ハイヤーセルフ | sanctuary home

sanctuary home

心があたたかくなるように暮らすこと。
それが、すべての幸せの根源です。
~聖母意識と暮らす心あたたかな毎日~
ラ・ソフィア 姫乃宮亜美マネージャー林崎由美子の公式ブログ

キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ  キラキラキラキラ   キラキラキラキラ   キラキラキラキラ


このブログを初めて訪れてくださった方は、どうぞこちらをごらんください。



キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ    キラキラキラキラ  キラキラキラキラ   キラキラキラキラ   キラキラキラキラ




今日も、新しい日のはじまり。
皆さま、いかがお過ごしですか?


私は昨日から名古屋を
訪れていました。


昨日は名古屋にて初めての
グレースファウンテントーク会アクエリアン・ステージが開かれました。

お越しくださった皆さま、
ご一緒にあたたかいお時間を
お過ごしくださり、
ありがとうございました。


昨日は今回の名古屋での
イベントをお手伝いしてくださった
スタッフの皆様と、
いろいろなお話を
させていただきましたが、

お話する中で、
ハイヤーセルフについての
お話も出てきていました。


この、ハイヤーセルフ。


今ここからの時代を
未来へと歩んでいくときに
とても大切なことと思っています。




亜美先生
このお仕事をはじめた頃に、
私たちによく
こんなお話をしていました。




『 目に見えないエネルギーというのは、
本当はどなたにでも
感じることができますし、
また霊能力は、大小の違いや
使うべき場所・目的の違いはあっても、
それは誰もの中に存在する力であり、
決して特別なものではないのですよ 』





私たちは宇宙の大きな源から
生まれてきた存在です。



それは
神様というご存在を
大きなキャンドルの炎に例えるならば、

その大きなキャンドルから
私たちは、それぞれの『魂』という
小さなキャンドルに

その神様の炎、明かりをいただいて
生まれてきているのですね。



私たち一人ひとりの命に
灯っている優しい明かり。

神様と同じ音色を奏でる
あたたかい明かり。


それを
ハイヤーセルフ(大いなる自己)
といいます。


私たちという存在について、
亜美先生はトークの中でも
そんな風にお話しします。



亜美先生の世界では
このハイヤーセルフを、


『心のあたたかいところ』

『心の真ん中』


というように表現をしています。





この
心のあたたかいところで
生きるとき、


私たちは、
自分自身に必要なことが
わかりますし、

また逆に
足りないものもわかります。



『愛する』ということの
本当の意味もわかりますし、


たとえ悩んでいたとしても
どちらに進めばよいのかが
自然とわかるように
なっています。



また、
誰もが生まれる前に
決めてきた

自分自身の生きる目的、

この世界で
何をなそうと思って
生まれてきたかということも
いのちの奥では、
よくよくわかっていて、

そのために必要なすべてを
引き寄せ、
またその方向に自分を
導いていく力も、

誰もが皆持っているのですね。




そんな心のあたたかいところ。



亜美先生はよくトーク会で
この心のあたたかいところについて
お話しする時に、
こんな風にお話ししています。




皆さんは人を愛した時に

心があたたかくなるところが

ありますね。


それは手でふれられないのに

あたたかいと感じます。


不思議ですね。



その
心のあたたかくなるところ。



心の中のあたたかい場所を


『霊性』といいます。


これがハイヤーセルフです。


私たちは皆、

同じ源から

生まれてきました。


神様の優しい一滴を

いただいて

生まれてきたのですね。





私たちは皆、

そんな優しい明かりを

もって生まれてきたのです。




この優しい明かりを日常に
活かしていくとしたら

皆さんは
どんな風に活かしていきますか?



お家で毎日家事をされている
ご家庭の女神さまでしたら、

ご主人様が、
お子さんたちが、
家へと帰って来た時に、

(あ…今日は何だか元気がないな?
会社で、学校で
何かあったかな……?

じゃあ、今日は
元気が出るように
とびきりおいしいご飯を作ろう!)



こんな優しい明かりを
灯せますね。




また、
お勤め先で。


女性ならではの優しい手で、
おいしいお茶をお入れする。

「どうぞ、一息ついてくださいね」

そんな優しさでお入れしたお茶は
人を元気づけ、勇気づけてくれる

あたたかい一服の
こころのお薬になります。


そんな明かりも 灯せますね。



また、
ご家庭の大黒柱さまでしたら、

なにがあっても守っているよ、という
太陽のようなあたたかく、力強い
ご存在の力で、
家族の皆さまをお守りしてくださり、
家族が道に迷ったときでも、
守り、導いてくださる
ご家庭の灯台の明かりを
灯すこともできますね。





一つひとつの家庭に
職場に、
様々な場所に
優しい明かりが灯る時、

宇宙からこの地球をみた時に
そんな優しい明かりが
たくさん灯っていたなら

この地球は
あたたかく優しい星として
存在していることでしょう。



今日も
この地球という星が
そんな優しくあたたかい
星でありますように。