4000ユーロのイタリアの食べ物 | ローマの街で。。。

ローマの街で。。。

美しい街ローマ。観光では楽しい街だが、生活すると色々な面でテキト―な事が多いローマ人。
そんなローマ人にイライラすることも多いけど、自分なりに楽しく生活できるように毎日過ごしています。
ローマでの出来事や私なりに思ったことを日記に書いています。

ここのところとても暑くなってきて日中は外に出たくない。
 
だから昨日は食後に散歩に行ってきた。
 
こちらカンポデフィオーリ広場。
 
21:10の空はまだちょっと明るい。
 
 

 


ナヴォーナ広場に着く頃は21:15。

 

 
お店のライトが付いてちょっと薄暗くなってきてとても綺麗な光景。

 

 

 
 
日中の日差しの照り返しでローマの石畳、サンピエトリーニも熱くなっていて21時過ぎでも風通しの悪いストリートではムンムンしていた。
 
で、散歩の速度も遅くなる。。。
 
で、ジェラーテリアでグラニータをいただくことに。
 
老舗ジェラーテリアのGiolittiへ。

 

 

 
 
5月初旬のロックダウンの解除すぐにきて以来だけどその時からレジのところやジェラートのあるショーケースなどはガラスで覆われていて感染予防がされていた。
 
さて、このレジの女性、面白くてエンジニエレが
 
「グラニータ2つ下さい。」ニコ
 
って言ったら
 
「はい、ひとつ4000ユーロですから2つで8000ユーロです。」爆笑
 
本当は一つ4ユーロ。(500円くらい)
 
って日本の八百屋のおじさんギャグをとばしてきた!
 
八百屋のおじさんが300円の品物を
 
「奥さん、300万円ね!」
 
とかいうノリよ。

 

 

 
イタリアにも日本と同じギャグがあるんだとなんだか親近感が湧く。爆笑
 
 
さて、グラニータとはシャーベットのような感じですが、家で作る時は果物などのジュースを凍らせて100%凍る前に取り出してかき混ぜまた冷凍庫へ。
そしてまた完全に凍る前に取り出してかき混ぜてという工程を何度もして作ります。
 
 
ジェラーテリアで売っているようなものは機械で作りますがお店によって美味しさも様々。

 

 

 
Giolittiのグラニータはいろんな種類があってどれも美味しいから大好き!
 

 

 

 
 
昨日は、スイカとピンクグレープフルーツを2種類入れてもらいました。
 
スイカは初めて食べたけど正に甘いスイカを食べているみたい!
 
マジでスイカ味です。
 
ピンクグレープフルーツは何度もいただいていますがこれもピンクグレープフルーツを食べているようです。
 
このグラニータは夏の間しかGiolittiでは見かけないので是非お試しください。

 

 

 
 
ここのジェラートもフルーツのジェラートは甘い果物を食べているのではないかと錯覚するくらい自然のフルーツの味がするんです。
 
だからここに来たらクリーム系のジェラートもいいけど必ずフルーツ系のジェラートを注文することをお勧めいたします。
 
私は夏にしか食べれないピーチのジェラートを夏によく食べます。
これも桃を食べているみたい。
 
そして一年を通してお気に入りのジェラートはラズベリー、ピンクグレープフルーツ、マンゴー、パイナップル、ミックスベリー、ピスタチオです。
 
観光客がいないから夏でもジェラーテリアにはお客が少ないわね。
 
人ゴミがないGiolittiはここ数年珍しいからね。
 
せっかくだからこのチャンスに利用度が高くなるかも。
 
 

 

 

 
 

クリックお願いします。↓