独自の思考と一つの結論 | 元ハウスメーカー支店長の住宅・不動産あれやこれや日記!

元ハウスメーカー支店長の住宅・不動産あれやこれや日記!

住宅購入で迷い悩んでいる皆さまのヒントにつながるかも?
元ハウスメーカー支店長としての経験から、住宅・不動産・建築・リノベーションに関連する日々の出来事、ニュースを日記のように綴っています。
何かのヒント?になれば幸いです。


テーマ:

何気なく感じたことを残しておきたい。その程度のブログです。意味もないのかもしれません。僕の想いのようなものです。くどいですけが、私たちのサービス利用をご検討していただける方には参考になるかもしれない程度のブログです。

 

僕は記憶にある限り国語の勉強をしたことがありません。この作者は何を言いたいかなど正解があるとは思えなかったという理由です。先生は何を言っているんだろう。その程度でした。なので漢字や熟語を覚える事さえも放棄していました。小学生の頃から成績は5段階評価の2が定位置です。(笑)

 

国語の授業じゃないけれど、僕という人間は自分が信じることしかできない人なんだと思います。「約束を守る」「卑怯なことはしない」「正々堂々と戦う」「筋道を通す」発想が高倉健さんの任侠映画のようですね。(笑)

 

ハウスメーカー時代も同じです。僕なりに信じる道を筋を通して仕事してきたと思ってはいますが。。。。入社して間もない頃です。会社に意見すると、幹部から「調子に乗るな、君が売れるのは会社の力があってのことだ、展示場にいらしたお客様は全て会社の看板があってのことだ。」そんなお叱りを受けました。

 

単純な僕は意見をするためには会社の力を利用して売っては駄目なんだと考え、それ以降4年間くらい、(それ以降は管理者としての仕事がメイン)紹介と飛び込みと没名簿だけで数字をつくりました。(正直言うとお盆とお正月だけは忙しくその時いらしていただいたお客様)

 

そんな環境が国語の授業同様に人生における勉強をさせていただいたということでしょう。なので入社して広島支店を開設するまでの間、営業的な学びは全て外部の方々ばかり。OB様や職人さん、不動産屋さんです。

 

ここで独自の思考が生まれました。

 

結論として言いたいのは、平均点では我慢ならない人が、平均点を取りにいっている企業に家づくりを依頼しても発想のもとが違うわけです。

 

似た家とは

全く違う家です。!

 

好きなイメージがあれば

徹底的に好きな家づくりをしている

企業や建築家に依頼しましょう!

 

ちょっと安いから!

いい人だから!

 

この結末は失敗です!!

広島の不動産FPコンサルタントさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス