いよいよ、朝5時
北オホーツク100キロマラソン
スタート〜〜〜アップ

友達はバニーちゃんで出走!!
お天気も最高〜☀️
これ以上晴れませんように〜爆笑
と願うばかり。

北オホーツクは制限時間が14時間なので、ペースはゆっくりにして、後半バテない事が完走のポイント👆🏻
私は1キロを6分45秒〜7分でペース設定しました。

スタートしてすぐは、周りのランナーのペースが速いので、それにつられがちショボーン
そこをグゥッと堪えて、自分のペースを守る事が大事なのよね〜

エサヌカ直線道路に入った〜アップ爆笑
って思ったら、違いました(笑)

見渡す限り何も無いので間違ってしまいました。
それにしても空がきれいで、地球🌏の丸さを感じる空でした。

これが本当のエサヌカ直線道路。
約8キロ続きます。
前回は暴風雨警報の中だったので、雨が幻想的な景色を作りだき、まるで天国への道のようでした。
今年は風邪が強し🤧
走っても走っても進まない、文字通り時空が止まった感じでした。
30キロ過ぎからは山の中⛰へ

アップダウンが激しいですがこの牧歌的な風景がなんとも魅力的です。
でも、写真をみての通り、日差しを遮る所があまりなく暑いです。
脱水と熱中症に、ならないように塩と水分をしっかり補給しました。

それでも、前半の最後は吐きけが少し出てきました。

中間のエイドに入り。
OS1 を飲み、コーラ、そして楽しみにしていたうどんを、吐きけはあるけど、しっかり食べるようにしました。
このうどんの出汁が美味しかったし、身体にききましたー爆笑
ちょっと元気になり、後半出発!!

54キロくらいに浜頓別魚組のエイド😊
知り合い達がボランティアをしているエイドでパワーを頂きました。
60キロ関門とエイド😊
優しい係の方が写真を撮ってくれました😃

ここからはまた山の中へ入っていき、アップダウンが激しくなります😃
少し斜度がある登りは無理をせず歩く、後は1キロ7分で走る💨

ここまで走れている事が凄い事!
そう、思って自分褒め💕💕💕
慌てずに歌でも歌いながら、気楽に走る〜
景色も楽しむ〜
に意識をおきました😃

フルマラソンの距離を過ぎると、足も身体も辛くなるし、自分の無意識のなかで走らなくて良い事を探し始めるんですよね。
痛い所にも敏感になるし、胸の気持ち悪さにも敏感に。
リタイアする方向に無意識で持っていくんですよね〜
なので、
自分褒めをして、今が楽しい〜💕

という、状況を作り出すのです。
そうすると、脳が勘違いして身体の辛さも半減するんです。
そして、出来るだけテンポが良く、楽しい歌を歌って気分を高める。
今回も聖子ちゃんの初期のころの歌、め組の人、TRFとかを歌って、気持ちを紛らわしました。
さらに、ランナー同士がすれ違うコースでは、
「ファイト〜!、頑張りましよー」
と、声をかけ会う。
これって、人に言ってる事だけど、自分にも言ってるの!
そして、声を出すの事で気持ちが軽くなるんですよ。

100キロを走り切るには、一番に気持ちが大事なので、いかに自分のエネルギーを高くするか?なんですよウインク

プラス、町のかたの応援も力をくれました。
自分の家の軒先で旗を振って応援してくれるお婆さん。
各エイドでは、ゼッケンと名簿を照らし合わせながら、名前を呼んで、頑張って!と言ってくれる。
街の人口より、牛の数の方が多いのでは?って思うような田舎ですが、本当に気持ちがあったかく楽しかった〜音譜

警備もしっかりしてくれて、救護の循環もくまなくしてくれます。
その救護担当でバイクに乗りながらランナーを見守っている消防士さんが、なかなかのイケメンでした💕

残りの8キロ、国道に出てからは登りが多くなり、苦しいくなりますが、もうゴールへのカウントダウン、ひたすらゴールだけを目指して、足を止めないようにする。


ゴ〜〜ル \( ˆoˆ )/

12時間39分11秒
で無事に完走😃

女子の部
完走者31人の中の15位でした😃✨
嬉しい〜✨

そして、この後は後夜祭🍺骨
無料で美味しいお料理や飲み物が振舞われます。

本当にあったかくて、ほのぼのしていて、おもてなしが行き届いた素敵な😃大会でした。
出場するかたの4割は道外からの参加なんですが、道外からでも参加したい!!っていうのが分かる😃
本当に良い大会だと思いました。

是非に長く続けて欲しい大会の一つです。

さぁ これからの私は
夏のウルトラ2連戦が終わったので、今度は北海道マラソンにむけ、ちょっとスピードも意識した調整ができるように頑張りたいと思います。