今日は3.11

あれから9年もたったね。
あっという間な9年間。

必死に走ってきた9年間。

オイラの会社・店は海からすぐ近く、大きな川のすぐそばにある。

たまたまこのいっかくだけ津波は避けて海水による被害は無かったものの、地震による被害はかなりのものだった。

周りは津波に飲み込まれて、それはそれは散々な状態で生きた心地がしなかった、、

でもこの9年間でかなり立ち直った。

これからは日本は大げさに騒がれ過ぎているコロナウイルス の脅威、経済不況との戦いが待っている。

少なく見積もっても世の中の会社、店はかなり潰れて行くと思う。

コロナと言う名の 経済破綻津波 によって。

観光産業、飲食残業、娯楽産業はもろに打撃を受けるけど、人々の趣味でなりたっている 趣味産業 も少し遅れて大打撃が来るだろう。。

この状況をいかに乗り切るかが経営者としての手腕の見せ所。

ただ経営者1人だけで乗り切れるかと言うとそうでは無い。
スタッフ一同と力をあわせたプレーが必要になって来る。

船で例えるならば社長は船長でスタッフは乗組員だ。

船長の舵取り一つで氷河へぶつかったり、沈没させたり、漂流したり、、。

こんな事を書いているくらいだから、オイラもひと事では無いと感じている。

不況という名の津波はいつ降りかかって来るか分からない。。
未曾有の未知との戦いが待っている。

会社勤めの方々も不安でたまらない日々を過ごしている事でしょう。

これだけ自粛要請、自粛モードがさらに10日も続けば小さい体力しかないお店や会社は4月には締めざる得ない事になるだろう。

が、今は耐えるしかない。
ほかに方法が無いからだ。

耐えてダメなら次にすぐ動ける体力と行動力を頭にイメージさせて置く事が大事だ。

ただ言っておこう。

あの3.11の日。
もろ至近距離で被害を受けた者達は誰もがこの世の終わりだ、、何もかもが終わりだ、、
と言った。

オイラもそう口にした。。連日口にした。

が、見事復活した。

もちろんその影には並々ならぬ努力はあった。

だから、たかがウイルス 如きで終わってたまるか、
終わるものか!

と、オイラは己の魂にこだまさせている。

そんな2020年3月11日の朝でした。


3年前に書いたブログが出てきた。
リブログして見ます。


今日は仕事をしながら、

合掌。



●津波の甚大な被害から立ち直し、
息子とロッドを楽しむ、お客様であり友から送られて来た写真。 ↓ いい写真ではないですか😊


BOSS

太陽は必ず1日一回沈む。

だがしかし、

必ず1日一回また登る。。