コロナ下における山の情報収集手段 | がんちゃんの雪山賛歌
新型コロナウイルスに関する情報について

がんちゃんの雪山賛歌

石川の山スキーヤーがんちゃんが登山、山スキーを中心とした日常生活や山への想いをつづります。
ヤマレコもやってます。(HN:Sanchan33)

今シーズンの登山を取り巻く状況は日々刻刻と変わるので情報収集するだけでもかなり大変だ。

 
具体的には次ような影響が出ている。
  • コロナの影響で山小屋の営業が休止や延期に追い込まれている。
  • 北アルプス南部では群発地震により入山自粛が求められている。
  • 梅雨の大雨により登山道やアプローチの林道が通行止めとなっている。
いや、それだけではない。忘れ去られたかもしれないが昨年10月に襲来した「令和元年東日本台風」の爪痕もまだ色濃く残っている。

 

 

このような状態で山に行こうとしても登れる状態なのかわからないし、そもそも登山口まで辿り着けるのかすら怪しい状況だ。
 
山小屋のサイトをひとつひとつ訪れて情報収集すればある程度の情報は入手できるだろうがそれなりに手間がかかる。
 
山小屋の営業情報はもちろん、自治体が出しているお知らせや林道の状況などの関連情報も一覧化してくれているので非常に便利だ。
もちろん、この情報だけに頼るのは危ないので最終的には山小屋や各自治体のサイト等で最新状況を確認する必要があるが、幅広に行き先を選定する際の参考情報としてはかなり有用だと思う。
 
今後しばらくはこのサイトを確認しながら山の行先を決めるという行動パターンになりそうな気がする。