日本橋は五街道の起点であり「東海道名所図会」では「火の見櫓」下に庶民が遵守すべき

法令の「御高札場」があり嘗ては全国一の賑わいを見せていたという

「お江戸日本橋七つ立ち~音譜」と鼻歌でも出ながら七つ立ちの午前四時に出発と思いきや

今回参加のツアーは午前10時30分にエイエイオー叫びと掛け良く雨雨の日本橋を出発です

チョット古くて恐縮ですがお許しを・・・汗、汗アセアセ

2017年11月度の(東海道53次歩き 日本橋~品川宿偏で一部、画像編集しております) 

 

  

日本橋  生憎、雨雨の日でしたが元気よく「エイエイオー叫び」  本物は橋の中央に

                                        埋め込まれています

 

ガイドさんが日本橋の高札場の反対側(現在交番が建っている辺り)に罪人の晒し場があったという・・・あまり知らてはいないようですね~

 

  

京橋付近の交差点     江戸歌舞伎発祥の地     芝大神宮

 

江戸歌舞伎発祥の地: 寛永元年(1624)に猿若座(後の中村座)の猿若勘三郎が中橋南地

(京橋)で櫓を上げたのが始まりだという。

芝大神宮:大江戸の産土神(うぶすなかみ)として関東一円の庶民から信仰を集め

「関東のお伊勢さま」と慕われています。

  

国道沿いの高層ビルの林立する京橋・銀座・新橋の雨歩道を対向者の邪魔にならないように縦列に歩く・・・この街道の面影も高輪の大木戸跡の石垣だけで周りの

海岸線も埋め立てられているんですものね~(嘗ての街道筋に想いをうーん馳せる・・・)

 

  

増上寺(タワーが映える)                  江戸開城 西郷・勝 会見の地

 

   

高輪大木戸跡                          泉岳寺入口

高輪大木戸跡:江戸の南の入り口として、道幅6間(約10m)の旧東海道の両側に

石垣を築き、夜は通行止めとして、治安の維持と交通規制の機能を持っていた。

 

  

泉岳寺                嘗ての高輪の海岸線    高輪海岸の石垣石

赤穂の城主、浅野家の菩提寺                   

   

左側に品川駅を見て通る 第一京浜を南に歩くと八ッ山橋を跨ぐ 踏切を京急線が通る

            この八ッ山橋って日本初の跨線橋だそうです・・・

            橋には「屋つやまはし」と書いてありました。

 

ここの橋で映画に「ゴジラが出現場所ですと・・急にひらめき電球ガイドさんが言う」・・

昔の方は解るけど?・・時代が違うので・・皆さん??(まぁ~場所は解りますがシラー・・)

 

https://ameblo.jp/samurai-ukikusa/entry-12012224457.html?frm=theme

(以前に品川宿を投稿しましたので、ここでは割愛いたします)

 

京急線が通る踏切を渡ると品川宿に入ります

                  海岸線との段差(傾斜)が見られます  問答河岸の碑    土蔵相模跡

                               海鼠土蔵造だった旅館「相模屋」

 

    

現在の品川宿   品海公園にある品川宿の松(街道松)     品川宿

 

  

品川宿本陣跡入口の石碑   現在は聖蹟公園と命名されている品川宿本陣跡

 

品川宿の中央に位置していた本陣は東海道を行き来する参勤交代の諸大名や

公家、門跡(もんぜき)などの宿泊・休憩所として大いに賑わい

明治五年(1772)宿駅制度廃止後は警視庁病院などに利用されています。

(品川区教育員会 参照)

宿内の家屋は1,600軒、人口は7,000人東海道の表玄関として栄える

 

このツアーでの時間は日本橋10:30出発~品川宿本陣跡、終了時間16:30

歩行距離二里(約8㌔)食事込み歩行時間あし6時間でした。皆さんお疲れさまでした

次回も逢いましょうね~グッド! ニコニコ