元ハウスメーカー支店長の住宅・不動産あれやこれや日記!

住宅購入で迷い悩んでいる皆さまのヒントにつながるかも?
元ハウスメーカー支店長としての経験から、住宅・不動産・建築・リノベーションに関連する日々の出来事、ニュースを日記のように綴っています。
何かのヒント?になれば幸いです。


テーマ:
良質な住宅ストックが増え続け、その逆に家を必要としている人は減っている。空家が増え続けるのは必然だ。

どーも、広島の住宅購入サポート 三笑塾 田中です。

大手ハウスメーカーは軒並み海外へ進出。小さな工務店はそんなことなどできない。今後は中小零細工務店が業界で生き残る道は、メンテナンスサポートしかあり得ない。こんな話をよく聞く。

これまではというとクレームを持って帰らないこと。そのための家づくりが主流だった。

☑無垢材は反るからおすすめしません!

☑漆喰は割れますよ!


こんな感じでクレームになりにくい素材で新築住宅を建てる。大手も、中小零細も、もっといえば建売も、マンションも、そこに大きな違いはない。だから大手の安心、大手の保証が選ばれただけだとも感じる。

加えて言うならば、
建てた後にお金のかからない家!?

はっきりいおう!お金はかかるよ!!

ボロボロになっても洋服を気続けるのなんて嫌でしょ。風雨にさらされた外壁や屋根は塗り替えが必要だよ。そのまま放置しておけば劣化が進みより多くのお金がかかる。考え方だけど、その周期は短いほうが気持ちよく暮らせるともいえないかい。

無垢材は反る!それば修繕すればいい。壁が割れれば塗りなおせばいい。保証で解決できないから(お金が必要だから)偽物の素材で暮らす。ちょっと貧乏くさくないかい。それなら賃貸住宅で古くなれば新しいとこに引っ越した方がよくないかい。

そんなこと言っても、どうせ20年程度で住み替えるわけだ。そんなお金使えないよという割り切った人には大きなお世話の話だ。

だが、多くの注文住宅を建築する人は、保証や安全などハードに関することに興味がある。一方でお金や素材のこだわりまである。終の住処だという。

なのに、その選択は住宅業界側が用意した

☑お金のかからない家がいい家
☑メンテナンス性の良い家がいい家
☑定期点検の時だけ訪問すればいい家
☑なるべく連絡もらわないようにできる家がいい家


こんな偽物的な、メンテナンスフリーに多くのお金を支払っている。

何処の業界に、職人が手作りした商品よりも工場生産の量販品の方が高い商品がある?


そんな可笑しなことを
普通に考えれるようになってほしいものです。

住宅購入には絶対に学びが必要です。
優先順位を自らの考えで選別できることが必要なんです。

そのサポートが僕のお仕事ね(^.^)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
ホームインスペクション専用ホームページはこちら
http://jyu-sindan.net/
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日は、

 

わが故郷の物語。

こんなに面白い、こころたかぶる物語を社会科で習っていたら、僕はもしかして違った人生だったんじゃないかと真面目に思ったりする。

松陰先生の志を、
多くの志士たちが受け継ぐわけだ。

会社も同じなんだろうな。

「志」

社員が、ひとつになる。
決してぶれない「志」

僕はいつも思う。
それが、売上、利益などの数字であってはならないと。

特に、住宅という

特殊な器であるならなおさらだ。

建築を依頼するなら
そんな会社にお願いしたい。

では?
そんな会社とはどういう会社かというと、

僕の観てきた限りの主観でいえば、会社規模も大きくテレビCMしている会社かといえば決してそうじゃないんだよね。

まさに「志」のごとく、
一貫して信じる家創りを追求している会社。

安易に流行を追いかけるんじゃない。

お客さんの予算にあわせて「家」が変化するような会社じゃない。

そんな会社だと思うんだ。

志はそのまま作品に現れる!

