自己紹介 | OGURAIANブログ

OGURAIANブログ

ブログの説明を入力します。

プロフィール
1978年12月29日
小倉  雅弘
栃木県下都賀郡藤岡町出身
1982年~1985年
群馬県ひまわり幼稚園
1985年~1991年
栃木県藤岡町立藤岡小学校
1991年~1994年
栃木県藤岡町立藤岡第一中学校
中学1年生の1学期の終わりに、いじめに合い不登校になる。
2学期から卒業するまでの間は、自宅に引きこもり鬱状態でした。卒業式も出席できませんでした。

(いじめ、学校・職員、家族、そのときの内容は講演会でお話をしているのでストップしておきます)
中学卒業後は実家の農業を手伝い、米店で糠の回収(助手)の仕事をする。

1998年
(一言からの勘違いでスポーツの道に進む)
新日本プロレスの小島聡選手の一言で人生が変わる。
六本木の闘魂SHOPに行ったときに、小島選手から『体大きいねプロレスラーにならないかッ もったいないな~』と肩をポンッと触れてくれたときにファンサービス(冗談)で話をしてくれた一言がすごく嬉しくてプロレスラーになれると勘違いをしてしまう……
真剣に受けとめた僕はプロレスラーになるために小島選手と同じ道を選び……
1999年
アニマル浜口ジムに入門
当然の問題が発生……これまで運動は一切してなく腕立て伏せが頑張って20回できる程度でした。まずは道場生になれるように基礎トレーニングを徹底しました。
毎週土曜日のお昼から京子さんがトレーナーと特別練習をしていたので、基礎トレーニングだけ参加をさせてもらいました。
練習が地獄でしたが、おかげで体力がついて道場生になれました。
(1年間、浜口道場でレスリングを学ぶ)
レスリングを経験してプロレスは観戦することが大好きで、真剣にプロレスをやりたいと思う感情とは違いました。

大相撲に興味を持ち浜口ジムを退会
2000年1月
二十山部屋に入門
二十山親方→元大関・北天佑
3月の大阪場所・大阪府立体育会館で新弟子検査を受験する。
結果……合格
東京に戻り相撲教習所に入学
(学校は両国国技館の中にあります)
四股名・藤の佑
5月場所の両国国技館で初土俵しました。
結果……勝ち越すことができました。
7月場所の番付表で序二段に昇格する。
当時21歳で体重が79㎏でした。

2000年7月1日
名古屋場所の稽古中に、左膝靭帯を損傷する。
(怪我の悪化は兄弟子が原因)
(内容は問題になるのでストップしておきます)
引退を決意
このときの僕は大人でよかったです。
もし子供だったら自己主張する判断ができず、部屋に戻り一連の騒動で話題になった事件、第一の犠牲者になっていたかもしれません。
診断書を提出してケガのことだけを理由にして辞めました。

2000年11月
自動車教習所で免許の教習中に自主経路で元ボクサーと出会う。
スポーツジム(ティップネス)に紹介されてボクシングエクササイズの体験レッスンに参加しました。ミット打ちをするまではボクシングが全く興味なかったのですが、ミット打ちを体験したらめちゃくちゃ楽しくてボクシングにハマってしまいました。

当時ボクシングは、畑山隆則対坂本博之の世界戦が話題になっていました。

僕が精神的に極限まで落ち込んでいたときに、坂本博之選手の特別番組をTVで試聴しました。児童虐待を受けた経験がありながら不遇を恨まず、拳一つで切り開いてきた人生に心を奪われましたクローバー坂本さんが一生懸命頑張ってきた姿を見て心の病から一歩前に進むことができましたクローバー
坂本博之選手の生き方に勇気をもらいましたクローバーこのときボクサーになりたいキラキラ一生に一度っきりしかない人生メラメラ本気でボクシングに挑戦しようと決意しました。

ティップネスでボクササイズを楽しみながら筋トレ・プールでリハビリを開始。怪我から1年、膝は完治しました。
2001年7月
(ボクシングジムを探しに関西へ)
相撲で部屋を決めたときは、北天佑が大好きだったからという理由だけで、部屋の情報を全く調べずに決めてしまい大失敗しました。ボクシングは関西へ行き自分の目でジムを確認して、①大阪帝拳②江坂③阪神
の三件見学をして阪神ジムに決めました。

2001年8月
(兵庫県へ)
目標は全日本新人王
日本一強い人と後楽園ホールで闘いたい

阪神ボクシングジムに入門
このときジムの寮は満室だったので会長が学生寮を紹介してくれました。
2002年11月
ジム名が変わり阪神→神拳阪神になる。
2002年12月21日
ジム興行後の打ち上げ会で、赤澤慎司選手と意気投合する。この出会いがきっかけで学生寮を出てジムの寮に移り1ヶ月後のプロテストに挑戦をもう一度決意するメラメラ(8月と11月のプロテストでTKO勝利したのにも関わらずに不合格になり、自信をなくしていて11月のテスト以降ジムから離れていました。
赤澤選手はプロテストの日まで毎日僕の練習に合わせてサポートしてくれましたメラメラ)

2003年1月26日
プロライセンスを取得🌟
このときは気づきませんでしたが、基本のボクシングがしっかりできていました。

プロになれてもボクシングだけでは生活をすることが厳しく、建設土木、給食の配達などの仕事と両立してジムの近くにアパートを借りてボクシングを中心に活動するボクシング

2003年4月16日
対・浜田吉識戦 (65㎏契約)でプロデビューする
判定・引き分け 

2004年6月13日
対・大西勝範戦で新人王戦にウェルター級で初エントリー
セコンドよりタオル投入で敗戦
大西選手はパンチにスピードがあり破壊力が増して強敵でした。

新人王戦は夢の架け橋ロードでした。
会長とジムに恵まれて、夢を叶えるためにサポートしてくれました。

2005年8月28日
対・ドラゴン田中戦 (ウェルター級)
判定・引き分け
2006年
(朝日給食で働いていたとき)
弁当配達をしていたときに雀蜂に襲撃されて首を刺される。
1週間後に試合が決まっていました・・・

2007年6月10日
西原忠彦トレーナーと初めて組みました。
対・岩尾剛戦 (ミドル級) 新人王戦
判定 負け

2007年12月16日
対・やんばる新田中 (ドラゴン田中)戦
判定 負け 
試合終了後に六島ジムの枝川孝会長と田中選手が控え室に挨拶に来てくれました。
枝川会長は
「1勝するまで辞めたらダメだぞ……」
お話を聞いて僕を勝たせたい気持ちが伝わりました。田中選手はきちんと礼儀正しく挨拶をしてくれてました。(試合前に藤原トレーナーのブログ内で公開されたメッセージのイメージとは違い)良い好青年でした。
(枝川会長がブログで、その後 僕の引退試合を記事にして書いてくれました・2012年9月30日)
http://s.ameblo.jp/mutohboxing/entry-11367589843.html

2008年5月11日
対・下野喜道戦 (ミドル級) 新人王戦
負傷判定 負け
2008年10月
(夢の切符)
夢のオファーがありました。
横浜光ジムから連絡がありミドル級の対戦相手を探していると報告がありました。
会場が後楽園ホールで、相手が胡朋宏選手でした。
データを調べたら怪物選手でした。
噛ませ犬なことはわかっていました……
でも夢の切符を自分が選択できる……
試合をすれば万が一の事故があるかもしれない……
でもチャンスは二度とこない……
勢いで会長に「やらせてください」と
お願いしました。
2008年11月16日
計量をクリア ホテルへ
高級ホテルでした。何かある全て翌日……

2008年11月17日
ホテルをチェックアウトしてから、山菅会長と靖国神社へ行きました。
遊就館で上映していた作品
「みたまを継ぐもの」を鑑賞しました。
ストーリーの最後の場面で主人公・隆信が靖国神社へ参拝 一言
「敵いません。でも負けません」…
試合直前(胡・重圧感)を吹っ切る決意ができた言葉でした。

夢が叶った試合🌟
日本一強い男と後楽園ホールで闘うことができました。
対 (元 アマチュア日本王者) 胡朋宏戦 (ミドル級)

試合開始すぐ偶然のバッティングで胡選手の顔つきが一気に変わったことを覚えています。
胡選手のパンチは、ガードの上からでも脳が揺れるほどの破壊力でした。
耐えることだけで精一杯でした。
ラスト30秒のときフックだと思いますが鼓膜が破れました。
感覚がわからなくなりセコンドの声は耳に入ってきませんでした。
ラスト10秒……
胡選手のラッシュ、ガードを弾き飛ばしてパンチをもらう。
ラスト・・・2秒……
レフリーが止めに入る瞬間を見て……
耐えた終わった……
全身の力が自然と抜けた瞬間、だめ押しの右ストレートが直撃
1R2分59秒TKO 負け
完璧に叩きのめされました。

失神して倒されていたときに幽体離脱を体験しましたが、誰も信じてくれません(苦笑)胡戦を終えて限界を感じました。
このときに鼻を負傷した後遺症がその後…
(応援に来ていただけた役者KENROKUさん)
試合後、ドームシティの喫茶店内で!

翌日、関西へ帰るときに東京駅で警察官に職務質問されました(--;)
声を掛けてきた警察官は僕の表情を見て…
(上記の写真から1日経っていたので顔はもっと腫れています)…
顔で判断してきたと感じたので、
「何?顔やろ・・・」と答えると、
警察官は(首を縦にウンと下ろして)不審者と決めつけた態度で主語のない接し方をしてきたので
「何があったんか知らへんけど、言葉を選んで職質しろ、気分悪いわ」むかっと、
言ったら
近くにいた応援隊員が集まってきて囲まれましたプンプン
見た目、犯人扱い!警察24時(苦笑)
そのとき大切なグローブなどに触れられるのが嫌だったので、身分証明書を渡して自分からバックの中身を出して、これから兵庫に帰ることを強い口調で説明。
警察官は態度を急に変えて柔らかい言葉で謝罪してきたけれど、心に響かない謝罪だったので!不愉快でしたムキー
減量に集中していてTVは観ていなかったので事件のことを知りませんでした。

数日後、サウナへ行きTVを観ていたときにNEWSで東京駅で探していたときの犯人が逮捕された情報が放送してました。
今となればお話のネタですが、職務質問されたときは・・・

胡戦を終えてしばらくボクシングから離れました。
が……
年末、山菅会長が相談なしで新人王戦にエントリーをしていました。

2009年2月
練習中に左手の薬指と小指を骨折、新人王戦を棄権する。

2009年4月
山菅会長から進光ジムから連絡があって、僕と対戦を希望していたけど断っておいたよと報告を受ける。

休養中は友人の紹介で老人ホームや児童養護施設でお手伝いもしました。

2009年7月
練習を再開する。
2009年8月
《もう試合はしないと決めていたけど…》
山菅会長から試合の話があるけどどうする?と報告があり、対戦相手のことを確認したら、4月に対戦を交渉してきた選手でした。
こりゃ舐められてるわ!
この瞬間は本気で頭にきましたむかっ
本気でやってやるメラメラって気持ちが根羽えました。
《引退を決意》
まずはチーフトレーナー!
(僕のことを真剣に考えてくれた西原忠彦さんとラストファイトは挑みたい)
この頃、西原さんはジムから離れていました。
僕は再起すること決めたときに最後の試合は西原さんと一緒にリングで戦うと決めていました。
岩尾戦以降、2度目のコンビになります。
最高のモチベーションでリングに上がるために西原さんの力が必要でした。
これだけ負けが続くと採点では、いくら僕が優勢点で勝っていても、判定になれば勝たせてもらえない。
勝利するには倒すしかなかったんです。
最後の試合だからこそ、僕のことを真剣になって考えてくれてサポートしてくれた西原トレーナーと挑みたかった。
僕は人生を懸けていたので後悔だけはしたくなかった。
西原さんに直接会って素直に気持ちを伝えました…
その場で引き受けてくれましたクローバー
すごく嬉しかったです。
翌日からジムに来てくれて計量前日まで指導してくれました。
必ず勝利して恩返しする!と心に誓いメラメララストファイトに備えてスタートしました。

対戦相手がサウスポーだったので、スパーリングは出稽古に守口東郷ジムでお世話になりました。

出稽古では青木寿一トレーナーからもアドバイスをいただけて最終調整ができたのでメンタルにも自信がつきました。

会長、西原トレーナーの指導でジムでの練習は悔いが残らないように、やれることは全てやりました。
毎日10㌔走りきり、仕事をして夜にジムで追い込み、減量は成功して最高のコンディションに仕上がり準備ができましたメラメラ
2009年11月21日
(計量)
無事に計量をクリア (71.9㎏) 
計量後、ゲルマニウム店へ行き足湯をしてリフレッシュクローバー
夕食はジムの先輩でいちばんお世話になっていた三津谷英輝さんと焼肉店・激へ行き栄養補給しましたメラメラ
僕が何度もボクシングから挫折していたときは、三津谷さんが「諦めるな!今辞めたら絶対に後悔するぞ」と、
どんなときでも前向きになれるように、背中をおしてくれて支えてくれましたキラキラ

人生の宝物を取って引退することを心に誓い🌟就寝(やり残した忘れ物・1勝)

2009年11月22日
決戦の朝
ゆっくり休んでぐぅぐぅスッキリ目覚めました。
最高のコンディションでしたメラメラ
決戦の日の食事は鰻重を食べました。
集中力を高めて会場へ向かうはずでしたが、交通トラブルで電車が使えなくなってしまい、身動きがとれなくなってしまいました。
(細かいことは省略します)
第1試合開始の15分前に会場に到着しました。
お客様が開場していました。携帯電話の充電が切れてしまっていたので、大幅遅刻をして会場に着いたときに入口で待っていた西原トレーナーはピリピリモードでしたムキー
すぐにバンテージを巻いてもらい、ミット打ちをして椅子に座って足を伸ばして集中しました。
気持ちに落ち着きがあったので後輩の試合も声援して応援しました。
この試合の課題は(ガードを高く)落ち着いてアグレッシブに攻めることしか考えてませんでした。 

バーニングファイト 第8試合   
引退試合 
対 小浦拓也戦 (ミドル級)

完全燃焼メラメラ
結果は3R.TKOで勝利🌟

試合直後の控え室
応援してくれた仲間に囲まれて嬉し涙クローバー

チーフセコンド西原忠彦さん
セコンド山菅涼二会長

勝ったときの瞬間は今まで生きてきた人生のなかで最高に幸せでしたクローバー

(ボクシング人生で得たこと)
諦めないで最後まで夢に向かって挑戦すれば必ず目標が達成できるキラキラ
小浦戦で燃え尽きましたメラメラ
人生の1勝を勝ち取ることができました🌟
ボクシングを引退
戦績:14戦1勝(1KO)11敗2分
ボクシング人生やりきりましたクローバー

プロ引退報告をしたとき

(役者KENROKU さんのブログ)
http://syntax.exblog.jp/m2009-11-01/
石の上にも“六年半”とは何か?
三つ記事を続けて書いてくれました。

2010年1月
(成人の日)
一生懸麺☆ラーメン店で、1杯だけのスープで替え玉を競う大会にエントリーして歴代記録を更新して表彰されました。
僕が挑戦したときは、8皿半が最高記録でしたが、替え玉⑩食べきって記録を抜いて月間賞を獲得・1年間お店に名前が提示されてたそうです。
大食いに自信があったのでノリ気分で挑戦してみました。
おかわりする度にスープは重くなり(粘土)忍耐力との戦いになりました。
僕は二十歳のとき成人式に出席しなかったので、成人式の想い出がありません。
成人の日に歴代記録を更新できたので、1つ成人式の日が想い出になりました🌟

2010年1月
小学校で講演をさせていただきました。
テーマは[いじめ]です。
その後、小学校で講演会に声をかけていただけるようになりました。

2010年4月
ヘルパーの資格を取得する。
2011年8月
神拳阪神ジムのトレーナーになる。
2012年9月
トレーナーの資格を取得
2013年4月12日
大阪府立体育会館
チーフトレーナーとして初勝利🌟

2013年7月
(緊急搬送)
呼吸困難で倒れる。
病院で医師から1日も早く手術をしたほうがよいと警告されました。
(手術を決意)
友人のKENROKUさんに病院を紹介してもらいました。

2013年8月10日
大阪市アゼリア大正ホールで坂本博之さんと再会する。
坂本会長から声を掛けていただき9月~12月迄、手術をする前にジムでお世話になりました。
ジムへ通うことで気持ちが和らぎましたクローバー

(医師との約束)
手術後はボクシングをしないことを条件に同意書にサインしました。(実戦の練習禁止)
2014年2月6日
東京慈恵会医科大学付属病院
(左・右)内視鏡下鼻内手術・鼻中隔矯正術・下鼻甲介粘膜切除術(移植手術)
(約5時間) 無事に手術が終了しました。

2014年3月19日
TBS・午前零時の岡村隆史
継続6年7ヶ月 プロ選手として歩んだ人生を番組で紹介していただけました。


2014年6月14日
東京慈恵会医科大学付属病院
手術(胸部腫瘍切除・摘出術)
心臓の真横にできた腫瘍を切除しました。
無事に手術が成功しました。

2015年
リハビリ継続で日常生活に問題なく健康な身体を取り戻すことができましたクローバー

2016年4月16日
(戦友と再会)
手術後にSRSジムから離れていましたが、現役のときに対戦をした岩尾剛君がSRSジムでトレーニングをしているとのことで、僕もSRSジムに戻りました。

2016年4月~2018年8月迄、SRSジムでトレーナーのお手伝いをしました。

2019年5月15日
星降る泉キラキラ番組にゲストで出演させていただきました。
(パーソナリティー星和彦・和泉妃夏)

ラジオ番組に出演することが初めてでしたので、きちんと上手にお話ができませんでしたが、貴重な経験をさせていただきました。
http://honmaru-radio.com/izuhina123_happy0069008169690137/
↑10分間トーク、無料配信です。

2019年
現在は老人ホームで介護士として働いています。
いじめ問題をテーマに講演もしています。

出身校
栃木県藤岡町立藤岡小学校
栃木県藤岡町立藤岡第一中学校
大相撲・相撲教習所

スポーツ歴
アニマル浜口ジム、道場生
大相撲、二十山部屋
プロボクシング、神拳阪神ジム所属

好きな言葉
向上心キラキラ
ありがとうキラキラ