コラボ企画第二弾『M探偵・明茶マピ郎の事件簿』 第5話  | マンガが好きすぎて
2010-11-09 10:28:36

コラボ企画第二弾『M探偵・明茶マピ郎の事件簿』 第5話 

テーマ:企画モノ

こんにちは、さま’zです

今回は、僕が以前参加していたサイトの方々と協力し、リレー小説を書く企画の

第二弾がやってまいりました!

もし機会がありましたら、お読みになって下さい!


==========================================================


『M探偵・明茶マピ郎の事件簿』 


第0話「プロローグ」(スんず区)

第1話「You've Got Mail」(pon)

第2話「マグレ男の受難」(ファンキーガッツマン)

第3話「異次元よりの使者」(おきゃんT)

第4話「ナレーション口調でつっこんで」(マッピー)


これまでのあらすじ


M探偵・明茶マピ郎は美人助手を従える有能な探偵だったのだ!

警察から協力を要請された今回の事件。被害者はイボンヌ=大老。

しかし、マピ郎は頭を悩ませていた・・・。

彼の推理力は人並み程度。M探偵の「M」はマグレのMだったのだ。

そして、そんな彼の元にやってくる異次元からの使者おきゃん。

事件の犯人の出頭の知らせ。マピ郎をとりまく環境が物凄いスピードで加速していく。

新感覚SF推理官能小説。君達はこのスピードについて来れるだろうか?



==========================================================


第5話


「ねぇねぇ昨日のマピ郎見た?」

「見た見た。なんか中途半端に終わっちゃったよね」

「あ~もう来週が気になるわ!」

電車内で響き渡る女子高生達の甲高くうるさい喋り声。

サラリーマンはゴホンと咳払いし、音楽プレイヤーを聴いてる者は自然と

ボリュームを上げて行く。


「でさ、お姉ちゃんに聞いたんだけどね、この町にマピ郎のモデルがいるんだって!」

「うっそー!マピ郎にモデルが居たの?

あんなマグレ探偵居たら商売として成り立たないでしょ(笑)」


※※


人口3万人と市としては規模が小さい惚毛手市。駅前の商店街は寂れ、

シャッター街と化している。そんなシャッター街にポツンと看板を抱える「M探偵事務所」。

仕事は主に隣の突込市の市民から依頼を受けるぐらいで、惚毛手市の市民からはあまり

依頼を受けることはなかった。

ボサボサの髪で無精髭を生やした男が、M探偵事務所の鍵を開ける。

男はソファに座りタバコをふかすと、TVにスイッチを入れる。


「17時から発揮ってグロンサンの高田純次かよ」

TVから聞こえてくるのは、男をモデルにしたというドラマの音声。

男は、すぐチャンネルを変えるとソファに寝転がる。

「今日も依頼は無しか。東京であんな事さえ無ければ地元に戻ってくる必要も無かったのにな」

男は、口から吐き出される煙を見ながら遠くを見つめていた。


コンコン


探偵事務所のドアを叩く音がする。

男はいつの間にか居眠りをしてしまっていた様だ。男は鏡を見て、髪の毛をササッと手で整え

服装をキチッとした所で、事務所のドアを開ける。

「はい、どうぞ」

精一杯の笑顔を見せる男。しかし、彼の笑顔は汚いと言う依頼者の声が後を絶たない。

「あの・・・突然ですみません・・・。マピ郎さんですよね・・・」

其処にはすらーっとした細身の綺麗な女性が立っていた。

男は思わずゴクッと唾を飲む。


「い、いや、俺はマピ郎じゃないですよ・・・。人違いじゃないですか・・・」

男はドアを閉めようとドアノブを掴む。其処へ女性が男の腕を掴む。

思わず男はドキッとする。徐々に顔は赤くなり、耐え切れなくなった男はドアノブから手を放す。


「私の事覚えてませんか・・・・?と言っても20年ぶりですからね・・・」

女は古ぼけた集合写真を男に見せる。それを男は受け取るとマジマジと写真を見つめる。

「9歳までこの町に住んでて・・マピ郎君とはよく遊んでたんだけど(笑)」

「も・・・もしかして・・・恩田サライ ちゃん・・・?お父さんがイギリス人の・・・?」

「そうよ!やっと思い出してくれた!(笑)久しぶりね!」

サライはマピ郎に抱きつく。マピ郎は突然の抱擁に驚きを隠せない。

ハーフと言う事もあるだろうが、あまりにも綺麗になっている。

マピ郎はそんな彼女にときめいてしまう。


「マピ郎くん・・・私、貴方の噂聞いてたわ。探偵になった事。東京で数々の事件を解決した事。

そして、それが小説になり、ドラマ化もした事。そして、貴方が地元に戻ってきた理由もね・・・」

「流石、小さい町だな・・噂はもうそんなに巡ってるのか・・・」

マピ郎の言葉を最後に2人とも黙り込む。事務所に重い空気が流れ始める。


「あ、あの!サライちゃんは、なんで・・今更ここに来たんだい?」

「マピ郎くん・・・実は貴方の力が借りたくてここに来たの・・・これを見て・・・」

サライの胸元から出される手帳の様な物。彼女はそれを開くと、そこには彼女の写真と

警視庁と言う文字が入った所謂、警察手帳をマピ郎に見せた。

「そう、私は今、刑事をやってるの・・・。そして、この地域の署に配属された訳。

そして、町で事件の聞き込みをしてる内にある噂が耳に入ったの。そう、それは貴方の存在」


「で、俺に何しろって言うんだ。もうハッキリ言えば俺にはもう能力が無いんだ!!」

「能力?貴方が持っていた『マグレ』と言う特殊能力よね?」

「ああ、その能力を失った事も知らずに、警察の協力要請である事件に参加した。

能力が無ければただの能無し探偵だからな・・・。そして、「アレ」が起きた・・・」

マピ郎は何かを思い出すと体中が震え始めた。


「ねぇ、マピ郎くん・・・貴方、この町に帰ってきて何年目?なんか事件を解決した?」

優しく肩にポンと手を置くサライ。

「ああ、浮気調査や、ネコ探し・・小さな依頼だけどな・・・マグレかどうか知らないが

全部一応解決はしているよ・・・・」

「そうよね、貴方のマグレは無くなっていない。私が、何故この地域に配属されたか?

それは貴方の「マグレ」が私を引き寄せたの。いいや、それだけでは無いのかもしれないわね」

サライが一呼吸置くと意を決したかのように話し出す。


「貴方が持っている能力は『マグレ』。そして、私の能力は『引力』。これはターゲットと認識した人物に

近づくことが出来るの。だけど、それはあくまでも『近づく』だけね。決して捕まえたりする事は出来ない。

だから、ここに貴方の『マグレ』が追加されればさらに協力になると思うの・・・・」

「おい、どういう事だってよ!!」

マピ郎は机をバンッと叩く。

「つまり、超能力みたいなモノよね。マグレもその部類に実は入ってるの。そこまでは解るわよね?」

マピ郎は大きく頷く。


「そして、この町にその「特殊能力」を持った人々が何故か急に増えているの。

勿論、普通は気づかないで『偶然にもこんな事あるんだねぇ』ぐらいですむんだけど、

その能力に気づく人物も出てくるわけ」

「俺みたいに・・・か・・・・」

「マピ郎くんみたいに正義の為に使ってくれればいいんだけど、悪用する人も出てくるわ。

そんな奴らを取り締まるために是非協力して欲しいの!」

サライはマピ郎の手を握る。マピ郎は先ほどとは違い顔は赤くならず、何かを考えている。


「少し考えさせてくれないか・・・」

「解ったわ。よい返事を期待してるわ・・・・。ここに連絡頂戴ね」

サライは名刺を机の上に置くと事務所を去った。


「いるんだろ・・・おきゃん・・・・」

「中々の美人だったわね。でもアタシには敵わないかなぁ(笑)」

事務所の奥からすーっと顔を出すおきゃん。

「最後の事件覚えているか・・・イボンヌ=大老殺人事件・・・。俺はあの時の過ちを取り戻す事が

出来るのか?それとも・・・・」

「やってみなきゃ解らないじゃん。マピ郎の能力とアタシの能力。そして、美人刑事の能力。

後・・・あの2人の能力があれば、なんだって解決出来るわよ!」

おきゃんはエイエイオーと掛け声を上げ、能天気にマピ郎に話しかける。


「guppyとトットリーノか・・・どんな状況もエロいハプニングに変えてしまう二人の能力・・・」

マピ郎は携帯電話のメモリーを検索すると発信ボタンを押す。


トゥルル・・・トゥルル・・・


「そういう訳だ・・・うん・・そうだ・・・解った。場所は後でメールで送る」

「連絡は取れたの?」

おきゃんがマピ郎の顔を覗き込む。

「ああ、明日にはこちらに来てくれるらしい。早くしないとこのままでは・・」

「そうね、早くしないと能力者は増える一方だよ。今も何処かで誕生してるかもね・・・」

おきゃんは意味深な笑みを浮かべる。


※※


「おい、またバグったじゃねーかよー!」

ゲームをしながら、怒りの声をあげる少年。

「チッ、この間はPCもバグるし・・カラオケの機械もバグるし・・・なんかついてねーよなぁ」

最近、電子機械に触れるたび度々バグが起きる事に少年はイライラしていた。

イライラしてると同時にある事に気づいた。

もしかして、俺が触ると全ての物がバグる・・・・。


彼は学校のPCに触れると案の定バグった。

学校のサーバーに繋いである教師達のPCすらもバグり、中間テストの開催が遅れるという

前代未聞の事件も起きた。


「おい・・・これはひょっとして・・・・」

少年は「この能力」に気づいてしまったのだ。


「と言うわけで・・中間テストの日にちは未定だ・・・。もしかしたら無いかもしれんな(笑)

やったー!やりぃ!などと教室から騒ぎ声が聞こえる。

少年は自分がやった。そんな優越感に浸っていた。

「おい、溝口!溝口マルオ!今日ゲーセン行こうぜ!」

少年の席の隣のクラスメイトが話しかけてくる。

「いや・・・俺は今日はいいや(笑)ちょっと眠たいし」

少年はワザとらしくアクビをし、クラスメイトを追い払う。


「なんか、溝丸さ、最近つれねーんだよな」

「溝丸って誰だよ」

「ああ、溝口マルオね、小学時代からのヤツはみんな略して溝丸って呼んでるぜ」

クラスメイトの声が遠くから聞こえる。


溝丸はそんなクラスメイトがとても幼く見えた。

だって、自分にはこの「能力」があるからだ・・・・。

この能力を使いこなせば、僕には何だって出来る!


「おーい、溝口、お客さんだ。刑事さんらしいけど、お前なんか・・したのか?」

教師が溝丸にちょっと来いと手招きをする。

ドキッ!となるが、悪い事は何もしていない。そして、バレるはずが無いからだ。

「わ、わかりました・・・・」

溝丸は教室を出て、使われていない教室へ向かった。

そこには、女性が3人、男性が一人、溝丸を待ち構えていた。


「貴方が溝口マルオ君ね。大丈夫、質問に答えて欲しいだけ」



次へ(おもろなりたい。by クッタス)


==========================================================


はい、と言う訳で第5話完了しました~!!

順番的にも早い方だったので、もう好きにやらせて頂きましたよ!w

残り話数も多いので、今回は一旦マピ郎に「未来」に行ってもらい

そして、マグレと言うのは「能力」の一種である、と言う事に重点を置いて書かせて頂きました!

ちょっとあまりにも好き勝手やりすぎたので当初の推理モノとは全然違った

話になっちゃったのが・・・・!うん、でもいいか!w


と言う訳で、次はクッタスさんです!

あらかじめ考えていたネタあるかもしれませんが・・・全てぶち壊しの5話だったので

次が大変かと思いますが、よろしくお願いします!w

さま’zさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス