2013年夏は、帰国便の前日に空港のホテルで前泊する前に、知多半島の日間賀島晴れで一泊しました。


お目当ては、どくとるくまさんのブログで紹介されていた民宿庄次郎→どくとるくまさんのブログ記事へとびます。

前回4月の帰国の時に空港から海を見て「ああ、せっかく日本まで来たのだから、もっと海の近くに行きたかったな」と思ったのと、新鮮なお魚を食べたかったこと、そして、どくとるくまさんご推薦の民宿なら間違いない、小さい子連れでも安心だ、と思ったので、初めて日間賀島に行きました。空港から日間賀島は電車を使うと1時間半くらいで至近ではないのですが、この宿がくまさんのオススメであることと、私にとって名鉄の始発駅である新鵜沼駅から最寄り駅までは直通なことと、日間賀島がセントレア方面であることと、母が一緒に行けることで、はなこさんがいて多少不安でもがんばって出かけよう!と思うことができました。


はい、もちろんすごく良い滞在になりました≧(´▽`)≦
宿の雰囲気は暖かいし、お食事はおいしいし、はなこさんも畳のお部屋でひとりで歩きたい放題だし、すべてがちょうどいい加減。自宅以外で泊まることの不便さ(例えば「このタイミングで使えるタオルがほしい」とか、いろんな些細なこと)がまるでなくて、宿のご主人夫妻のお人柄に心もあたたまり(←どくとるくまさんの表現をそのまま使用しています(笑))、次回も絶対ここにお世話になろう、と決めました。


お食事:
まずはお刺身!(2人前)
h2

焼き魚も新鮮だとひと味違う!
h3

日間賀島名物のタコ!
はさみで自分で切らせてもらえます。きめが細かくてモッチ~リしてました。そんな食感の茹でタコは初めて食べたので、忘れられません。さすが名物。
h4

〆はタコ飯!
h5

朝ご飯!
h6




お外で:
名物のタコに歓迎してもらいました。
日本ならエビスも飲めるぜ!
h8

波とたわむれるはなこさん。これができて、私が嬉しい!!!
h1

場所はともかく、歩く歩く、歩き始めのはなこさん。
h7



1泊で子連れだったので、フェリー着き場=お宿=ビーチ、の3角地帯(それぞれ徒歩3分くらい)を行ったり来たりしていただけだったのですが、私の母と3人で行った今回はそれで大満足でした。宿からビーチは近いからほぼ手ぶらで水着で行けるし、その間にお土産屋さんやカフェなんかがあって缶ビールやつまみも買えるし、全然不自由なし。子供が大きくなったら島巡りしたいです。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
これで、2013年帰国の旅、夏編は終了します。
もう10ヶ月くらい経ってしまいましたが、普段はあまり仲良くできない母と私も一緒に楽しく過ごした日間賀島での時間だったので、どうしても書きたかったのです。

簡単な記事ですが、イルドレ旅行記に引き続き、これにどくとるくまさんへのラブレターの意味も込めました。これからもブログを通して、たくさんの方と経験を共有できたらと思います。