トートタロットパスワーキングシリーズ
III The Empress エンプレス 女帝

マカバボディを作成してフールチャイルドとメーガスを召喚して
女帝の世界にパスワーキング(平行異次元旅行)

優しさと慈愛に満ちた女神様が待っていました。

女神
『よく来た。私はそなたの訪問を待ったおったぞ』

結路
『ぇえ そうなの? なんで?』

女神
『先日の太陽のパスワーキングで己の中の貞子を解放したであろう?
 それにより、そなたのアニマは今までより育ったのだ』

結路
『あ・・・はい
 男性にも女性のも男性性であるアニムスと女性性であるアニマを
 己の中にもっているものです。
 いままで、私の感受性や繊細で慈しみに満ちたアニマは封印してきて
 封印した事により貞子の様になってしまっていたのを開放しました』

女神
『それにより大きな変化がそなたに訪れる。
 今までそなたを好きになった女性達は
 皆そなたの貞子アニマに引き寄せられていた』

結路
『あ、はいそうですね・・・言われてみれば
 福地結路を皆愛してくれているのではなく
 現在幸せでない自分を福地結路に救ってもらいたい人が来ました
 それは愛ではなく、不幸な自分を助けてもらいたい人々でした。』

女神
『それはすなわちそなたのアニマの叫びぞ
 しかし今そなたのアニマは解放され成長した。
 そなたに引き寄せられる女性も変わってくるであろう』

結路
『ん!!っという事は。。。。
 引き寄せられる異性と言うものは
 自分の内面のアニマやアニムスが外界に働きかけて
 ミクロコスモスとマクロコスモスの法則で引き寄せていると言うこと?

 つまりは
 ドメスティック、ギャンブル、お酒におぼれる男性を引き寄せる女性は
 おのれの中のアニムスが引き寄せていると言うこと?

 っということは
 自分の中にあるアニマやアニムスと対話して育てて成長させれば
 理想の恋人を引き寄せると言うこと???』

女神
『そうだ、恋人と言うのはお互いの内面のアニマとアニムスが
 無意識によって綱がり互いに引き寄せられる。
 長年連れ添った夫婦がだんだん雰囲気まで似てくるのはそのせいだ』

結路
『( ゚д゚)ノ ハイ!シツモーン!
 既に恋人がいたり、結婚してしまった場合はどうするの?』

女神
『良い質問だ
 既に恋人や伴侶がいる場合でもアニマやアニムスを育てるのは重要
 パートナーの素行や言動に不満がある場合
 それはすなわち己の中のアニマやアニムスが相手に反映せれている。
 己の中のアニマやアニムスを育てれば、
 無意識を通じでパートナーの意識も変容していく。
 ただし・・・・
 その変容のシンクロに相手が拒絶反応を示した場合・・・
 お互いは分かれることになる・・・
 しかし、その場合はすぐにさらに素敵な理想の相手が出現するであろう』