そんな会社を見つけてね(^.^)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の注文住宅相談はこちらへ 
Tel:082-299-5033 Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はプランを書いた。もう一度敷地を確認した。


どーも、広島の住宅購入サポート 三笑塾 田中です。


当たり前だけど、敷地にプランをあてはめたからより周辺環境が鮮明に見えた。もう少し、駐車スペース広げなきゃシンドイなとか、お隣のあの窓超邪魔とか、この要望犠牲にしてここに中庭造りたいなとか、色々なことに気付く。


まー僕の設計力なんてこんなものだ。でも、こんなものだからプラン前とプラン後に現地を確認する。その結果、多くの気付きと多くの提案と過去に見た建物の画像が浮かび上がってくる。


僕には、設計力もねければデザインセンスもない。(一応2級建築士です。あくまでも尊敬する設計者と比べてだよ。ちなみに僕がするのはその物件が価値があるかどうかの初期段階のプランニングだけ。僕の段階ならお金がかからない)だから、その不動産の価値を高めるための周辺調査はしっかりとする。プラン前とプラン後に見落としてないか確認する。僕にとっての最善を尽くす。


でも、僕以上に、設計力もない、デザイン力もない。それに加えて経験もない。もっといえば努力もしない(ここでは現地も調査しない)。そんな人たちがプランした家にお金を支払えるだろうか。


僕は厭だ。
多分、誰もが嫌だ。


でも、知らずが仏。そんな人がプランした家にお金を支払っている。


みんなもっと現地を見ましょうね!

そのプランを具体的に想像できるまでながめましょうね。



これを読む前に広島で家を買ってはいけません!「失敗しない家づくりの秘訣」メール講座はこちら


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

不動産・お住いに関するご相談はこちらから

ホームページはこちらから

Tel:082-501-5033

Mail:info@sancty.jp

ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

TV半沢直樹、

視聴率45%を超えたんだってね。


特に理不尽な上司のもとで働いているサラリーマンには痛快だっただろうね。


僕自身のサラリーマン時代を顧みると、結構ガンガン本社無視でやってたけど、天敵というか頭の上がらない部長に釘をさされて意気消沈ってこともあって、根性ねえな~と自分自身が嫌になってた時期もあったよ。


そんなこんなで、

自分を半沢直樹に重ね合わせてみていると面白かった~。


でも、組織ってしょうがないというのか、


大きくなればなるほど官僚的になってしまって、


性質的な情報よりも


量的な情報を求めてしまうんだよな。


その結果、全ては数字になっちゃって


会議資料の数字を求めて現場が動かされる。


どうでもいい話なんだけど、

それが現実なんだよな。


例えば、住宅展示場で繰り広げられる接客だってそう。


見学する前から入り口でアンケートを書かされる。


質問項目に、見学もしてないのに、

「モデルルームで良かったところ」なんて項目があったりしてね。


来場されたお客様からのアンケート集客率が悪かったなんてことになったら、接客が悪いんじゃないか、どういう接客をしているんだってなるの。だから、入店してすぐアンケート書いてもらおうって超単純な発想。


そんな馬鹿げた話、単純に見学いただいた数字を少なくすりゃ良いじゃんと考えるでしょ(アホらしから改ざん)、でもね、そこは官僚的といか歴史も古く、展示場の総来場数からの入店率があまりにも悪いのはどういうことだ!ってなって。そりゃ、揚げ足とれば何でもありで、庭の手入れがいきとどいてないとか掲示物の工夫がないとか・・・・


その先も続くよ、でも、これ次にとっておこう!


