708年

大天使ミカエル(サン・ミッシェル)

降臨したと言う

巨大な岩塊・山(モン)

 

 

 

モン・サン・ミッシェル

 

 

 

1300年以上に渡り

この修道院は

フランスを

見守ってきた

 

 

 

 

 

 

10世紀には

ベネディクト会の僧が

住み始め

 

 

 

 

 

 

 

修道院と聖堂は

増築と崩壊を繰り返し

天へ、天へと

伸びていく

 

 

 

 

 

 

 

 

永遠の救いを求め

命をかけて湾を渡る

巡礼者

 

 

満潮時には

驚く速さで潮が満ち

多くの巡礼者たちが

命を落としている

 

 

 

 

 

14世紀

 

百年戦争の

(1337年ー1453年)

突入により

修道院は閉鎖され

城塞に!

 

 

 

 

 

 

干満の差・潮流の速さが

イギリス軍の侵入阻止に

役立ち

戦火を免れる

 

 

 

 

 

16世紀

 

修道院として復活するが

 

 

 

 

18世紀

 

フランス革命時に

修道会は散会

 

 

 

監獄に転用

 

 

 

 

 

 

 

 

1863年

ナポレオン3世の勅命で

監獄は閉鎖され

 

「海のバスティーユ」は

消滅する

 

 

 

 

 

 

1897年

 

修復された

ミカエルの彫像

(尖塔上)

 

 

 

 

 

 

 

1966年

 

修道士たちが戻り

 

 

 

 

 

 

 

1979年

 

ユネスコ世界遺産

登録

 

 

 

砂に浮かぶ修道院のシルエット

 

一瞬にしてその姿は消えた

 

大天使ミカエルと僕の他に

誰が気付いたのだろう・・

 

 

 

 

 

 

 

 

人工堤防のため

湾内に砂が堆積し

「孤島」となることが

稀になった

モン・サン・ミッシェル

 

過去100年間で

2メートルも

砂が堆積されたという

 

 

「島」保存のため

海洋環境復元プロジェクト

設立

 

 

 

大潮時には

水位が13メートルを超え

モン・サン・ミッシェルは

本来の

「島」に戻る

 

 

 

 

 

 
修道士たちの
「祈り」
 
今なお
続いている
 
 
 
 
 
モン・サン・ミッシェル
パート2に
続く
 
 
ブログランキングに参加しています
ご支援クリックどうぞ宜しくお願いいたします
 

                           
                         人気ブログランキング

 
AD

リブログ(1)

コメント(22)