【業界ニュース】、Pスーパー海物語 IN 沖縄5 桜ver.、319ver.は10月18日導入予 | 三栄グループのブログ

三栄グループのブログ

三栄グループは創立以来、60年以上にわたって、地元の方々に気軽に楽しい時間を過ごしていただける、パチンコやスロット店を展開しております。ブログでは、より気軽にお越しいただけるような情報をご紹介しますね。

こんにちは、サンエイグループです。
2020年8月に三洋物産から発表された沖海桜ver.シリーズ最新作「Pスーパー海物語IN 沖縄5 桜ver.」。
満開319ver.は10月18日、早咲き199ver.は11月8日に全国ホール導入開始予定となっています。

 

 

全ての大当たり終了後に必ず70回のSTに突入する「Pスーパー海物語IN 沖縄5 桜ver.」満開319ver.は、大当たり確率約1/319.6、高確率約1/43.9、継続率は約80.3%(残保留4個を含む)というミドルスペックの一台。
電サポは全てST仕様にしたことにより、最後まで期待が持てる継続率が特徴となっています。

また、大当たり確率約1/199.8の早咲き199ver.も全ての大当たり終了後は必ずSTに突入。
ST回数は50回で高確率は約1/37.0。継続率は約75.1%(残保留4個を含む)と199ver.最高峰の継続率となっているため初心者にも遊びやすいライトミドル仕様となっています。

STは2スペックとも共通の専用ゾーンは王道の告知型「千本桜ゾーン」、リーチがかかれば期待大の「桜盃ゾーン」、泡・魚群のゲーム性「海桜ゾーン」の3つから選択可能、ST後半はいつもの海STとなっている。新規演出の「千本桜イントロSPリーチ」、「千本桜(沖縄5桜Ver)」は注目ポイントの一つです。

往年の海シリーズファンはもちろん、ライトミドルの早咲き199ver.はパチンコが初めてという方にも遊びやすい一台になっているのでホールで見かけた際はチャレンジしてみてください!

参照元:遊技日本(https://yugi-nippon.com/pachinko-new-machine/post-45769/