東京回想・踏切編。

次は、早稲田8号である。

 

【踏切道名】

早稲田8号

 

【所在区】

豊島区

 

【踏切種別】
第1種

 

【横断線数】
2本

 

【踏切幅員(全幅)】
2.9m

 

【踏切長】
6.5m

 

【コメント】

都電荒川線の踏切、次は早稲田8号である。

向原駅のホームから約120mほど南西側にある踏切である。

春日通り方向から朋有小学校方面に抜ける細い間道から南側に向かう道にかかる踏切である。

 

幅は約3m弱。

長さ約7m弱。

 

構造的には、休止中と想定される早稲田7号踏切と同じように構成されている道路と踏切である。

 

今回の都市計画による踏切休止の対象に何故ならなかったか想定してみた。

 

この踏切の南側は、自動車が入れる道であり、沿道にも車庫がある。

踏切北側にも自動車が入っており、車庫が作られ自動車が停められている。

この踏切以外、自動車が通れる道はない。

 

つまり、この踏切を封鎖してしまったら、自動車がこの地域に入れなくなるのである。

 

ゆえに、この踏切、休止対象とならずに残っているのである。

都市計画道路補助81号線が開通したら、「自動車を通わせる」という意味がなくなる。

 

歴史的には、それまで存在し付ける踏切と言えるか。