まーそんなことんなで
本質の家づくりの仕事の

前の前で汗かかなきゃならないなんてことをしているの。


銀行にも理不尽がいっぱいなように

ハウスメーカーには理不尽はいっぱいあるのさ。


でも、同じお付き合いするなら

こんなショウモナイ組織のジレンマのない


風通しのいい会社にお願いしたいものだよね。



これを読む前に広島で家を買ってはいけません!「失敗しない家づくりの秘訣」メール講座はこちら



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

不動産・お住いに関するご相談はこちらから

ホームページはこちらから

Tel:082-501-5033

Mail:info@sancty.jp

ブログをご覧になった方は相談料無料です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイッタ(^.^)

メール障害が発生している。

最近、訳のわからにウィルスに攻撃されたりちょっと変だぞ。

こんなことする人、どんどん捕まえてほしいな。


でも、住む場所や国の気まりの中で縛られている警察や正義は、気まりのない自由にルールをつくれる悪には勝てないって記憶がある。


それが本当なら冗談じゃないね~。

絶対に正義が勝つ、仕組みやルールや秘密やサービスがなきゃだよなって思うんだ。

情報操作なんかも正義が悪に対してできることでその逆なんて許せない。


情報操作と言えなくても、圧倒的な資金力情報力で自分の都合のよいよう情報を流すなんてことも似たようなものかもしれないなんて思ったりもする。


中国や韓国の反日なんかも教育という情報操作なんだろうし。


公共的な情報や生活に密着した知識なんかは、しっかりと基礎を義務教育で教えるべきだな!

前置きが長くなりました。

本日伝えたかったのは、


家は決して工場では出来上がらないってこと。

工場見学しても、現場でどうやって家が建ちあがっているかを見学しなきゃ無意味だ。

工場で部品を製造しても

現場では職人さんが基礎をうち、
その上で部品を組み立てていく。

匠の技というものは工場にはない。


大工さんも、水道屋さんも、クロス屋さんも、屋根やさんも・・・・


すべて現場で作業するんだ。

そんな大切なことを忘れちゃ駄目ですよ(^.^)


『住まう』『暮らす』サポート 三笑塾 塾長







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨開け3連休の中日、消費税アップ、金利上昇局面により住宅展示場は活況との報道ですが、僕の知人に聞く限りそれほどでもという声が多いのも事実。


単なる煽りか?僕の周りがおいてけぼりにされているだけか?


さて、さて、日経アーキテクチュア(2013 7-10)の中の特集でこんな記事がありました。(以下抜粋)


「前年の2倍の受注を目指せ」。ゴールデンウィークが迫った4月下旬、ある大手住宅会社でこんな号令が飛んだ。

販売員らは顔をしかめたものの、直ぐに取り越し苦労だったことに気づく。連休が始まると、都内にある住宅展示場のモデルハウスに1日平均で100組以上が来訪。希望の間取りや予算、連絡先などをアンケート用紙に書き込んでいった。


最終的な契約まで至る確率は通常、アンケート回答者の1割ほど。それでもたった1日で10件以上の受注を獲得計算だ。・・・・・(まだまだ続くが本題には関係ないためここまで)


実は、この記事だけで、数日分のブログがかけるのですが、今日思いついたのは赤字の部分について書きたいから。だから、そん他の部分はまた改めて。。。

たぶん間違いなく、どの住宅メーカーにも基準というものはある。


その基準には、アンケート回収率というものもある。アンケートも回収できないスタッフを展示場に立たす理由は無いとなるのだ。


ここで理不尽な話がおこる。


もちろんデーター化されるからお店ごとに集計される。

結果、来場の瞬間アンケートの記入を依頼される。(組織の論理だよ)

世間一般でいえば、こんなお店何処にあるって話だけど、当たり前のようになっているから展示場では何故か許されるんだな。


もっといえば、そのアンケートにはこの展示場で気にいったところはなどと馬鹿げた質問さえ用意されている。観てないし~!


その基準というのは、そんなに企業によって変わることは無いだろうが、僕が目指せと支持されていたのは、総来場者様からの受注は5%だ。でも、この5%が実現できていたスタッフなど殆どいない。


僕的には、ハウスメーカの展示場で10%という契約率は考えられない数字だ。(なかにはいるけど平均的に!)


なんか、ここまで来て、こんな話どうでもいいってことに気づいた汗

どう、おさめよう汗



20人に1人も受注できないほどなのに、あれだけ高価なパンフや資料やお土産を用意しているってどれだけ儲かっているのにつなげようか


それとも、そんなことまでしなきゃならない組織が、本当にお客さんのことなんか考えているのかな~につなげようか


それとも、それとも、こんなところでも見栄を張りたい大手住宅会社の幹部の資質につなげようか


きりがないな~


今日のところは、なんとなく住宅メーカーというもの。


そんなものを感じとれる記事になったかなということで、


お終いお願い


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

不動産・お住いに関するご相談はこちらから

ホームページはこちらから

Tel:082-501-5033

Mail:info@sancty.jp

ブログをご覧になった方は相談料無料です。☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リフォームにしろ新築にしろ、


きっちりとした、設計、管理、施工のうえに完成される。

それに、営業が加わり、企画や開発が加わることで

住宅会社としての、特色を示しているんだと思うんです。


そう考えたとき、よくある

ハウスメーカーの特徴やメリット・デメリット

工務店、設計事務所の特徴やメリット・デメリット


例えば、ハウスメーカー

check*実績が多く安心

check*品質管理が徹底され、商品のバラツキが少ない


どのレベルの工務店と比べてなのか?理解に苦しむ表現です。

住宅など実績が多ければ安心といわれる商品ではありません。

品質管理が徹底されているのは工業製品を多用しているからです。


例えば、工務店

check*地域密着、気候風土に適した家

check*家族ぐるみ的なアフターをしてくれる


今時、気候風土に適した家を立ててくれる業者がどれだけあるのでしょう。

家族ぐるみ的アフターといっても、欠陥住宅でもないかぎり早々ありゃしません。


例えば設計事務所

check*デザイン性に優れた個性的な家

check*要望への対応力が高い


デザイン性に優れても使いにくい雨漏りのする家などごめんです。

要望への対応力が高いということは提案力が弱いともいえます。


ま~、好き勝手な意見ですが

ようするに、ハウスメーカーや工務店、設計事務所といったて

それぞれの特色、特徴、技術力、は様々。


ひとくくりになんか出来やしません!


でもね、一つ一つを突き詰めていくと

良い会社って絞られていくもんなんですよ。

(世にあるあらゆる商品も同じですよね)


始めての経験で不安な状況では

どうしても消去法になってしまいます。


そうなると、こんな比較法では

ハウスメーカーに軍配が上がるんじゃないかって思ってしまう僕がいる。




続いて読んでほしいな

まやかしの安心。本当の安心。

絶対に避けてほしい最悪なケース

住宅の契約として最悪パターン




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

不動産・お住いに関するご相談はこちらから
住宅購入支援 三笑塾 塾長

Tel:082-501-5033

Mail:info@sancty.jp

ブログをご覧になっていた方は相談料無料です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月も中旬にくると思い出すのが
3月末の決算をどうのりこえるかという事

目標達成は
どんな職業の営業でも同じだろうけど
高価な住宅は1棟に対する重みは絶大です。

特に、最近は、月1棟売る営業など超優秀社員のみ

だからこそ、年度末を締めくくる為の
1棟が重要になってくる。

契約については
2月の成績+締めくくる3月の見通し

契約だけでは無い
年間の着工数・売り上数。

契約高・利益額。

個人、営業所、支店

それぞれが、高い目標に向け努力しているわけだ。

注意してほしいのは、
その努力がお客様の方向では無いことが多々あるという事。

例えば、最近でも
ある超大手ハウスメーカーのどこぞの支部で
着工後、間が無い建物を売り上げとしていたことが新聞を飾った。

完成し、お金をいただき、引き渡したから売り上げ。

完成していないものを
どうしたら売り上げとすることができるのかということ。

だから、新聞で取り上げられるわけだけど

ようは、そんなことをしてでも
会社の目標をクリアーしなければならない。

そんな文化があったりする。
そんなプレシャーがあったりする。

ということ。

そんな文化、プレシャーがある会社の営業マンは
当然、そのプレシャーに耐えなければならない。

そうなると、お客様が望まないスケジュールで営業してくる。
そして、そんな営業を支援するために
キャンペーンという『にんじん』が用意されるわけだ。

ま、百歩譲って、契約ならまだ被害は少ない。
(少ないだけで、被害という事実に変わりない。)

