旧暦の七夕です。 | 綴日記

綴日記

雑記ブログです。

暑いですねー。

こんな日はスイカが目にとまっちゃいます。

綴日記

この浮世絵は葛飾北斎の「西瓜図」です。

主人が北斎の面白い絵をネットで見つけたよと見せてくれまして、「なんで皮を干してるんだろうね?」「漬物にでもするんじゃないの?」なんて言ってました。


ところがその何週間か後、NHKで解説されてました。

この絵は七夕祭りを表してるらしいです(ホント?)。
綴日記

こちらは酒井抱一の「七夕図」。

七夕祭りの原型である乞巧奠(キコウデン)という裁縫の上達を願う祭りのしつらえだそうな。


5色の糸は供物、水を張ったツノダライに浮かべられた梶の葉(歌を書いて星に捧げる)は天の川を渡る船の舵に掛けられているそうな。

これを「西瓜図」に重ねると縄にかけられた紅白の皮(宮中でのしつらえは紅白だとか)、七夕に食されたスイカ=水瓜とその上の突き出た包丁の柄でツノダライを指し、スイカの上の和紙の原料は梶、ということらしい。


ただの不思議なスイカの絵だと思ってたらこんなに深かったのね。