タイプーケットピピ島観光&移動などを本音で解析&アドバイス!早朝出発が難点かも! | 夜の街プーケット日本人オーナーウメちゃんの店サンドバー&コニーバー 

夜の街プーケット日本人オーナーウメちゃんの店サンドバー&コニーバー 

プーケット パトンビーチバングラで日本人オーナーウメちゃんのサンドバー&コニーバーブログ!プーケット夜遊びナイトライフツアーも開催!プーケットタウンのモデルクラブ、日本語話す天使キャバクラ パトンビーチのゴーゴー、ディスコ、バーをウメ自らご案内します。


テーマ:

プーケットピピ島に一人旅で一泊された肉食紳士さんがプーケットパトンビーチに戻られて現在のピピ島の事を色々お話をお聞きしました。ウメもピピ島にはだいぶ前に行ったきりなので大変貴重な情報ですね。

ピピ島は映画の舞台にもなり有名な場所 プーケット=ピピ島のイメージもあるかもしれません。

 

肉食紳士さんにお話しをお聞きしました。

まず第一番に言われたのは、、、

『遠い!ですね!』

地図で見てもわかりますがピピ島はプーケット空港とパトンビーチの距離と比較しても2倍近く

かなりの距離がありますね。これを船で移動するので結構大変です。どちらかと言うクラビやラタン島の方が近いです

しかもパトンビーチから港のある反対側のプーケットタウンを超えて港まで1時間以上車で移動もしなけれななりません。

車で港まで車で往復2時間以上、スピートボートでも往復2時間近く、港で船に乗り換える時間、帰りに港に車にのリア帰る時間を入れれば移動だけでも4時間以上かかることになります。

今回の肉食紳士さんは意気は普通のフェリーで言かけれたので行きは船に2時間近く乗っていたと言われてました。

ツアーで行かれる場合朝はホテルにお迎えが7時くらい、、ホテルに帰ってくるのは5時半~と言われてますが現在ハイシーズンで道路や港も混んでいて夜7時くらいになる事も普通にあるようです。

 

今回の肉食紳士さん1泊されたので夜の話もききました。

『夜はビーチで若者が深夜まで大騒ぎしていて全然寝れませんでした。』

ピピ島は上陸する場所により色々なホテルがあります。

プライベートビーチもあるホテルもあります。

 

桟橋があるビーチなどは簡単な町になっていて小さいピピ島に大勢の人が宿泊するのでビーチなどからホテルやゲストハウスが近い場所もあるので夜ビーチで飲んで大騒ぎの若者で眠れなかったようです。

注:パトンビーチと違いゴーゴーなんかはないのですよ!笑い

 

総合的にウメが考えると

宿泊するなら、、

カップルや家族でゆっくり2泊~で行くのがピピ島はいいと思います。

できれば宿泊は静かなホテルで、、(でもハイシーズンはパトンビーチよりかなり高いようです)

日帰りで行かれる方は、、、

早朝から夕方遅くまで時間がかかることと帰りの予定の時間に帰ってこれないのが多い事。船での移動、ピピ島観光はほとんど野外での一日になるので体力的にも疲れると思います。体力や時間に余裕をもって出かけましょう。

 

注:現在ピピ島閉鎖とか言われてますが上陸禁止になっているのはデカプリオの映画『ザ ビーチ』の舞台になった

ピピレイノマイヤ湾(マイヤビーチ)のみですのでピピ島ツアーは実地されています。

 

ウメは離島ツアーなどをアドバイスする時、半日の近場のツアーをお勧めしてます。特に夜遊びする方は朝早くからのピピ島ツアーはつらいですからね。笑い

 

プーケットの夜遊びだけじゃなく、観光や離島ツアーなども本音でアドバイスしますよ!

お気軽の質問してくださいね。

 

『ウメちゃんの夜遊びツアー参加の皆さんと天使たち写真集』

ウメちゃんのプーケット夜遊びツアーブログ

本格プーケット夜遊び情報満載!是非見てください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

『ウメちゃんの夜遊び プライベートツアー開催中』
ナイトライフツアーお申込み&内容を詳しく見るここ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

注*ウメはその日の都合により、何時にサンドバーに行けるかわかりません。ナイトライフツアーご希望の方は旅行前にお問い合わせください。

googleマップでホテルからサンドバー&コニーバー道順を検索ここクリック!

 

シードラゴン通りのサンドバー周りを写真で見るここクリック!


バングラロード~シードラゴン通り~サンドバーまでの道順を写真と動画で見るここクリック!

『ウメちゃんのプーケットホテル ジョイナーフィー無料情報』

『ウメちゃんのバンコクホテル ジョイナフィー無料情報

 

ウメちゃん頑張れワンクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ プーケット情報へ

 

 

 

プーケット夜遊びツアー開催&日本人オーナーウメ『サンドバー&二号店コニーバー』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス