• 26 Apr
    • モニペ第6週!

      こんにちは!第6週は4月26日(月)~5月2日(日)。この期間のあなたの状況を報告しよう!アーティストデートの内容とか、気持ちの変化、感想、質問、不安、なんでも書いていこう。---なんかコメントすごい多い~☆ずーっと読ませていただき、伝えたいと思ったことをつらつらと書いてみるっす!まず、ブログの主宰者として(えっへん)、このブログのスタンスのようなことをお伝えいたします。以下、長いです・・・■私は2005年12月からモニペをはじめ、2006年7月に、あるきっかけがあり(セミナーでは話しましたし、多分本にも書きます)、自分の100%純粋にやりたいことを見つけることができました。それって何か、聞きたいですか・・・?・・・って、その内容がここの本題だから今から書くつもりなんですけど。(笑)それは、昼から入れて、お酒のない、安くて健全なお水の全国チェーンを作る。でした。人は人でしか癒されないこともある、上質なホスピタリティで元気になってもらいたい、いつでもどんな人でも暖かく迎える場所を作りたい、からです。低料金・全国チェーンなのは、日本中のなるべく多くの人に気軽に楽しんで、癒されて、心の充電をしてほしいから。あ、もちろん最初は1店舗からですけどね。心をつき動かす一番強い動機は、過去の自分自身のような人にそういう場所を作ってあげたい思いです。私は20代半ばまで、24時間ずっと心が苦しくて、いっぱいいっぱいで、生きることがつらくて仕方がなく、いつもとてもさびしかった。どうしても話を聞いてほしい、自分をわかってほしいときに、週に何回も親友に電話をして、何時間も話し相手になってもらっていたのですが、その一方的な関係が申し訳なく、自分もなんとなくみじめで、それなのにほかにどうしようもなく、いつもいつも話を聞いてもらっていました。そんなとき、そういうお店があったら、友達への負担を分散させられるし、友達とは違う刺激だし、お金を払っているので、申し訳なさも感じずにすみ、プロが誠心誠意対応してくれるので、「いつでもあそこに行けば大丈夫」というお守りのような存在になるかもしれない。そしてこの計画は、カウンセリングじゃだめなんです。部屋に1対1じゃなくて、しっかりと心を掘り下げていくとかじゃなくて、雑談とかバカ話とかして、ワイワイ過ごす場所がいいの。気晴らしができるの。その中で、相談や愚痴もしたいときにはいつでもできる安心感もずっとある。なにを話してもいい。喜怒哀楽、どんなモードでもいい。指名もできて、話したい人と話せる。ほかのスタッフとも友達のように仲がいい。お店全体が、自分の居場所になるんです。こういうところは、夜のお店のよいところを活かしたくて。いつも両手を広げて、当時の私のような人を迎えられる場所を作りたい!と心から願うのです。このやりたいことを見つけてから、実現させるために必要なことを勉強しはじめました。お店の形態、立地、客単価、などをいろいろ練ってみました。また、物件の相場、従業員へのお給料、広告、光熱費など、トータルでまず資金がいくら必要か、資金はどこでどうやって借りるのか、集めるのか、会社にしたほうがいいのか、株式会社か、有限会社か、さらに、開業するのに必要な許可はなにか、などを調べたり、会計の勉強も少ししました。また、オーナーとして、メンタル面でどんな要素が必要なのか、人を引っ張ったり、モチベーションを保ってもらうためにどうしたらいいのか、などにも意識を向けました。いろいろ調べて考えているうちに、「お金が目当てとか、『金、金!』とかじゃなく、収益を上げなければ、この事業自体が続けられないんだ・・・!とりあえず毎月回せなきゃ終わるんだ。なるほど、お金は会社の血液なんだわ・・・!」ということにも芯から気づきましたね。「続けるために黒字になること自体が目的でもあるんだ」と。しかし・・・お客さんは男性女性どっちにするか、男性には女性、女性には男性、にするか、女性にでも女性もありか、などは明確にはなりませんでした。あんまり色恋ガッツリにもしたくなくてね。色恋もない、酒もない、それで接客だけを提供というのがむずかしく、カフェとかマッサージ屋とか美容師とかネイルとか、ちがう口実があって、そこに付随して心も癒す、という風にするしかないのか、と考えたり。お店のビジョンがはっきりしなくて、思いつくことを全部調べたつもりが、手詰まりになってしまいましたね。まさに、ゲーム「上海」の手詰まりのイメージ。もう、取る牌がない、みたいな。。(その後すぐにメイド喫茶というものが流行り、なるほど&やられた!と思いました。笑)しかし、そこでたった一つ残ったことがありました。それは、私が一番こだわった、スタッフ研修でした。この店は、スタッフ研修がとても優れていて、スタッフ研修を受けたいがために応募してくる人が多いのです。(笑)人はどんなときに、どうしてほしいのか、その人の本当にほしいものの見抜き方、超うれしくなるあいづちの打ち方、リアクション、だれもが思わず好きになってしまうホメ方などを徹底的に教えこむので、ここで働いた人はその後の恋愛、結婚、仕事、人間関係など、人生がうまくいくという。バイトの遊びではなくてホントのプロの接客を提供して、来た方が心からの安らぎと楽しさを味わえる竜宮城のようなお店にしたかったんです。ホスピタリティという言葉は、そのころのモニペにも何度も登場しておりました。ホスピタリティー【hospitality】1 心のこもったもてなし。手厚いもてなし。歓待。また、歓待の精神。(大辞泉)今調べたらこう出てきました。まさに上質なホスピタリティを提供し、元気になって帰ってもらえるお店にしたい。そのための徹底したスタッフ研修なのです。モニペには、その研修用テキストの案がどんどんどんどん書かれていきました。そのうちに、男性に対して、大きくわかりやすくリアクションする練習など実際に目の前でやってもらいたい、恋愛の基礎から応用、実技までみっちり勉強でき、しっかり身につく恋愛の学校をやりたい、など妄想したりしはじめ・・・。(ちなみに、そのときのテキストが2008年からのこのブログ、そして白い本「大好きな人が振り向いてくれる本」の原型というわけです。)■そんなこんなで、私の「ほんとにやりたいこと」は頓挫した格好にはなっていたのですが、次の転換点は、ある夜でした。その夜、私はお店に出勤するためにバスに乗って、窓の外を眺めていました。すると、流れていくビル、マンション、家などの街並みの中、あるマンションの2階にある、それまでは目に留めたことがなかった窓が目に入りました。ピンクのカーテンをすかして部屋の明るさがわかり、さらにカーテンの上のすきまからも部屋の明かりが外にもれていました。おそらく、エステやマッサージなどのリラク系の個人経営のサロンだと思います。その窓を見た瞬間、お水に疲れている、そして出勤前で憂鬱な私の脳内にはパーッとある妄想が広がりました。「あの中は明るくて真っ白な部屋。二人のナース服を着たきれいな女性がいて、マッサージしてくれながら、私のあふれるような話を全部聞いてくれる。優しい笑顔で『そう、うんうん、大変だったんですね』『よくやっていますね。がんばっていますね』となにもかも包み込んで受け入れてくれるんだ・・・」と、しばらく、うっとりと夢見心地になっていたのですが、われに返って、「ねーよ、んなわけねーよ。それどこにあるんだよ。何屋だよ。いくら払えばいいんだよ」と思いました。それでもまだ、「ああ・・・、許されたい、受け止められたい、癒されたい・・・。疲れたよ。気をつかうのも、笑顔も、疲れたよ・・・・」と思っていると・・・稲妻のように、強く激しくひらめいたのです。「そうだ!だったら、私がそういう接客をしてあげたらいいんだ!」と。「今思ったような場所に私がなろう。そうしたら、この世にそういう場所が一ヶ所はある、という事実ができる!そして少なくとも、私という人が確実に求めているものなのだから、それに飢えているお客さまは絶対に多いはずだ!」と、とても元気が出てしまいました。「自分が心からほしいものをあげる」これを思いついた瞬間に、なぜか、自分のほしい気持ちが満たされたような気がしたのです。ほしいものをもらえるのは、私じゃなくてお客さまなのに、私の「疲れた。ほしい」という思いがなくなったのです。不思議な感覚でした。それからというもの、私の接客が変わりました。「与えたいもの」「味わってもらいたい感覚」のイメージがはっきりしているので、迷いや試行錯誤がなくなった分、接客が前よりも楽にもなりました。こちらの気持ちが変わったので、自然と会話も、気づかいも、雰囲気も変わったと思います。そしてですね、まるで「いい話」を集めた本とかに出てきそうな話なのですが、いらっしゃるお客さまの多くが、お金を何万円も支払って帰り際、一様に、「ありがとう」としっかり目を見て言ってくださるようになったのです。頭を下げてくれたり、握手を求めてくれたりも。ものすごくびっくりして、うれしくて、感動しました。「え?高いお金を払っている側が、頭を下げてお礼を言ってくれるなんて・・・!?こちらは仕事なのに。ボランティアじゃなくてお金もらってやってることなのに」と、またまた不思議な感覚になりました。しょっちゅう来てくださっていたあるお客さまからは、「この事業が軌道に乗ったのは、君のおかげでもあるんだ。本当に本当にありがとう」と言われて、すご~くうれしかった!でも、おちょくったり、アホみたいな話しかしてないのに。。。別の、会社を経営しているおじいさんからは、「こういう世界の女性で、君ほど優しい人に初めて会ったよ」と言われ、すごくうれしいのと同時に戸惑いました。「そんな、そんな、もったいないお言葉です・・・」と。私は、小さいときからずっとKYで、クラスでも男子にも女子にも嫌われていて、大人になってからも、よく一人で浮いていて、もともとお水なんて一番向いていない。仕事でも失礼なことを言ったり、したりして、お姉さんたちにもお客さまにも注意され、席で泣いたこともあるくらいなんです。はじめたころは、席でなにを話したらいいのかわからず、ただ自分のしたい話だけして、時間さえ過ぎれば時給がもらえる、という感覚でいました。その私が、色恋なし、最低限の営業で、自分が目指していた理想状態になれたなんて、いや~、「しつこさ」って大事かも。(笑)■話はだいぶ広がりましたが、私にとってのその「場所」とは・・・今はこのブログなのです。だから、だれでも、どんな話でも、なんでも吐き出してください!っていつも言っているんです。その吐き出す内容が、お店でいえば「ほかの席のお客さま」について、である場合、微妙な兼ね合いになってきますよね。しかし、同じお店で飲んでいるからには、となりの席の話も聞こえてくるわけです。そして同じお店の常連として、からみがあるのは自然ですよね。日本の歌姫と呼ばれる方も、VIPで飲んでいて、ほかのお客さんに自分から話しかけて、みんなで飲んでいたし。(笑)同じ場所で「自由になんでも言っていい」以上、つねに有益で楽しいと感じられる話だけが聞こえてくるとは限らないと思います。「自分が言いたいことを言う自由」「他人が言いたいことを言う自由」私はかねてから、こういう「一見矛盾する二つのもののバランス」こそが、この世界の本質なんじゃないか、と感じています。「私はあなたが好き。私は一人でいても、楽しくて幸せ」しかり、「自分を大事に」と「他人に親切に」のせめぎあいになる「善人の罠」問題しかり、「仕事」と「家庭」の両立しかり。そして、「理性」と「本能」の兼ね合いが、人間。矛盾するものですから、全部を完全に満たすことは、単純に考えて不可能なわけで、一番妥当な着地点を見つけることになるわけですね。そして、その着地点を見つけることに熟達している人が、内面(心・精神)も外面(恋愛・お金など)も成功できると思っています。着地点の見つけ方で、その人の実力が全部わかる、とも。このブログのふところはけっこう広いので、今までいただいたコメントはすべてアリです。たくさんの人が言いたいこと言って、活気づいたし、それぞれがいろいろ考えさせられたと思うし、悪意やいやがらせのみ、という方はいらっしゃらなかった。そしてしばらくして、ちゃあんと落ち着いた(よね・・・?笑)。今回の記事で、私の根本にある思いをお伝えしたことで、「あるさん的にはどーなんだろー?」みたいなところも、なんとなく想像がつくようになってくれたらさらにスムーズに行くかな、と思います。個人的には、基本、興味のない部分、いらっとくる部分はスルー推奨。おいしいとこどりしてください。あなたとモニペ大会、あなたとこのブログ、という関係だけが幹なのですからね。しかし、ほかのお客さま、つまり自分以外の人のコメントへの苛立ち、不満を爆発させた人がいたことで、私をはじめ、いろんな人がいろんなことを考えられたのですから、それはそれでよかったのでしょう。なににしても、「もめごと、対立はだめなこと、とにかくなくすべきこと」「平和、友好だけが素晴らしいこと」みたいに、簡単に二元化して決めつけることはただの思考停止で、要はなんだって、自分にとって、考えて進歩するためのおいしい養分にしてしまえばいいんですよ。それに、みんなで出して、すっきりしなかった?言ってみてはじめてクリアになること、なかった?吐き出してみたら、心にバラが咲いたことはなかった?書いて、読んで、考えて、なにか発見はなかった?読んでてコメントの応酬にワクワクドキドキしなかった?私、昼ドラの世界とか好きなのよね~♪(笑)あとはねー、今回、いっぱいいっぱいみんなの「腹の声」が聞けたから、私もいっぱい伝えたいことができたんです♪記事にしてアップしていけたらと思うのですが、ひとまずこのブログの方針・理念みたいなものだけお伝えしました☆よろぴく~♪

      106
      テーマ:
  • 19 Apr
    • モニペ第5週!

      こんにちは!第5週は4月19日(月)~4月25日(日)。この期間のあなたの状況を報告しよう!アーティストデートの内容とか、気持ちの変化、感想、質問、不安、なんでも書いていこう。---で、で、どうでした?第4週の活字断ち!私はまたもや今回も、素晴らしい週になりましたー!!4年前にやったときも、第4週が大きく自分が変化したポイントだったのです。2回目だから経験済みなはずなのに、今回も得るものが大きすぎ!普段、テレビはほとんど見ず、その代わり(今思えば)ネット依存がすごかったのですが、ネットしないほうが豊かな日常が送れるということを心から実感しました。私が無意識でやっている(いた)ネットサーフィンは、なんの意味もない、むしろ、心を焦らせ、濁らせ、素の私よりも低い次元に引っ張るものだと心から実感しました。(でも、その「低い次元」が気持ちよくて、中毒していたので、低いなんて言う資格ないんですがね)まあ、得るものもあるんだけど、失っているもののほうが大きかったよ。そんな私が毎日見ているのは、ニュース、ゴシップ、笑えるネタブログとかばっかりさ。。その合間に、たまに真面目な調べものもしますが、基本的に、常になにかしていないといやだったと気づいた。することないときは、必ずなにかを読んでいた。そうしないと、なんとなく不安なような、物足りないような、ボーッとしてちゃいけないような気分だった。また、寝る前と電車の中では、ほぼ必ず本を読むのですが、それができないということで、2日間くらいはちょっとさびしい思いをしたよ。ふと気がつくと中吊り広告を読んでいる自分に気づき、何度もびっくりした!こんなに無意識に、すごいたくさんの情報が自分の中に流れ込んでいたのね~、と。そして、街で入ってくる情報は、宣伝、広告、看板とかばっかりでしょ。ごみごみした、雑多な情報で、心も頭もすごく濁らされ、忙しくさせられているんだなあ、ということがよくわかったよ。その前に、まず月曜日になって活字断ちだ!って思った時点で、時間の流れが、田舎に来たかのように、ゆっくり~になったのがびっくりしたよ。活字、私の場合、とくにネットによって、自分がいかに毎日、常にセカセカさせられていて、なにかに追い立てられているよう気持ちですごしているのか、よくわかった。わざわざ旅行に行かなくても、活字を読まないだけで、田舎に来られるんだ~、と、ほんとにほんとに発見したよ!それと、第4週は、ワークもよくありませんでした?そういう感想も聞かせてくださいね♪■ところで17日の土曜日はセミナー3回目だったのですが、上記の感じだった私は、自分の内部が豊かに広がり、頭も感性もクリアーで、いい調子でした。セミナーでは、毎回、変化や感想、質問などを一人一人に聞くのですが、そのときに、なん~か雰囲気が変わったように見えた人が結構いらっしゃいました。でも、それは私の調子がいいから、他人のことも違うように見えるのかな、と思ったのです。そしたら、参加者同士でも、「〇〇さん、感じが変わったよね」と言っていたので、「あ、やっぱりそう思う?私も思ったの!」と言うと、本人も「周りからも言われます」って言っていたり、ってこともありました。変わり方はみんな似ていて、一様に、まろやかに、柔らかく、優しい感じになっていました。まあ一つには、同じメンバーで会うのが3回目だから、慣れてきて、緊張がほぐれて、柔らかくなってきたのもあるでしょう。しかし、それなら、その人を前から知っている人には言われないですよねえ。私が感じるのは、みんなの要らぬ「こだわり」がとれてきたのかなあ、と。「こだわり」って、いい意味でも使うけれど、ほんとは「こだわり」がないほうが、人生って自由で幸せなんだとここ何年かで思うようになりましたよ。といっても、私だって、セミナーとか本、雑誌取材の記事の内容や使う言葉なんかには、自分なりのこだわりがあります。言いたいことと違う風に伝わってほしくないからです。そのこだわりは、私の納得感、満足感を作っていますし、私だけの人生を歩ませてくれるものであり、一方で、私を縛り、不自由にさせているものでもあるのですね。そしてその不自由を納得して選択しているのは私です。同じ日に、同じプログラムをはじめた大会参加者のみんなも、同じような変化が訪れているんじゃないかな?って思ってるんですが。「こだわり」がなくなり、優しく、柔らかくなってきた感じ。いかがですか?わかりますか?自由とは余裕であり、つまりステータスの高さです。こだわりがなくなった人は、かえって思い通りに人生を歩みやすくなると思います。そして、自分の「本質」が本当に必要とするこだわりだけ、持っていたらいいのでは、と思います。というよりも、自分になればなるほど、こだわりを持っていよう、なんて思わなくても、必要なこだわりだけ残っている状態になるはずです。■・・・ところで、セミナーの女性たちを見ていて、しみじみ思いました。「ああ、笑顔って、花だなあ」って。無表情だったり、真顔だったりしても、なにか話しかけて、パッと笑ってくれると、ほんとに、パッと花が咲いたみたいなんですね。「笑顔っていいなあ」「笑顔ってかわいいなあ」って、あまりによく言われすぎていることだけれど、私はこないだの土曜日に、初めてと言っていいくらい、心から思いました。ほんと、セミナーやってよかった。自分のコア全開の丸出しで、生きている喜びと幸せを実感しています。毎回、来てくれてありがとうって思います。そして、このモニペ大会も、やってよかった。多くの人の目は、外側に外側に向かっているけれど、内側に内側に向かうことって、勇気がいるし、キツイし、難しいと思う。それを一生懸命、謙虚にやっている人たちにこんなにたくさん触れられるなんて、集まってもらえるなんて、いいよね。幸せです。私も精進します。。

