季節のしつらいとして8月は「蓮(はす)」の花のおもてなしです。

 

玄関に飾った縮緬香袋お飾り「8月」の花

蓮(はす)」  蓮の花は芳香があると言われていますが触れるところに咲く花が確認できない香りを纏っているというもの蓮の花らしい神秘的な魅力の一つですね

玄関の蓮の縮緬香袋から部屋に香りを燻(くゆ)らし

優雅な風習ひらめき電球を来客に楽しんでいただきたいですね~ニコニコ

 

平安時代、貴族の庭園の池には蓮の花が咲いていました。

その花は手折られて仏前に供えられ、馨(かぐわ)しい薫りは邸中に漂い。

浄土理念に裏づけされた生活でした。そのため京都の町には寺院が多く建立され、

極楽浄土をあらわす蓮池が数多く作られました。

天龍寺、法金剛院、法然院、妙心寺、竜安寺など朝早く清浄の花が開くのを観ることが

出来ますね・・・

泥の中からすっと美しく伸びる蓮の花はたくさんの神聖な意味があると言います

育て方はチョッピリ難しいのですが、開花した時の喜びはひとしおですよね

開花時間が短いのも桜に似たはかない美しさがあります

 

蓮(はす)と睡蓮(すいれん)は間違いやすく混同されがちです

同じように池に咲く植物ですが似ても非なる植物です

簡単に区分しますと、水面すれすれの位置に葉に花を広げるのが睡蓮(すいれん)

水面から高く茎を伸ばして花や葉を付けるのが蓮(はす)です

蓮の葉は切れ込みが無く、葉に溜まった水を弾いて落とすのに対して睡蓮は切れ込みから

葉に溜まった水を落とす仕組みですね

皆さんが良く知っている抽象画家モネの絵を描かれているのは「睡蓮です

睡蓮の花言葉は「心の純潔」や「清純」に対して蓮の花言葉は「清らかな心」「神聖」です

やはり似ていて混同しやすいですね

 

この玄関に飾った「蓮」の池には人々に愛されるラブラブ生物「蛙(かえる)カエル」がいます

古池や蛙飛びこむ水の音音譜」の芭蕉の句や、「やせ蛙まけるな一茶これにあり音譜」の

一茶の句に、この小動物をいかに先人の人々が身近に感じていたかが現れています

では、初夏に咲く蓮を観に、ぜひ早朝からお出掛けしてみませんか?あし

 

私は、埼玉県の行田市にある古代蓮(JR新白岡駅徒歩10分)や東京の

上野恩賜公園の中にある不忍の池などの有名スポツトに数年前にも行ってきましたよ~