2017年度色彩検定1級 文部科学大臣賞受賞久木田さんに聞く「1級受験の極意!」 | 色彩活用研究所のブログ

テーマ:

皆さんこんにちは。iro-laboの金子です。

GWも後半になりましたね。皆さん、連休をいかがお過ごしですか?
お仕事の方、ご苦労様です。
支える人がいてこそ、安全に豊かに連休を過ごせる事に感謝です。

 

さて、今回はGW特集としてスペシャルな企画です。
2017年度の色彩検定®1級部門で、iro-labo講座を受講された久木田和隆さんが文部科学大臣賞受賞を受賞されました。
※1
※1 色彩検定は、その年度の成績優秀・優秀団体の表彰があります

 

 

 

この文部科学大臣賞受賞は、まさに1級受験者の頂点という素晴らしい賞です。
本当におめでとうございます!

久木田さんは大きな目標をお持ちで、その実現のために必要な知識として色彩検定の学習をされました。
学習の経緯は基本独学ですが、その中でどのようにiro-laboと関わり。
※2
どの様に学習を進めていったのかを、これから学習される皆さんにコメントを頂きたいとご依頼したところ快諾を頂きました。
※2 久木田さんのiro-labo受講履歴は①1級説明会に来て下さった理由に記載がありますのでご参考ください。

 

内容は、これから1級受験される方々が、多分一番知りたいと思っている事柄です。
久木田さんは、学習への意欲・情熱を余すことなく誠意を持って綴ってくださいました。
その思いを、ノーカットで掲載させていただきます。

今年度1級を受験予定の皆さん、今後受験を目指す皆さんに、先駆者の言葉をお送りします。

どうぞ最後まで読んでくださいね(*^^)v

 

*************************

 

①1級説明会に来て下さった理由
もともと独学で勉強する予定だったのですが、たまたまホームページで説明会のことを知り、何か得るものがあればと思い参加しました。説明会当日に最も印象に残っているのは、2次試験会場のライティングが自宅のそれとは違う場合もあるという話です。実際の試験でその通りだったのですが、その話のおかげで自宅でのカラーワーク中にライトの色を変えてみたり工夫しながら演習していたので、本番では特に違和感なく解答することができました。また、講座の模擬試験は本番より難しめに作られているという話もあり、自分のスケジュールを鑑み、結果的に模擬試験(1次・2次)と過去問対策講座(2次)に参加しました。ちょうど1級の対策をこれから始めようとしていた8月末のタイミングでこの説明会に参加したのは僕にとって強みになったと思います。


②受験(合格)までの学習プロセス
初めての色彩検定の受験だったため、3級・2級・1級の全ての公式テキストに軽く目を通し、半年あれば1級受験も大丈夫だと判断し、「1級に合格する!」と決めました。2017年7月に3級、8月に2級の勉強を市販の問題集でひと通り終わらせ、大体の理解をしました。1級対策は9月頭から始めました。1日の勉強時間は平均して2~3時間です。

◎1次試験対策:
核になるのは下記のA→B→Cの流れになります。これを公式テキストの各章ごとに行いました。
A. 公式テキストをひと通り読んで大体の理解をする。

B. iro-laboの参考書「合格のカギシリーズ 色彩検定1級 公式テキスト対応 参考書」を読みながら、重要なポイントには線を引いたり重要語句にはチェックペンでマーカーを入れたり、自分のコメントを書きこんだりして理解を助ける。

C. iro-laboの問題集「合格のカギシリーズ 色彩検定1級1次 公式テキスト対応 問題集」を解く。間違った問題を中心に見直しを徹底的にやり、問題集の解説で理解できない場合、参考書や公式テキストに戻って100%の理解を目指す。

 

僕は公式テキストと参考書の内容をある程度理解したら、すぐに問題集を解き始めるようにしていました。どこが難しいのか・理解しにくいのか・暗記しづらいのかなどの弱点が明らかになり、その章の勉強が終わった後も立ち戻って復習がしやすくなり逆に効率的だと思います。ちょっとした時間があれば、その部分のチェックペンのマーカーにチェックシートを乗せて暗記をしていました(←かなり原始的な手法かもしれませんが)。