      1
      138
      テーマ:
  • 11 Apr
    • モニペ第4週!

      こんにちは!第4週は4月12日(月)~4月18日(日)。この期間のあなたの状況を報告しよう!アーティストデートの内容とか、気持ちの変化、感想、質問、不安、なんでも書いていこう。---まだ第3週7日目ですが、今回は1日早く更新です。なぜなら・・・第4週はいよいよ、いよいよ!はじまるからです、「活字断ち週間」が!見たいテレビ番組は、今日の日曜日のうちに録画予約しておいてくださいね~!んでは、来週1週間のあいだ、してOKなこと、NGなことの基準を書きますね。(あくまで私の判断ですので、ジュリア・キャメロン的にはどうかわかりません)×NG・・・本、雑誌、映画、ネット、メール、テレビ、ラジオ、吊り広告や看板を読む、オーディオセミナーを聴くなど◎OK・・・「ずっとやりたかったことを、やりなさい」の第4週の部分を読む、モニペ、音楽、音楽DVD、電話、人とお茶する、おしゃべり、ノートに文章や絵を書く、景色を見るなど上記NG以外のことしかし、生きていかないといけないので、仕事は優先で。仕事に関わる本やメールなどは仕方ないです。しかし、もしも減らせる状況ならば、減らした方がいいと思います。私はメールは1日1回のチェック&必要ならそのとき返信、と決めていました。これは人によって、仕事やプライベートに支障がない範囲で、可能な限り減らしてくださいね。たとえば仕事のメールは仕事中に業務としてすべて返すが、プライベートのメールは毎晩寝る前だけにしたり、月水金の朝(または夜)だけにする、など。暇つぶしのネットサーフィン、テレビ、ラジオ、映画など一切やめてね。ということは、来週は「あるブログ」への書き込みも控えた方がいいということになるっす。だってネットできないんだ・か・ら・・・♪(でも、どうしても、って場合はOKですよん☆)要は、無意識で依存的になっている、「受身でいても、どんどん入ってくる刺激」を可能な限り遮断してください、という週です。先に言っておきますが、そおおおおーーとおおおーーー、暇を感じると思います。私は感じました。時間ってこんなにあったのかぁーーーー、なげえーーーよ、って感じ。どんだけ時間捨ててたんだろう、って感じましたね。部屋は片付くし、料理は凝るし、なんか新鮮な週でしたよ。そして、刺激のなさに、モニペを書くのが楽しみになったっす。(笑)(活字だし)レシピもなにも見ないで、頭使って工夫してお料理するとか、私はしてみます!■また、アーティストデートについてですが、質問が多いようですので、基準をもうけました。私なりの基準ですので、ジュリアたんとは違うかもしれませんが。時間は「ずっとやりたかったことを、やりなさい」にもあるように、「2時間程度の時間のかたまり」です。理想は、1.2時間以上かかること2.今までやったことのないことで探すことです。たとえば、神宮球場に野球をよく見に行く私にとっては神宮での野球観戦はアーティストデートではありませんが、野球なんて見たことがない人にとってはアーティストデートだということです。そして、私が「横浜スタジアムに行ったことないから横浜VSヤクルトを見に行こうっと」というのは、普段の趣味の延長であって、アーティストデートではないと思います。アーティストデートでは、普段使っていない感覚を刺激することが大事だと思います。私の第2週のアーティストデートが、「生まれて初めてのバッティングセンター」と「生まれて初めての都電で帰る」のコンボだったのですが、野球観戦はよくしていても、自分が打つのは初めてでとても刺激的でしたので、アーティストデートだと思っています。