冬も耐える桜桜・・・その花を待ち焦がれる人は数知れず・・・

でも東北の人にとってはまた格別なんです

 

  

桜のトンネルをゆく観光馬車   新幹線で「やまびこ」に午前9時22発大宮駅から乗る

北上展勝地              

展勝地って陣ヶ丘からの眺めが素晴らしいところから展望のきいた名勝・景勝の地という

意味で名付けられたと聞いています・・

 

四月から五月にかけて東北地方を北上する桜前線

前進が北上し、遅かったみちのくにも春が訪れます・・・

桜の花が咲くと何故か?心が華やいで浮き立って・・・桜の開花に心踊らせます

南から北へ今回も桜に心を重ね、みちのくの東北地方に足を運びましたあし・・・

旅の始まりは宮城県「仙台」を廻り岩手県の「北上展勝地」へと向かいます

私の小さな桜旅桜をお届け致します。

 

折角なので平泉町の世界遺産「中尊寺」にチョットだけ立ち寄りです

  

中尊寺境内案内図    世界遺産 中尊寺     国宝 「金色堂(こんじきどう)」

(詳しくは割愛いたします)

境内には松尾芭蕉の像や金色堂建立850年を記念して昭和34年に建てられた

賢治詩碑もある

  

奥の細道 芭蕉の像    弁財天堂          境内には枝垂桜も観られます

 

  

本堂脇にある桜    見晴らしの良い月見坂にて   武蔵坊弁慶立往生旧跡▲

               

               武蔵坊弁慶大墓碑ほか弁慶が最後まで主君(義経)を守り

         色変えぬ私のあるじや武蔵坊     遂に広川にて立ち往生する

 

  

さくら名所100選 北上市立公園 展勝地(てんしょうち)

大正10年(1921年)に開園  敷地約193haには4月中旬から5月上旬にかけ

ソメイヨシノやベニヤマザクラなど約1万本の桜が開花します。

この日は七分咲きの丁度見頃で外国人の方が多く・・・桜大路脇の桜の木陰で彼女たちの

決めポーズのショットカメラ・・・私も少しお手伝をしましたね~グッド!

 

  

                 北上夜曲の碑音譜         北上川

昭和30年代に全国の歌声カラオケ喫茶で歌われた「北上夜曲」

詞碑は作詞・作曲者の直筆によるものです。和田弘とマヒナスターズ&多摩幸子さんが

唄っていた・・・思い出します初恋ラブラブの名曲音譜ですね~

 

  

広大な小岩井の農場     私の大好きなラブラブ!小岩井農業の一本桜です

                   この日は一本桜は       満開時の一本桜▲

                残念しょぼんですが蕾でした4月23日  (写真画像お借りしました)

 

雄大な岩手山を背景に緑の大地に凛として立つ孤高の一本桜

明治40年代に植えられたエドヒガン この場所は夏の日差しから牛を守る「日陰樹」として

利用され桜の開花期には残雪の岩手山とのコントラストや夏から秋・・・

秋から冬へとの変化する風景が美しいと言われています

私もこの一本桜桜お気に入りラブラブですね~・・・では夕暮れ間もなく宿泊ホテルに向かいます

次回の秋田県武家屋敷の枝垂れ桜で有名な「角館(かくのだて)」でお逢いしましょうニコニコ