元ハウスメーカー支店長の住宅・不動産あれやこれや日記!

住宅購入で迷い悩んでいる皆さまのヒントにつながるかも?
元ハウスメーカー支店長としての経験から、住宅・不動産・建築・リノベーションに関連する日々の出来事、ニュースを日記のように綴っています。
何かのヒント?になれば幸いです。


テーマ:
どーも、広島の住宅購入 サポート 三笑塾 田中です。

民泊、営業日数は先送り!
実施までの課題が浮かび上がる。

民泊ってさぁ。
空き家対策に加え、
増える旅行客への対策なんでしょ。

みなさん、ご自宅のお隣が、
民泊に利用されたらどうですか?

一軒家ならまだしも
マンションンならどうでしょう。

週刊誌記事でも見かけるけど
仕掛ける側と一般消費者では
民泊に対する考えは違うだろうなと感じるわけです。

個人的には絶対嫌です!
民泊反対です!

保育園が近くにできることを反対するこの国で(これはこれでどうなんだと思いますけどね)、民泊が根付くとしたら様々なトラブルと同居するという事ではないでしょうか。

空き家対策は大変ですが
皆で、地域で、知恵を絞ってなんとかする方法を考えたいと思うわけです。

旅行者の宿が足らないのなら、ホテルや旅館業者さんが設備投資するでしょうに。

余っている部屋があるんだから、
個人が単純に貸せばいいじゃんとは違うような気がします。

路上で無許可で商売できませんでしょ。民泊がゆるされるならこれどうなんって感じます。

空き家といっても周辺には、人々の暮らしがあるわけです。所有の形態は違うと言っても、路上と同じくそこは公の場でしょ。ルールも曖昧で管理も曖昧な民泊によって暮らしが損なわれる事だけは防いで欲しいと思う今日この頃です。

ここからも、もっと妄想的に思う事なんですけどね。

普段は都会でお日様も風も感じず
タダタダ利便性を享受したい人達が

週末の快適性を求めて、
別荘をもってもいいじゃないかと思うわけです!

築30年も経過した
中古のマンションなら安いもんですよ。

別に賃貸でもイイし。

空き家が増えているという事は
人口が減少して需要がないという事でしょ。

利用価値がなく売れない貸せないということ。
短期間でもいいから民泊でかせれば
確かに負動産が不動産として価値が見出せます。

だけど、そこは公の場!
なんでもありではない!!

一家に電話は一台の時代じゃない。

同様に、誰もが、別荘を持てる時代と考えれば

ワザワザ、
風紀の乱れる可能性大の
民泊など利用せずとも、
空き家対策につながるのでは?

民泊を規制緩和というのだろうか?
海外で当たり前のことが全て正しいのだろうか?

需要があるならビジネスになる。
ホテル業界、旅館業界の反発は当たり前のような気がするわけです。

以上、日曜日のひとり言です。

批判があっても無視します。
予めご承知置き下さい(^v^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どーも、広島の住宅購入サポート 三笑塾 田中です。

今日のブログは僕のレポートにお付き合い。
調べ物ついでにブログに書き留めようということで書き始めます。

では、早速

 

平成25年住宅・土地統計調査によると

広島県の持ち家率は
総数1,166,700戸に対して持家は729,800戸

62.5%

そのうち、新耐震といわれる昭和56年以降の持家は
437,100戸

59.8%

で!ここからが問題!
問題といっても可笑しいでしょ!という問題定義。

不動産流通において、
築25年もすれば建物価値は無い。

もっといえば、解体費用は差し引いてよね!

これが、日本の不動産流通の現状

平成25年の調査だから、
そのままこのデータをさかのぼる、

うち134,200戸の家はタダという事!(437100戸のうち昭和56年~平成2年のストック数)
新耐震で充分地震に耐えれる家だったとしてもタダという事!

1000万円かけてリフォームしようとしても
10年後田舎暮らししたいと考えていれば
どうせ売る時は評価されないんだから
あと10年このままで住もうよ~!

分からないないでもない。
というより、僕でもそうする。

こんなだから

日本の家は古い=居心地が悪いという事なんだ。

しかも、広島は、中区や南区や東区の一部を除いて、山を削り郊外へ街並みを拡げて行った。多くのストックされた住宅に今なお多くの方の暮らしがある。

購入するにはタダで買えることはメリットかもしれない!

