陸橋編、次は目黒区にある大丸跨線橋である。

【所在地】

目黒区三田1。


【現陸橋架橋年】
線路横断部分:昭和46年頃か。

追加部分:平成6年。


【形状】
高台にある切通し(鉄道線路)を越える陸橋。

【乗り越えるもの】
JR山手線、山手貨物線。

【コメント】

白金桟道橋から内側を通る山手線は貨物線を乗り越えて外側を通る。

交差する場所の下側にある貨物線の踏切が長者丸踏切。

線路の外側にある自動車教習所が日の丸日の丸教習所でビル壁面につけられた巨大で真っ赤な球が印象的である。

 

線路の交差がほぼ終息したあたりに、大丸跨線橋がある。

 

例によって、資料はほとんどなし。

 

昭和38年の航空写真で確認すると、この場所には、踏切がかけられている。

山手線と貨物線の間は、若干の段差がある。

線路の間にスロープでもつけていたのだろうか、航空写真では判然としない。

 

線路の内側は、昔のエビスビールの工場である。

 

他の人のサイトの記述では、昭和46年に、この跨線橋は完成していると書かれている。

ビール工場がある間は、線路を渡ったところで、階段が付いていた。

 

平成6年に、工場が恵比寿ガーデンプレイスに変わると、敷地内まで陸橋が延長されたようである。