東京回想・踏切編。

次は、早稲田7号である。

 

【踏切道名】

早稲田7号

 

【所在区】

豊島区

 

【踏切種別】
第1種

 

【横断線数】
2本

 

【踏切幅員(全幅)】
2.7m

 

【踏切長】
6.0m

 

【コメント】

都電荒川線の踏切、次は早稲田7号である。

向原駅のホームから約80mほど南西側にある踏切である。

春日通り方向から朋有小学校方面に抜ける細い間道から南側に向かう道にかかる踏切である。

 

幅は約3m弱。

長さ約6m。

 

さて、この踏切も、現在は存在していない。

踏切リストには記載されているが、実際に存在していな踏切である。

 

なので、古い地図と照合しながら、存在を確認していった。

そのため、正式にこの名称だったのかは、確認は取れず。

全て類推である。

 

ストリートビューを見ると、先ほどの早稲田6号の踏切で確認した2017年の写真には、この7号踏切も写っている。

この位置に用途廃止になり「通行止」と書かれ、柵が立てられながらも踏切の痕跡が残っていたのである。

 

この道は早稲田6号が渡る古道から別れる道である。

それ故に踏切が作られ、2010年前後まで存在していたようである。

 

道路基盤整備等の工事で、線路の位置を移動させた関係で、使用が停められたのだろうか。

詳細は不明である。

 

6号踏切と同様に、法律的に、用途廃止になったのかどうかは不明。

なので、この項では「休止」と記述しておくのである。