これが、引渡しとなると

突貫工事。

完成させないと、売り上げにならない。
引き渡さないと、売り上げにならない。

目標をクリアーできなければ
赤字になる営業所、支店であれば

なおさらです。

個人レベルの話が、
支店レベルとなると

もう、とんでもない。

もし、こんな状態で現場が進んだら
いい仕事などできるはずはありません。

契約だって、
甘い餌ばかりにココロ奪われているだけで
本当に大切なことなどどこかに置き忘れている。

こんな会社と契約しようとしている人は考え直すべきです。

なんてったて、お客様よりも自分の立場。

まだまだ、こんな会社多いですよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は時間が無い
今頭にひらめいた事をそのまま

注文住宅の醍醐味は何といっても

自由設計。

でも、その自由設計の醍醐味を
充分堪能できている人がどれだけいるだろうか

私の独自の判断は

【変更しようにも変更出来ない状態まで考えられた間取りか?】ということ

広く無駄な予算を無視したプランニングで
どれだけ、かっこよく、希望どうりのプランが出来ても
そんなもの絵にかいたもちにしかすぎない

将棋の升田幸三名人の言葉を借りるなら

【プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。
またそうでなきゃ通用しない。
だから苦しいが喜びも計り知れない。】

こういうことだろう。

自分たちの生活を詰め込む住まいという容器

たかだか絵の段階だけど
その絵に自分たちの描いた生活が収まっているのかは大切。

高いお金を支払って建てる住まい。

どうせなら、そんなところまで極めたいもの
それには、アマチュアではダメ
プロにじゃなきゃ。

プランの段階で感動する。

大切なキーワードだと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに、自らのブログを読み返してみた。


どんなきっかけでブログを書と思ったのかを振り返ってみた。


結構こころざし高い??


下下


皆様こんにちは。人生初ブログです。
このブログを通して、家造りや不動産探しについてメッセージや所見をつづっていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

では、どんな事?
バブル経済を違った業界で過ごしてきた私は、建築業界にお世話になるのはバブル経済後でした。不動産業界はバブルで大変な痛手を負ったのは言うまでもなく歴史が語ってくています。しかし、戸建(特に注文住宅)業界は、経済再生のため低金利政策や税制上の各種恩恵、地価下落などによりむしろバブル時よりも持家、分譲住宅の着工戸数は大幅に増えたのです。

国土交通『住宅着工統計』
http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/hakusho/h20/data/html/js008040.html


私はバブル崩壊後、業界主導の生き残りが出来ていれば行政の主導を待つより早く、住宅の質、体質改善が可能だったと思っています。しかし、実際はそうはならなかった。経済政策の中で本来淘汰されるべき起業が淘汰されず残ってしまった。

ようは、守られた業界の悲しさでしょうね。当時まだ20代の私でも感じる事が出来る、変な世界がそこにはありました。(姉歯建築士の耐震偽装事件など良い事例ではないでしょうか?)

ここ数年、工務店から大手ハウスメーカまで長期優良住宅や長期保証システム、住宅性能表示による他社比較など、行政主導の下、やっと日本の住宅の情報がオープン化されストック重視へ変化する時がきたのだと思うのです。

しかし、本格的な淘汰は始まったばかりです。
買ったあと後悔しても良い商品もあれば決して許されることが出来ない商品もあります。もちろん不動産は後者ですね。
危惧するのは、こんな変革期には販売の前面に立つ現場や、支店、営業所が大きな変化についていけず営業マン教育の徹底不足。売上至上主義によるコンプライアンスの不足など消費者保護の観点から逆行するケースを考えなくてはならないと思うのです。

本当の意味で自らが不動産を選択する。

そんなヒントが提供できれるようがんばります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。



以上、コンナ感じが2009年7月30日の思いでした。



明日、明後日出張。


ブログお休み。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。