だが、それはそのまま自らの暮らしがチェンジする時も土地を除いた家については無価値という事になる。

賃貸住宅であればリノベーションされて素敵な空間が出来上がれば家賃は確実に高まる。

なのに、売買となると、タダという事は無いにせよ、雀の涙ばかり。

そのため、そんなにお金かけてリフォームしない。「ここをでるときは売る時さ!」となり、先の様な、時間が過ぎることを待つ暮らしが続く。

豊かさを軸とすれば、
これも大きな損失だ。


1000万円かけてリフォームしようが、こんな状況であれば新しいがいい!新しければ如何に無秩序に住むためだけ。ロケーションなど無視されていようとも予算内に企画されていればそれでいい!

立地×価格=持家!

ファーストフードと同じくくりで
夢のマイホームという図式が成り立つ。

暮らしの豊かさとは

絶対に
立地×価格×空間だ!


立地とは駅近だけじゃない。
周辺環境でありお庭から見える借景であり、いろいろだ!

価格とは安いだけじゃない
価値ある価格というものはある
25年でタダでいい家と、新築よりも価値ある築25年の家はあるのだ

空間とは『家であり暮らしだ!』
日当りであり、設備機器やインテリア
好きなものに囲まれて暮らしたいでしょ。


そのためには
中古住宅が消費者目線で
安心安全に購入できる指標が必要だ!


そのために、何をするか!

インスペクションもその一つ!
だが、その一つでしかない。

そんな訳で、このブログであり頭の整理であり
今週末までに仕上げなきゃのレポートなのだ!

お付き合いありがとう!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どーも、広島の住宅購入サポート三笑塾 田中です。

僕は、この業界に入る前はアパレル業界にいました。

洋服選びに、色合わせや素材やスタイルがあるように、建物にも外観やインテリアイメージがあり似ているところはあるな~と思ったものです。

洋服屋さんに勤めている頃から考えると30年が経過しました。

自分の足が短いこと、お尻が大きいこと。どんなにお店の店員さんが上手を言おうが、自分が一番知っています。年齢を重ね若い頃の好きな色が着てはならない色であり、既に似合わない色だという事も理解しています。どんな時に、このスーツが必要であり、このニットはどのジャケットのインナーに合うのかもイメージして購入します。

洋服選びは、ライフスタイルに合わせ着替えることができます。経験も積み重ねることもできます。年齢を重ねるごとに洗練されたという言葉がピッタリ当てはまる方がいらしゃるのはそのためだと思います。そういう方にお会いするたびに、この人のように素敵な年齢を積み重ねたいナ~と思います。

ここからが一番伝えたい事。

ですが、そんな素敵な方には、必ず、専任の洋服屋さんであり店員さんがアドバイスされています。時には、「もうこれ以上太ると、うちの服きれませんよ!」としかられます。

なぜなら、お客さまも店員も
プロだからです!

経験を積み重ねているからこそ
本物を理解できるわけです!

残念ながら住宅は経験を積み重ねることはできません。

着れれば何でもいい!
見た目そんな変らんし!
普段着なんてこんなものでしい!

賃貸ならこれでいいでしょう。

だけど、皆さんの決意同様
生涯で最も大きな買い物です。

絶対に失敗したくない買い物が住宅です。

なせ、皆さんが感じるままの
素人さんから購入しようとするのでしょうか?

住宅は、性能値や設備も大切です。
保障をはじめとした安全性も大切でしょう。

ですが、一番大切なのは

自分らしい家!
自分の考えを整理し形にしてくれる

プロでしょ!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
本日の日本経済新聞一面

中古住宅取引 透明に

 

「不動産取引 透明に」と読み替えた方がいい。

中古住宅の流通を促さなきゃ、増え続ける空き家対策にはならない。そのためには情報開示が不可欠と判断した。

この情報開示には、囲い込みといわれる情報のシャットアウトを厳しく処分しなければならないだろう。

こんな感じの記事。

僕らのようなコンサルティングをしている人間にとっては、常にこの問題はサポートを進めるうえでの障害だった。抜け道がないといえば嘘になるが一歩二歩前進かな。

ただし、空き家対策という意味では、いまよりもゆとりある敷地の中古住宅。地価の高いところでは、その敷地を半分に割って新築住宅を建てれば、中古住宅の価格も新築住宅の価格も変わらない。

