

(ニューヨークの2分の1サイズ)

 

 

 

 

 

 

日本

 

 

東京

青森県おいらせ町

函館市

福島県郡山市

横浜市

武蔵野市などにも

あるという

 

石巻市の

女神像は

東日本大震災により

一部欠損したそうだ

 

 

形ばかりのコピーに

とどまることなく

本物の

自由・民主主義が

日本に浸透することを

願ってやまない

 

 

明日から一週間

ブログお休みします

 

 

ブログランキングに参加しています

ご支援クリック宜しくお願いします

 


人気ブログランキング

 

AD

リブログ(1)

コメント(6)