 

10月半ばで全章の学習を上記の流れで終えた後(問題集は物凄いボリュームです!1章につき3~4日のペースでやってもたっぷり1月半かかりました)、自分の苦手な章と間違えた問題すべてに関してもう一度A→B→Cのプロセスをたどりました。11月に入り、残りの2週間で過去8年分の過去問を解きました。ここでも不正解の問題に関するポイントは参考書と公式テキストで「徹底復習 & 把握理解 & 完全暗記」です。

 

◎2次試験対策:
本気の対策を始めたのは上記の1次試験の問題集をひと通り終えた10月半ばからでしたが、暗記物(慣用色名やその由来とPCCSの近似色、明度表)に関しては1次の勉強だけでは飽きてしまうので、9月から同時進行でちょこちょこやっていました。メインの教材はiro-laboの「合格のカギシリーズ 色彩検定1級2次 公式テキスト対応 問題集」です。これを解くことによって色彩検定で出題される配色理論やパターンは完全に身につきました。また、カラーカードの記号番号と自分がイメージする色みを一致させる精度もかなり高まりました。あとは実践的な問題を解いて出題形式に慣れるために、iro-laboの問題集に加えて、もう一冊すでに廃版になっている問題集を中古でわざわざ購入し、解き慣れる事に万全を期しました。12月に入り本番前の2週間は1次試験同様、過去問を8年分です。以下、2次対策する中で気づいたポイントをいくつか書いてみます。

 

カラーワーク:切り貼りには慣れてきてもかなり時間がかかるので、僕の場合は少しでもテキパキ素早くでき、間違った際の貼り直しにも手間がかからないように、トンボの「Pit-Tack:付箋を作れるテープのり(あとでキレイに剥がせるタイプ)」を使っていました。カラーワークを進める上で様々なタイプの糊を試し、自分の使いやすいものを見つける事が効率アップに繋がると思います。

 

慣用色名のPCCSでの近似色の暗記:必ず出ると分かっているので、慣用色名の由来と共に早くから覚え始めたほうが良いです。この際、各慣用色名が指し示す色みにはある程度の幅がありますが、僕は同じような色みの傾向があるもの(近似値が似ているもの)をまとめたり対にしたりして暗記していました。例えば、「ターコイズ・浅葱はb16あたり」、「シャトルーズ・萌黄はb10あたり」、「山吹・鬱金はv7あたり」、「刈安・ネープルスはlt8+あたり」、「栗・鳶・弁柄・海老・煉瓦はdk4あたり」、「ゴールデン・柑子はb6あたり」など、こういった組み合わせは他にもたくさん見つけられます。その上で、もし近似色を問う問題の選択肢に自分の暗記した近似色がなくても、その付近の色を確実に選べるように、慣用色名の色みの幅を意識した柔軟な理解も大切だと思います。


PCCSの明度表の暗記:ここ数年は特にその必要性は無いと、後から過去問を解いて初めて気づいたのですが、僕はネットの情報で「明度表の暗記は必須」と思い込んで早いうちに暗記していました。今でも明度表の助けがあった方が、より確実に速く解ける問題も出題されることがあるので、本番試験の時間的なプレッシャーを考えると個人的には有用だったと感じます。明度表を覚えるのは難しそうに思うかもしれませんが、表の中に一定の法則性とその法則が途切れるポイントがあるので、それさえ把握すると意外に簡単に覚えられます。余裕のある方はトライしてみてください。

 

過去問の重要性:1次試験にも言えることですが、過去問を解いてみて、毎年または3〜4年の周期で同じような問題が繰り返し出題されていることに気づきました。この意味においても、また本試験の出題に慣れるためにも、過去数年分の過去問をやっておくほうが良い結果につながりやすいと思います。残念ながら販売が終了し、正規価格で入手困難な年度もありますが、何とか手に入れて解いておく価値はあると思います。


③iro-labo作成のテキストや、受講された講座で役に立った部分
「問題集・模擬試験が本番試験より難度が高くつくられている」というのが、僕が何よりも素晴らしいと思った部分です。iro-laboの問題集の難度に慣れてしまえば、たいへんおこがましい言い方かもしれませんが、過去問や本番試験が「簡単」と感じます。また、1次・2次の模擬試験共に、難度が高いにもかかわらず合格ライン70%を超える点数を取ることができたのですが、これが本番に向けて非常に大きな自信になりました。残り2週間の勉強する上で、さらなるスイッチが入るキッカケにもなりました。

 

「参考書が箇条書きでまとまっている」のも僕にとってはありがたかったです。公式テキストは全て文章で述べられていますが、iro-laboの参考書はそれが箇条書きでコンパクトにまとめられているので、内容や用語を暗記する上で非常に重宝しました。理解に多くの図表が不可欠な章もあるので公式テキストは手放せませんが、一度学習した後の復習や暗記チェックには、この参考書をフル活用させていただきました。

 

「独学100%では気づけなかったアドバイス」を先生方からいただけました。例えば、vividトーンの記号v(小文字)をV(大文字)で書くと減点の対象になることがあるかもしれないなどは非常に些細なことですが、僕ひとりでの学習では想定外だった思います。また色彩調和論に関して、参考書と問題集を自分で学習しているだけでは読み解けなかったある種の大切な法則を、先生の解説の中で気づくことができました。ある程度は理解していても、その上で他の人の話を聞くことで思いついたり、閃いたりすることが講座中に多々ありました。

 

④これから1級を目指す方たちへのアドバイス
対策を始めるのは早ければ早いほどよいです。1級対策は僕の場合9月から始めましたが、ゲーム感覚の楽しい気分でやってはいたものの、時間的な余裕は全く感じませんでした。精神的なゆとりを持って合格を目指したい方は時期を待たず、すぐにやり始めた方がよいでしょう。

 

また、合格を目標にした場合、「何をどれだけ理解しているかより、何を理解していないかを把握している方が重要」だと思います。自分はどこが苦手なのか・暗記できていないのか・難しく感じているのか、を明らかにして、その部分をどんどんやっつけて減らして行きましょう。

 

そして是非デスクワークだけでなく、日常生活のあらゆるシーンを配色トレーニングの場に変えてみてください。例えば、「このレストランの天井と壁は補色色相配色なのにごく淡いペールトーンで違和感まったく無くお洒落だな」とか、「デザートのアイスクリームは2種選べるのでフォカマイユ配色にしてみよう」とか、「この広告写真の3人のタレントさんの服、ヴィヴィッドの同一トーンで色相はスプリットコンプリメンタリーだな」とか、「お気に入りのグリーンのライダースジャケット、部分的に色に味が出てきて微妙にナチュラル配色かな」とか、「このサッカーチームのユニフォーム、いつも芝の色と対照色相配色で『美度』が高いな」とか、「この楽曲のプロモーションビデオは寒色と紫系の中性色だけを使って凄く綺麗に創りあげられているな」など、自分がやっていたことを書き出すとキリが無いのですが、この世に色の無いものは存在しません。今、皆さんの目の前にあるものでも2次試験対策がいくらでもできると思います。

 

最後に、「自分が大好きな色彩や配色がある。だからそれを使って、表現したい・人に教えたい・伝えたい・提案したい。」こういったことは1級合格を目指している方なら誰でもお持ちだと思います。僕は色彩検定の勉強を始める前は、これらは感覚の産物でしかありませんでした。しかし、今は自分の理想とするカラーコーディネーションがどういったものなのか、なぜ良いのかを自分で解釈し、人に納得させる自信が湧いています。これを将来的に自分自身の事業に活かしていきたいと、ちょうど具体的な計画をしているところです。

 

色彩科学や配色理論を学ぶことは、自分の感性が想う色のルーツを論理的に紐解き、未来につむぎあげる旅のようなものだと感じます。そして、それはとてもワクワクする作業です。是非、必死に頑張るのではなく精一杯こころから楽しんで勉強してみてください。きっと最高の結果を引き寄せられますよ! 合格にとどまらず、人生までも!

 

色彩活用研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス