暑い日が続いたと思えばもう暦は九月、朝晩はしのぎやすい気候になりましたが・・・

拙者は夏バテなのか?稽古疲れか?今一つ身体がシャキッとしない調子で

集中力も今一つ?ですが皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

 

  

重陽の節句として菊の花の宴   東大宮での組太刀講習会、無外流大太刀・剣術形

(九月九日)

 

先月もY先生のもとで埼玉県の東大宮で「剣術・組太刀講習会」が開催され

八月の暑い中旬の日に日心会の剣士たちが熱心に受講しました。

この受講を受けた熊谷剣士五名・・・その後、

稽古場に戻り、普段稽古でどのように習得して自分のものにしたのでしょうか?

その復習や予習の稽古模様をお伝えします

 

  

  

上画像は 木剣による無外流大太刀形 組太刀稽古(熊谷場所)

 

一人稽古の居合では仮想敵を意識して形演武をしますが、対敵が見えない相手との形稽古では間合い(まあい)や呼吸などが希薄になってしまう・・・

対敵と立ち合い間の置き方などを要求される間積もりや複数の対敵(仮想敵)を

実際に人を置いて稽古しなければ身体捌きや微妙な感覚を覚えるには「組太刀(くみたち)」で稽古するしか方法はないのです

上記画像では「間合い」や「眼の視線」「もの打ち」の斬る位置や切先の方向等

何度も対敵を変えながら反復稽古ですアセアセ

間合いでは対敵が振り下ろす刀(木剣&ソフト剣)が届かなかったら、刀(木剣)をしのぐ

合わす必要が無いのでやり直しをさせます・・・仕太刀がものうちに(斬らなければならない場所)や角度、で対敵(打太刀)の適所に当たっていなければ・・・勿論、

やり直し稽古ですね~パンチ!

この間合いの習得度合いこそが剣術・組太刀の技量レベルなのです

相手の斬って来る切先を目の前にして何センチで見切りが出来ますか?

3cm、5cm、10cmですか?その時に眼目をつぶっては隙がでて斬られてしまいますね~

このお話長くなりますので・・・この辺で ではまた次回にお逢いしましょうニコニコ

 

  

居合形座技「真(しん)」 立ち技「胸尽し(むなづくし)」  斬り下ろして「敵付け」の画像

 

上記、愛称ラブラブモモちゃん(7歳)入門一ヶ月、今月末の二ヶ月目には

お母さんと一緒に早くも昇級を狙います。宜しくね~ニコニコ