【北海道特産】大雪山トマトジュース(白ラベル・食塩無添加)2本・3本・6本

 

 

北海道のほぼ中心部の旭山動物園の旭川市に隣接する鷹栖町から、
こだわりのトマトジュースを皆様にお届けしております。

鷹栖町は人口8千人弱で、稲作、トマト、キュウリといった栽培が主な産業の小さな町です。
夏場も1日の寒暖の差が大きく、トマトがおいしくできる条件に恵まれた土地柄です。
また、昼夜温度差も大きいため病害虫の発生も少なく低農薬栽培で高品質のトマトを生産することができます。

ジュースに適したトマトの品種のみで加工していますので、他とは違った味わいが楽しめます。

そして、最高条件でトマトが熟する7月中旬から9月下旬までの2.5月間しか加工処理はしません!
当社のトマトジュースは完熟トマトしか使用しないため、採ったばかりの完熟トマトをその日の内に加工処理します。

こだわりの商品に仕上げるため、大量生産ができません。
熟練者が手作業で丁寧に下処理をして最高のトマトジュースに仕上げます。

こだわりぬいたトマトジュースをぜひお楽しみください。
【白ラベル・食塩無添加】
食塩無添加、100%トマトのストレートジュース

 


 

 

http://amzn.to/2vOdoA1

 

 

 

【油通し】

テーマ:

油通しで材料のうま味を閉じ込めましょう。

油は料理には欠かせないですよね。
特に中華料理なんかは、油をいかにうまく使うかがコツですね。
 


家で食べると、結構油っぽくなっちゃいませんか?
お店だと、チンジャオロースやエビチリなど、
油っぽくないのは、火力の差もあるけど、
これが【油通し】のパワーですね。
 


【油通し】は、
中華料理などで使われる調理法で、
下ごしらえの段階で、
いったん材料を、油にくぐらせることです。
 


材料のうま味を閉じ込めて、
色を鮮やかに保って、
短時間で均一に最後の仕上げが出来るようになります。
 


油の温度は、
材料や大きさで変わりますけど、
後でもう一度火をとおすので、
中まで火を通す必要はありません。
 

あとの調理の時間も短時間なので、
材料が油を吸いすぎることもありません。
 

でも、家で油通しをやるのは
なかなか大変な作業ですよね?
 


そんな時は、チョット多めの油で炒めて、
八分通り火が通ったら、いったん取り出して。
油をきっておきましょう。
 

こうすることで、油通しの代わりになりますよ!

 

【油通し】
つづきはこちら
  ↓
http://sanniwa.com/archives/3886
*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;

*……………………………………………………………………………*
あなたの林檎マークは光りますか?
http://wp.me/p6m5FT-12V
*……………………………………………………………………………*
LEDとマイクロカレントで最先端フェイシャル!【ラ・カルメン(La camen)】
http://wp.me/p6m5FT-Wd