築25年建物評価タダの住宅+敷地50坪
土地価格坪単価50万円とすれば2500万円
これにリフォーム費用500万円オンすると

総額3000万円

一方で、半分の敷地25坪

同地域土地価格坪単価50万円×25坪=1250万円
建物30坪×50万円=1500万円

総額=2750万円


※地価が坪50万円以上になるとこんな図式だね

中古は古いし、保証の問題あるし。。。。

中古が売れない理由は、
なにも流通の仕組みだけじゃない。

敷地狭いけど、最新の設備で気持ちいい~。
敷地狭くても、樹木うえるの面倒だし。日当たるでしょ。

不安をうち消す新築神話なんてのは簡単なセールストークでOKだ。

だけど、住生活を快適に過ごすことは新築にすむということだけではないんだ。

僕の記憶によると10年ひと昔前の住宅金融公庫の時代は融資対象は敷地が100㎡以上というのがあった。100㎡に満たない敷地に融資はしなかったはずだ。それは、単純に豊かな暮らしを営むには敷地は100㎡は最低必要でしょって意味だよね。

もちろん、こんなことをブログで綴っている僕はそう思う!

隣地とのプライバシーにはある程度の距離は必要だ。だから、隣地境界線より1m未満の場所に他人の宅地をのぞく窓や縁側を設けるときは、目隠しをつけなければならないと民法で規定されています。

もっといえば家を建てる場合、境界線より50cm以上の距離を保つように規定されています。これは、建築工事の中止も可能です。勝手に工事を進められたら取り除くことを請求できるし、損害賠償も請求できるわけです。

100㎡以下の敷地でこのゆとりあるでしょうか?

これ以上の空き家を増やさないために新築住宅の総量規制をするのが無理なら、せめてフラット35だけでも、国民の豊かな生活のため、住教育をしてこなかった国の責任において、原点に返るべきではと思うのでした。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
ホームインスペクション専用ホームページはこちら
http://jyu-sindan.net/
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大型店が集客に苦労しているとのことだ。

イコールそれはロードサイド店ということだろう。そういえば街中回帰みたいナ記事も見かけたもんね。車社会から歩きや公共交通を使用した暮らしに変化しているしだ。

消費行動において利便性でいえばネットによる買物には勝てない。消費も原点回帰というのかウィンドウショッピングによるネットで発見できない新しいものを見つける小旅行のようなものを求めているような気がする。

そこにしかないもの!
新しい発見が大切な時代なんだ。

 
きっと暮らしも同じ!

この場所で!この価格!みたいな。
ギリギリまで空間を犠牲にし低価格にしたペンシル住宅。

駅近!眺望!投資!
効率だけを重視して高く伸ばした超高層マンション。



そこにしかないもの!新しい発見は!
暮らしとは別の消費財としての箱だ。

きっとこの価値観も変化するはず!
いまの常識は未来の常識とは限らない。

ましてや、暮らしの常識から外れた消費財では、変化した時代に選ばれるはずはない。選び続けられてきたものは常に本物として求められるものだ。

暮らすための住宅だ。

忘れてはならない
暮らしの原理原則!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
ホームインスペクション専用ホームページはこちら
http://jyu-sindan.net/
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どーも、広島の住宅購入サポート 三笑塾 田中です。

夏季休暇も終わり、
今日からお仕事という方も多いはず。

そんな日に広島は雨
ただでさえ身体がなまっているのに
渋滞に巻き込まれてウンザリという方も多いのでは。。。

特に広島は平地が少なく
郊外に広がった住宅地からの通勤。

父親は遅くまで仕事し
母親はパートと自動車で買物

誰もいない家にカギっ子と呼ばれる子供たちが帰宅する。

郊外に広がる団地
そんな時代の社会現象です。

社会問題解決の先が
学習塾だったとか?

その時代の反省か
より便利な場所に住む

都心回帰が随分前から進み
団地は空き家が増えなんとかしなきゃです。

夢のマイホームの先が
コミュニティーの崩壊というのは悲しすぎる。

その先はもっと悲惨なわけで
富のはずの不動産が
引き取り手のない空家の数々。

狭い日本に
溢れる空き家。

隣が売りにでれば購入すれば
畑仕事にテントを建てて庭をリゾート計画。

マイホームが夢なんて信じないが
現実の暮らしを
楽しく生きがいにつなげることはできる。

都心に暮らしても
週末リゾートを郊外で過ごす。

夏季休暇を田舎で過ごした今なら感じることができる。

マイホームが夢というのは終わった。

暮らしを楽しく!

求められているのは
そのための価値だ!

価値ある暮らし!

