イタリアのレジでの注意事項

テーマ:
今までにイタリアスーパーで何度レジの打ち間違えをされたことか?

セール品と記されているのにレジでは値段が通常価格打たれることがたまにある。

だからそういうセール品を買う際はレジでスキャンする際にちゃんとした値段んで打たれているか確認する。

そうやって確認している時に値段が間違っているとその場で文句を言うようにしているけど、その際に本当にセールになってるのか?とお店の人に値段を確認される事もしばしばある。


一度、私の使っているシャンプーが半額くらいに安くなっていたのでまとめて3ー4つ買った。

するとレジでは普通の値段になっていたので、「これセール品なんだけど。」と言うと「そんなことはない。」と言われた。

おかしいなと思ったけど「それじゃあいらない。」と言ったら「もうスキャンしちゃったからだめ。」と言って買わせる態度。

この時店でお金も支払ってないのよ!

で、頭にきたので他の店員を呼んで、「これセールになってるけど通常価格で打たれるの。確認してもらえますか?」と聞いてその人にシャンプーのある棚に行き値段を確認してもらったらやっぱり私が見た値段だった。

その店員さんがレジのお姉ちゃんにそのことを伝えるとすごく嫌そうな顔をしてシャンプーまたスキャンしてセール値段に変えた。


できるんじゃん!

単にやる気がなかっただけじゃん!

別のお店ではセール品になっていたオリーブオイルを買ったら、定価で請求された。

「これ、棚にはセールって書いてあったよ。」と言って店員とその棚を見に行くと、「あー棚卸した男の子が間違えたんだわ!」って言うの。


そんなの私の知ったこった!!!

貴方たちの間違えでしょう!!!ムキー

で、「定価ならいらない。」って言うと返金はできないけど他の商品を同じ値段分なら取り替えできると言う。

法律上そんなことはない。

単に返金手続きがめんどくさいだけだ!

詳しいことは以前のブログからどうぞ。


先日、セールではなかったけどエンジニエレの大好きなシリアルを買った。

その日は色々買い込んだので荷物が両手でいっぱいになり、普段お店を出る前にレシート のチェックをするんだけどしないまま家に帰ってきた。

日本やアメリカに住んでいた頃はやったことなかった習慣だけどあまりにも間違えが多いのでイタリアにきてからちゃんとレシートを見るようになったんだ。

で家でレシート見ると一箱しか買っていないシリアルが2箱分打たれてる!!!

あーやられた!!!えーん


すぐ戻ってレジのおじさんが私の買ったものを覚えている時に返金を求める方がいいのだろうけど、もう夕食前でこの暑い日にまたスーパーに戻って返金を求めるのは面倒。

次の日戻って返金してくれるかは確信がない。
だってスーパーでは今までの苦い経験があるから。。。

4ユーロ弱を諦めるか?

もう諦める気でいた。


次の日、外出の帰りダメ元でスーパーによって事情を説明した。
でも買ったものを持っているわけではないのでもしかしたら私が嘘を付いている可能性もあるじゃない?
誰にも証明ができない状態だったからどうなるのか?とちょっとドキドキしてた!


で、私はこの際、返金でなく同じシリアルをもう一箱もらえればそれでいいと思ったのでそのことを伝えた。
その方がお店の人もオッケーって言ってくれる確率が高いと思ったから。


たまたま昨日のレジのおじさんと話すことができ、その人が彼の上司に説明した。

するとその上司は私顔を見て、常連であることを確認し、まあ、私が嘘を付いていると感じではないことを確認したのか、シリアルをもう一箱持って行って良いと言ってくれた。



返金でなく商品をもらうってことでも嬉しかった。



当たり前の権利がこの国では通用しないことがあるので、こんな小さなことでも自分の思ったように行くととても幸せに感じる。


イタリアに来てから当たり前ののことが当たり前でなく、この国ではこんな簡単なことがどうしてできない?とイラつくことが多い。

だから自然とできなくて当たり前と言う、期待を低く持つ態度でいるようになった。

すると小さなことでも上手くいくととっても嬉しく感じる。

ちょっと言い過ぎかもしれないけど、人間、考え方によってはどんな状態でも幸せに感じられるのだとこの国に来てから感じるようになったわ!




クリックお願いします。↓

  

 

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村