土日連日稽古汗の熊谷場所です

弐段の昇段審査を控えるEさんとUさんの二人ですが

日曜日はU女おとめ座剣士だけが稽古参加・・・

Eさん仕事が忙しいからなのか?なかなか稽古参加できませんが大丈夫でしょうか?・・ね

        

桜よさこいポスター   当日出演プログラム

 

この日は水月の技を実践で斬ったり刀剣、突いたりドンッの稽古です

本身(真剣)でみぞおちを突いてもらいました・・・いろんな感想を聞きましたが

実際に藁巻でも突くと、この状態ですからえっ・・・違いを確認しましょう!

 

  

本身(真剣)で水月を突く稽古(巻き藁を突く)  巻き藁を外す剣士もいましたね~

 

次の稽古は昇段審査アップに向けてU女剣士を中心に段位の重点形をおさらいし

最後は、ランク別に模擬試合形式で対戦者の演武技を具体的に説明し

注意をしていきます・・・ちょうど参段の演武が終了した時ですひらめき電球・・・

 

  

三級者の演武     弐段(左)・初段(右)の演武    参段者の演武

 

道場入口にドアに影が動いていたので・・・また見学者目かなと思いドアを引くと

Yさんが何やらポスターとチラシを抱え小声で

「遅くなりましたが・・・熊谷桜よさこいのポスター・チラシを持参しました!」・・・と

ニッコリ笑顔でご挨拶、ご無沙汰しております・・・わざわざありがとうございますニコニコ

 

今年度も体育館前の荒川公園で開会式前のセレモニークラッカーで無外流を演武です

江戸(東京)は桜桜開花が3月23日頃と聞いていましたので

4月1日(日)ですとチョット遅いかな~・・・皆さん明日から演武稽古宜しくね~グッド!

 

  

無級・参級の演武    間合いの取り方稽古(1)  稽古(2)最後は首元に付ける

 

さて、稽古は初段たちの組太刀を伝えますが(指導)・・・どうもというのは

本庄土曜の稽古で組太刀稽古の時のお話です

 

  

本庄市の稽古場     後の先がなかなかできない  組太刀「北斗」技稽古

 

後の先がなかなか取れていないのが目について・・・何度も何度もパンチ!やり直しをさせる

二人で組太刀の形を打太刀と仕太刀に別れ、打太刀が袈裟斬りや真向斬りに

鞘を抜いて斬ってきます・・・(相手に先に仕掛けられて、それに応じた場合をいう)

仕立ちが「後の先(ごのせん)」で少しズレて鍔元近くに相手の刀を受け

正中線をとるが・・これが打太刀が抜くのと同じタイミングで抜いてしまいショック!

形にならないのでむっ・・・先ずこの「後の先」での稽古ですね~

 

  

組太刀「太白(たいはく)」稽古  居合形「夢想返し」の稽古  居合形「水月(すいげつ)」

 

相手(対敵)がいない独り居合形で稽古していると「後の先」もそうですが

間合い(まあい)」や「目付(めつけ)」が甘いからなんですパンチ!・・・

落語ではないが間合いの拍子が合わないと「間抜け(まぬけ)」になりますよ~ゲラゲラ

間(ま)って重要なのです・・・そこのところ宜しく~にひひ

 

仕立ちは斬りかかって来る(打太刀)の三見の目付を良く見てください・・・

対敵の両目①と拳(こぶし)②と剣尖③を良く見る目のです

そうすれば抜きかかってくる対敵の刀を受け止め正中線を取ることや

刀を鎬でかわすことが出来ます

 

そのためには最短最速で鞘引きと抜きが求められますが・・・

これは基本稽古で毎日していることです・・・明日から少しずつレベルを上げましょう~

鞘引き稽古は空間が一畳半あればどこでもできますよべーっだ!・・・

毎日、愛刀の柄を握ってもいいと思いますが・・・「宜しくね~にひひ