走る事

テーマ:
私子供の頃、走るの大嫌いだった(笑)
小学の運動会ではいつもビリ(笑)
私がゴールしたときはみんなお弁当を広げてた
(笑)

中、高も部活はバレーボールをしていたが、アップで走る位しかしてなかった(笑)
みんなに「走らないキャップ」って言われてた(笑)

そんな私が何故に100キロをチャレンジするランナーのなったか本当!不思議🎵
走り初めたのは2005年、ジムに通っていたが、なかなか痩せず、トレーナーに「走れ!」って言われたのがきっかけだった。
最初は1キロもはしれなかったなぁ~😄

けどね どうしても痩せたかったし、その時の自分を変えたかった。

その頃の私は・・・
恋も仕事も全てにおいて葛藤していた
負け組って言葉も流行っていて、私は負け組から卒業したかった❗
学歴もない、お金もない、
美容部員してたころもエステの時代も上司には 理不尽に罵倒され、走ってくる地下鉄に吸い込まれそうになったときもあったっけ。
だから、身を隠すようにホステスになっていた☺
いつも浴びるほどお酒をのんで、「悔しい、悔しい」って言っていたっけ(笑)

そんな私にも夢があった。
美容部員してるころからの変わらぬ夢
「その方の素材を生かして美しくしたい」

だから、自分のサロンを持とう❗と。

そのために今の自分に負けたく無くて、懸命に走ってた。
とにかく決めた事を貫き通す、自分の強さが欲しかった。
 初めて10キロのレースに出た時、走りきった自分が本当に嬉しかった。
自分って、凄い!!偉い!!って本気で
思った。
だって1キロも走れなかったのに、10キロも走れるようになったんだよ~😄
私ってやるじゃん🎵
私が一番認めて欲しかったのは 自分自身!!
自分の事をダメダメ言ってたから、走っている最中の美しい気色も見逃していたんだね✨

今は 美しい気色も楽しさも感じながら、走れるようになった🎵

何かを本気で欲しいと思う時、自分を信頼して貫き通す🎵っ大事なんだね✨

私は私だけが放つナチュラルな美を追及してゆく。
今、それを決めた!!

AD

コメント(2)