ちなみに、コメントでも見かける「一人カラオケ」ですが、一人は斬新ですので、アーティストデートだと思います。私もやりたいと思いました。(10年以上前にやったことありますが。笑)そして、次に、上記の条件を満たせなくても、・1時間かかることを二つ続けるなどのコンボ・生まれて初めてではなくても、10年以上やっていないこともOKだと思います。2時間かかることがベストだとは思いますが、意外とむずかしい気がしますので、2時間のかたまりであれば、コンボでもいいかと思います。私は今週はキャンドゥで買ったあやとりをするつもりですが、2時間って続けられるのかなあ。。きつかったら折り紙に移行するかも。あと、長い風船を折ってソーセージみたいにして犬を作ったりするのも買いました。次に、・行ったこと、やったことがあっても、一人で行く、するのは初めてのこともアリかなと思います。たとえば、海には先月も彼氏と行ったけど、一人で浜辺を歩くことは初めて、とか、温泉旅行は家族と行っているけど、一人旅は初めて、とかです。そして、・なるべく同じアーティストデートを繰り返さないですね。たとえば私は1週目のアーティストデートでは表参道の岡本太郎記念館に行ったのですが、じゃあ2週目は川崎の岡本太郎美術館で、3週目は森美術館で、でもいいのかといったら、もちろんいいのでしょうが、それってある意味、ルーティンワークみたいになると思いませんか?今週は映画、来週も映画、毎週違う映画に行きました、よりも、できるならば、自然の中に行くとか、絵を描くとか、まったく違う刺激の方がいいのかな、という気はします。できるかぎりバラエティに富んでいる方が、埋れた自分を引き出すのに効果的な12週間になると思います。もちろん、今までの3週は終わってしまったので、これからできるかぎり、ということですね。■ちなみに!岡本太郎記念館に行ったのは、デザイナーをしている友達に借りた「オッス!トン子ちゃん」がきっかけです。すごいツボった!トン子ちゃんいいわ~。岡本太郎って「芸術は爆発だ!」「太陽の塔」くらいしか知らなかったのですが、記念館の本のコーナーで「生きることは爆発だ!」ともおっしゃっていたようだと知り、共感を覚えましたわ。作品はとても面白く、刺激的でした!カフェもあるので、じっくり雰囲気にひたっていれば2時間行くと思います♪トン子ちゃんともどもおすすめです。メール、コメント、すべて嬉しく読ませていただいております。ありがとうございます!お返事はできていなくて申し訳ありませんが、いただく分には迷惑とかまったくありませんからね~♪オッス!トン子ちゃん (扶桑社文庫)/タナカ カツキ¥630Amazon.co.jpオッス!トン子ちゃん¥630楽天※モバイル非対応

      1
      13
      テーマ:
  • 05 Apr
    • モニペ第3週!

      こんにちは!今日からモニペ第3週がはじまりましたね。第3週は4月5日(月)~4月11日(日)。この期間のあなたの状況を報告しよう!アーティストデートの内容とか、気持ちの変化、感想、質問、不安、なんでも書いていこう。---ちょいと余裕がないので、また記事を更新します~☆とりあえずここ使ってね!

      69
      テーマ:

プロフィール

ある(ANNA)

性別:
女性
自己紹介:
ある(ANNA)へメール プロフィール: 学生時代から都内のキャバクラなどでホステス。 ま...

続きを見る >

読者になる

AD

このブログの読者

読者数: 1,014

読者になる

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。