そのためにどんな住宅を選ぶかだ!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
ホームインスペクション専用ホームページはこちら
http://jyu-sindan.net/
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大手ハウスメーカーと呼ばれる企業は
プレハブ住宅をつくっている会社だ。

そのルーツはというと
余っている敷地に勉強部屋を!

これが始まり。

だけど
暮らし方は変わる。

今や子供部屋なんてあたりまえ。

むしろ、子供たちが出ていった先は
広すぎる家を持てあまし
住み替えや減築というご要望の方が多い。

仮に子供夫婦が戻ってきたとしても
余った土地なんて無いから
古い建物を壊して上階にのばして建替える。

世帯数が減っているのに
2世帯ハウスに始まり
シェアーハウスに超高層マンション

空き家が増えるわけだよね。

今や社会問題とされている空き家。
なんとかしなければならない。

でも、暮らすを現実的にとらえれば
通勤時間に2時間もかけてというのは
ちょっと・・・・だね。

では空き家問題はなるようにしかならないのかというと、

日常の暮らしは程良い広さが心地いいが
非日常であれば広すぎても問題ない!

基地的感覚で家を利用すればどうだ!

休日だけの住処として
空き家を利用する!

車で2時間走れば
広島の不動産は
嘘みたいに安い。

日常は都心に住み

休日は

郊外で自由に遊ぶ

新しい暮らし方

空家の基地化プロジェクト!


面白くないかな???

妄想を継続してみよう!(^^)!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
ホームインスペクション専用ホームページはこちら
http://jyu-sindan.net/
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どーも、広島の住宅購入サポート 三笑塾 田中です。

建築業界では、
職人さん不足に危機感でいっぱいです。

壁がクロスに代わって
左官の仕事なんか殆どないといわれ
どれくらいの時間が経過したでしょうか。

大工さんの仕事も
雑に言ってしまえば
工場で生産された材料を
現場で組み上げること。

図面には現れない
現場合わせや納め方において
大工さんの経験と熱さが表現されるが
そんなことろを観てくれる施主も数少なく

現実でいい仕事とは
拘りある大工さんの心意気のようなもの。

ついでにいえば工賃に反映することは少ない。

腕が良いから!

より、

工期を守り、
マナーを守り、
監督のいうことを聞いてくれる

そんな職人さんの方が
使い勝手も良いのです。

職人気質という言葉があるが
この気質とはすでに昔の話。

なのでよく見れば
素人でも雑な仕事というのはわかるもの。

コーナーあわせの隙間だったり
窓枠、ドア枠の取り付けにいたるまで。

考えてみれば
イケアやニトリの家具だって
工場でプレカットされた材料を自分で組み立てるわけです。

自分で組み立てれなければ
工賃を払って専門の方が組み立ててくれるわけです。

買った後のプチリフォームにメンテなんかは自分ですればいい。

職人不足とは真逆の発想だけど

こんな感じで
DIYがもっと普及すれば
大工さんの選別がはじまり

本当に良い仕事をする業者の選別も始まる。

お金や効率じゃない
本当に良い仕事に目が向き

尊敬される職人文化が維持される。

美しさや仕事の本質に目が向き
良いもの価値あるものを尊敬し

尊敬される職人文化が生きる。

効率だけではない
職人仕事が守られる

身の丈の暮らしといいつつも
お金に変わる価値は知ったうえで

お金等しい価値からの判断。

僕が信じる
損をしない住宅購入の一つだよ。




ちなみにアメリカではもともとプロの職人ってのが日本のレベルとは違って低くい。それなら自分でやっちゃえ~ってのDIYの原点のようなものなんだってさ。

家そのものがイケアやニトリ的な感じね。

DIYの趣味が高じて週末起業のようなものまであって、自分でできないことはそんな趣味が高じた人にお願いする仕組みというかサイトが実際にあるの。http://www.sidejobtrader.com/


日本もサイト上で
大工さんのプロフィール欲しいよな~。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
ホームインスペクション専用ホームページはこちら
http://jyu-sindan.net/
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
人口、最大の27万人減
東京集中、高齢化が加速

真実の数字

一方の真実

路線価、大都市圏で回復加速
全国平均は0.4%下落、下落幅は前年より縮まった。

だけどこの真実は
以下の将来予測につながる

空き家、33年に2千万戸へ 
野村総研・富士通総研 住宅総数の3割に

 

詳しくはこちら
http://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000025815

危機感を覚えなきゃならない。

何もしなければ、
この予測は大きくは外れないのだろう。

だけどポジティブに考えれば
隣が空き家なら
購入すれば広い空間利用ができる!

一方で空き家に対する悲観的な話は

草は伸び放題
ゴミが投棄され
などなど

スラム化への一歩だなんて話。

先日もテレビ欄の内容にひかれ視聴した
賃貸が得か購入が得かなんて番組。

その対立した両者が共通した意見が
郊外を買った人はハズレクジを引いたみたいな話。

アホかと思ったね!

この先人口が減れば一人が使える空間は増える。
多くのストックがあるのだから、
その空間を豊かさへ変えれば良いだろうっという発想にはならんのかな。

真実はニュースでしるわけだ。

討論番組ならしっかりとした解決策まで議論しろよ!

と思うんだ。。。

だけどね。

最近街歩きをしていて思うんだ!

天気がよく風のとおる気持ちのいい日に、
窓を開けカーテンを開け
お庭の風やお日様を家の中に取り入れている家って

ある共通したものがあるんだよ。

それはね。

上手な空間利用計画。

配置計画だったり

間取りだったり

街路なんだよね。

僕の言うところの
不動産の小学校3年生の企画では
この豊かさには絶対にたどりつけないよね。

もちろん、庶民の暮らしを真剣に考えたこともない
商売上手な評論家や大学教授じゃ
空き家の問題や豊かな暮らしへの改善は無理なんだよね。

地域の暮らしは地域で守るしかない!

プロと呼ばれる人も色々だよ!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
Tel:082-299-5033 
Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイホームを購入するには

①生活に便利な立地と居心地の良い環境を見つけ

②財布に優しい価格かどうかをチェックする

③それでいて、快適な暮らしを実現できるかどうかを確かめる。

誰もがこのプロセスにより購入している。

これをバランスよく買ってるかというとどうだろう?

どうして、あんなの売れるの!?ってのは、ほんと多いんだよね!

その一つ

①生活な立地と居心地の良い環境なんてのは皆が求めるわけだ。あたりまえだけど地価も高い。

財布に優しい価格ではないのだ。財布に優しい価格にするには、居心地の良い環境が犠牲になる。高い地価を安くおさえるために小さく割ってしまうしかない。

 

150坪の土地を↑↑のように割ってしまえば
1区画当たり約25坪になる。(EとFは旗地となり、すこし大きくなり、その他が25坪より小さくなるのが普通だろうが)

周辺の平均地価が坪単価60万円とすれば
単純計算で60万×25坪=1500万円

この大きさで、一般家庭を想定した建物を建築するには、かなりの確率で3階建てになる。
建物価格坪50万円として×30坪=1500万円

総額3000万円の新築住宅が数字の上では完成だ。(Dが一番高く、Eが安くなるのはいう前もないが)

人気がある地区である限り
広島市でいえば余程のへんてこな家じゃない限り売れる。間違いない。

だが、ほんとうにこれでいいのか?

家とは、生活とは、暮らしとは、

容器が便利な場所にあって安ければいいのか!

絶対に違う!


マイホームは価格×立地だけじゃない。

こんなこと、僕がブログで書くまでもなく、みんな分かってる。

 

だけど、お隣さんとの境界は民法でいう50cmを割るのは当たり前、屋根の庇なんかだしちゃうと重なり合うからパラペットで立ち上げて…スタイリッシュなデザインなんていってるけど雨のことなんか全く考えてない外壁や水切り。

マイホームは一生に一回の買物なんていうけど、

小学校3年生の算数レベルの企画で出来上がっているマイホームでいいわけ?

戦後雨風をしのぐためだけに多くの家が建てられた。小さい敷地に多くの家が建った。だけど、そんな住宅、今はもうほんと残ってないよね。

戦後、何年建ってるのって言われそうだけど、

いいたいのはここからで、

ある程度の敷地の広さと環境を所有している人はその場所に建替えているんだよ。

豊かに暮らすためには、
空間さえあればいいってのじゃないんだよ。

住むことの意味ってのか、
住むことの目的を果たせるだけの空間をつくるってのかな。

敷地が狭くてもいい場合もある
敷地が広ければいいってもんじゃないだろうよ。

だけど、絶対的な話は
小学3年生レベルの算数で企画された物じゃない。

そんなものに数千万円投資するなんて!

短い人生の一時を過ごすなんて!

今日もやはり思う

マイホームを購入するにあたっては

皆もっとわがままになるべきだ!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広島の住宅購入相談はこちらへ 
Tel:082-299-5033 Mail:info@sancty.jp
ブログをご覧になった方の初回相談料無料です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。