痩せる為には睡眠時間との関係性を知ろうぞ!! | ダイエット侍のブログ

ダイエット侍のブログ

皆の衆!!
拙者、ダイエット侍と申す!!

江戸時代からの古き良き日本文化を取り入れ
現代社会で、健康に暮らす情報を発信していくでござる。

何卒、宜しく頼むぞ。


テーマ:
皆の衆
亥の時、如何お過ごしでござろうか?

拙者はこの土日は共に8時間以上バッチリ寝た為、身体が逆にだるい位だったのだが、
実は、睡眠時間とダイエットの相関性が明らかになっておるのじゃ。


ワシントン大学の研究結果によると、
「睡眠時間が少ないほど遺伝子は体重を増加させようとし、睡眠時間が多いほど遺伝子は体重を減らそうとする」
との事だ。

具体的に双子を使った実験データによると、

双子のうち夜間の睡眠時間が長い方が、睡眠時間が短い方よりも肥満度指数(BMI)の数値が低い。睡眠時間が多い場合(9時間以上)はBMIの数値が低くなる一方、睡眠時間が少ない場合(7時間以下)は、肥満遺伝子がBMIの値を高くするようです。

(ちなみに、体重の変動に関して、睡眠時間が9時間以上の場合は遺伝的要因を受けるのが32%だけでしたが、7時間以下の場合は70%との事)。


コロンビア大学の調査によると、
7~9時間寝る人に比べて、

4時間以下しか眠らないヒト→73%も肥満になりやすい
5時間          →50%
6時間          →23%それぞれ太りやすいという


この結果は、睡眠時間が短い人では食欲を増進させる【グレリン】という物質が多く分泌され、
食欲を抑える【レプチン】という物質の分泌が少なくなる事が深く関わっているそうじゃ。

皆の衆も、是非「寝る事もダイエットの一環」と意識してたっぷり寝ようぞ!!



◆拙者の相棒


■第2の心臓「足裏」

ここ足裏の強化と合わせて、更なる平衡感覚を養いたいと感じ、
ある事を試しておるのが、これがすこぶる良い!!
       
足裏刺激+平衡感覚を養うでござる!!


これで疲労回復しつつ、平衡感覚を養い身体を整えれるのなら、まさに最高である!!
拙者も愛用しており間違いない!!


■身体の構造を変えてくれるこやつと合わせて是非お試しあれ!!

拙者は意識して健康グッズを活用し健康な身体を構築しているでござるよ!!
         
より良い快眠を!!










ダイエット侍さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス