クリームシチューは聖母のあたたかさ | sanctuary home

sanctuary home

心があたたかくなるように暮らすこと。
それが、すべての幸せの根源です。
~聖母意識と暮らす心あたたかな毎日~
ラ・ソフィア 姫乃宮亜美マネージャー林崎由美子の公式ブログ

キラキラキラキラ   キラキラキラキラ   キラキラキラキラキラキラキラキラ   キラキラキラキラ   キラキラキラキラキラキラキラキラ   キラキラキラキラ   キラキラキラキラキラキラキラキラ  キラキラキラキラ   キラキラキラキラ


このブログを初めて訪れてくださった方は、どうぞこちらをごらんください。



キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ  キラキラキラキラ   キラキラキラキラ   キラキラキラキラ





この季節になるとあたたかいものが食べたくなりますね。


テレビのCMなどでも、秋の入口からお鍋やクリームシチューなどの、あたたかいごはんのCMがはじまっていますね。



先日、我が家でも、クリームシチューをつくりました。





普通にクリームシチューに見えますが、お大根が入っています(笑)


「え~~シチューに大根?!」

「いくらお大根さま好きでも、シチューに大根は~~・・・?!」


…というお声も聞こえてきそうですが(笑)、シチューもカレーも、とろとろになるまで煮込んだお大根が入っていると、とてもおいしいんですよ☆


そして、スペシャルなことに、この日のシチューには、葛も入っているんです。


お大根、にんじん、玉ねぎ、しめじ、これらのお野菜をオリーブオイルで炒めてから、野菜スープで煮込みます。

いつも洋風なスープ類をつくるときは、お野菜だけでできたブイヨンを使ってつくっています。

お野菜ブイヨンはいろいろありますが、使うことが多いのはオーサワさんのブイヨンです。
(オーサワさんのブイヨンはこちら)


お野菜がやわらかくなったら(特にお大根がやわらかくなったら)、じゃがいもとブロッコリーを入れて煮込み、お野菜すべてがやわらかくなったら、豆乳を入れます。
そこに、こしょうも少々~

そして、豆乳があたたまる少し前に、お水で溶いた葛粉を入れて、ゆっくりゆっくりかき混ぜながらあたためると、聖母のやさしさそのもののような、やさしいお味のクリームシチューが出来上がります。




豆乳は急激にあたためると分離しやすいので、ゆっくりゆっくりあたためて、なおかつあたたまる前から水溶き葛粉を入れてかき混ぜながらあたためると、分離しないでとろ~んとしたなめらかなクリームシチューになります。


さらっとしているのに、コクがある、なめらかでやさしいお味のクリームシチューなんですよ。

私はこのさらっとした感じのクリームシチューが好きです。

葛が入っているので、からだがあたたまりますよ。


葛プラス豆乳で、女性性もアップします!


クリームシチューって、白くて、あたたかくて、いろいろなお野菜を包み込んでくれて…聖母色満載だな~って思います。


そんな聖母色満載の葛入りクリームシチュー、皆さまのおうちでもいかがですか?