【名機紹介】胸を焦がしたあの一台〜パチスロ 押忍!番長〜 | 三栄グループのブログ

三栄グループのブログ

三栄グループは創立以来、60年以上にわたって、地元の方々に気軽に楽しい時間を過ごしていただける、パチンコやスロット店を展開しております。ブログでは、より気軽にお越しいただけるような情報をご紹介しますね。


テーマ:

こんにちは、サンエイグループです。
 

本日はニューダイエイⅢの伊藤 紘貴による名機紹介。
機種はパチスロ「押忍!番長」です。

 

 

Q.押忍!番長を打つようになったきっかけは?

私がスロットを打てるようになった頃は吉宗、秘宝伝、北斗の拳SEなど4号機の撤去がはじまって5号機へ移行する時期でした。
その時に友人に教えてもらって出会ったのが「押忍!番長」です!

 

Q.初代番長の面白かったポイントを教えてください

まずは何と言っても1G連の告知ですよね。
轟BIG、薫BIG、操BIGとそれぞれに楽しめる演出が盛り込まれていて。
あとは番長という一見怖い存在なのに卓球、バスケットボール、椅子取りゲームなど戦い方がコミカルで、その世界観がとても好きでした(笑)

 

Q.4号機終了間近だと打てる期間も短かったのでは?

そうなんですよ。実際に打てたのは2〜3ヶ月。
勉強をして台の仕様を覚えて楽しくなってきた頃に撤去になってしまったんですよね。
こんな面白い台があったのに「なぜもっと早く産まれて来れなかったんだ!」って後悔しました(笑)
撤去間近に「もっと打ちたい」と思って実機の中古を買ってしまいました!

 

Q.逆に最近の機種ラインナップを見てどう思いますか?

やっぱり楽しさは変わらないですよね。
あとはアニメとのタイアップなど、パチンコ・パチスロを知らない人でも興味を持ちやすい環境になったと思います。
演出も昔より豪華で楽しめるものも多いのでお気に入りの一台を見つけて楽しんでほしいですね(笑)

サンエイグループ 成増の総合アミューズメントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります