「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」キルギス首都のビシュケクでまた「反中暴動」が発生 | 護国夢想日記

護国夢想日記

 日々夢みたいな日記を書きます。残念なのは大日本帝国が滅亡した後、後裔である日本国が未だに2等国に甘んじていることでそれを恥じない面々がメデアを賑わしていることです。日本人のDNAがない人達によって権力が握られていることが悔しいことです。


テーマ:

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月19日(土曜日)
        通巻第5959号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 キルギス首都のビシュケクでまた「反中暴動」が発生
  チャイナマネーの経済侵略を許すな、キルギスは植民地ではない
************************


 1月18日、中央アジアの小国キルギスの首都ビシュケクで数百人が抗議集会とデモ、口々に「チャイナマネーの経済侵略を許すな」、「キルギスは植民地ではない」と叫んだ。

 

 

すぐに暴徒化して警官隊と衝突したため多数の負傷者がでた。

 

 

デモ指導者数名が拘束された。

 キルギスは独立後、旧ソ連の軛が解けたものの経済的苦境に変わりはなく、ロシア人が去ったあとに、チャイナマネーが入り込んで、町でも中国人労働者が目立つようになった。

 

 

 失業が最大の問題であり、若者達は主としてロシアへ出稼ぎに行く

 

 

景勝地イシクル湖はソ連時代の保養地でもあったが、近年湖畔のリゾートホテルは中国人ツアーであふれ出し、爆買いに爆食、その傍若無人の振る舞いに立腹するキルギス人が多くなった。

 日本は技術協力、ODAなどでJICAを中心に百名近くが滞在しているが、中国人と間違えられないように「日の丸」ワッペンをつけて歩くという。

 

 

市内には日本料理店も存在している。

 キルギスはイスラム教を奉じる敬虔な牧畜の民、ウズベキスタン、トルクメニスタン、カザフスタンと並んでトルコ系民族であり、首都ビシュケクは砂漠のオアシスとして開けた美しい町である。

 

 

ムスリムは当然だが宗教弾圧をくわえる中国共産党に反感を抱いている

 

 

となりのカザフスタンからウズベキスタンにかけては、シリア内戦に加わっていたウィグル系のIS体験者らが潜入しているため、中国は「上海協力機構」の参加を呼びかけテロ対策を強化してきた

 2010年にはバキエフ大統領退陣を求める大規模な集会とデモが続き、一時期は無政府状態となった。

 

 

デモ隊は暴徒化し、中国人経営の商店などを放火した。

 

 

このとき、中国は四機のチャーター機を飛ばして在留中国人五百名を退避させた。

 2016年8月にはビシュケクの中国大使館にイスラム過激派が車ごと突っ込んで自爆テロ、炎が高く上がった。

 

 

日頃から中国人が恨まれていた事実を物語る。

 アフガニスタン戦争中、ビシュケクのマナス飛行場には兵站基地として米軍が借用し、海兵隊など二千名が駐屯した。

 

 

筆者は、その取材のため、ビシュケクを訪れたことがある。

 

 

 「おとなしい羊のようだ」と地元の人はキルギス人を自虐したが、ときに怒りを爆発させることがあるのだ。

      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  

 

sancarlosさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス