Iさん親子は7月に入門して6ヶ月の半年過ぎました・・・

モモちゃんは五級・四級と昇級しIさんは三級・二級と昇級しました。

本部から二枚ずつの免状が届いていましたので朝礼時に授与式です

 

  

モモちゃんの昇級授与式  Iさんの昇級授与式グッド!  稽古休憩中のモモちゃん笑顔ニコニコ

 

級の稽古技レベルですと立ち技の「五応(ごおう)」と座技の「五用(ごよう)」なんですが

この日からは稽古帖を見ると「五箇(ごか)」の技にスタンプを押す勢いです

そう・・・4月に三回の演武イベント・五月に一回のイベントと・・・合計四回のイベント演武が

続き・・・その演武に「五箇」の技や「走り懸かり」の技があるからこの技をマスターしないと

演武披露できないのです・・・今からユックリ丁寧に覚えましょう。

 

では今日は五箇(ごか)の座技の中で「響返し(ひびきがえし)」

四刀目(四番目)の技があります

  

「響返し」の技      今日の見学者の対応して   入門間もないMさん(左側)

              この後、入門の運びになる   居合形「真(しん)」の技稽古

 

対敵は正面居座り、対座していますが真向から斬りにかかってくるのに対し逆袈裟で敵の

左手首を制し敵は立って下がり、八相に構える時に、己は突きの構えになり、敵の水月を突く。敵がお腹をへこまして、突きを避けようと下がろうとするので、右足を踏み出し

て真向に斬る。・・・このような動きの理合ですが・・・一人一人の稽古形動作を見ると

注意すべき点が随所パンチ!に出てきます・・

 

例えば、最初の逆袈裟は斬りではなく制するですから・・敵の手首が斬れたら斬れてもイイんです。突きの構えはシッカリ横を向いて、左手は人差し指、親指をシッカリ開いて

刃は唇の位置です・・・最後の二太刀目は真向斬りは大きく水平まで斬ります

その時、は目線に注意します・・・右足踏み出しと刀は腰を入れ一足一刀、同じ動きですね~

まだまだ注意する箇所はありますが、その形の動作を繰り返し、繰り返し稽古して、

完成形に近づけてください・・・いずれにせよ余分な力を入れず・・・無駄な動きをせず・・・

美しく、綺麗な形動作キラキラを見せて欲しいですね~(少し欲張りでしたかね~ニコニコ

 

  

稽古終了前は対戦模擬試合   堂々と落ちつきが出来てきたモモちゃん8歳

 

  

I君は本身(真剣)で稽古  組太刀稽古が見えます   野送りの技を見せるWさん

               (見学者の体験対応中グッド!・・・です)