わたしよ、わたし サマンサ!

わたしよ、わたし サマンサ!

職業は「古屋サマンサ」

人がなんとなく心の奥で感じていることを
歯に絹着せぬ言葉で、バッサリ斬る

それがサマンサ流愛のぶった斬り

す昨日はzoomで

 

「不登校の子供のキモチ

わかりますか?」

 

お話会を開催!!





 



23歳もりもりちゃんの

壮絶人生に

何度も涙ぐんでしまった

 


古屋サマンサです

古屋サマンサって何者?

 

 

image

 

 

 

不登校の定義って

知ってるかしら?

 

文部科学省では

 

年間30日以上

欠席したものの内

病気や経済的理由に

よるものを除いたもの

 

と定義しているのよ

 

 

もりもりちゃんは

中学に入学してすぐに

イジられキャラとなって

いじめられるように

なったの

 

 

image

 

 

それがきっかけとなって

ついに耐えきれなくなり

そして中学1年の秋から

不登校に。。。。

 

詳しくはこちらを

読んでね

 

 

 

 

やっぱり文章を読むのと

本人の口から聞くのとでは

大違いで、、、

 

 

「もりもりちゃん

今までどんなに辛くても

生きていてくれて

ありがとう

そして、今日話を

聞かせてくれてありがとう」

 

「こんなに一生懸命

生きている人がいる、

というのがおばちゃんたちの

励みになった

しっかりしろよと

言われた気分」

 

 

そんな風に感じた

参加者の方が

多かったみたい

 

 

 

早速、参加者の方から

ご感想をもらったので

紹介するわね

 

 

 

・お話会で感じたことなど

教えて下さい

 

もりもりちゃんが、

収録後の最後の

質疑応答の部分で

参加者の教員の方の

質問に対し

 

「いじめる子はいい子です。

学校で先生に

見せている顔とは

全然違います。

いい子だから、どうすれば

隠せるかも知っています。

どうか、気づいてあげてください

(というような

内容だったかと思います)」

 

と答えていたのが

とても心に沁みました。

実際の学校現場はこんな感じ

なのだろう…と思うと、

もどかしくて仕方ありません。

 

昔好きでよく見ていた

「金八先生」のようなことが

実際の学校現場でも

起こっているのだ…と、

憤りさえ感じます。

 

そして、録画終了後の

サマンサさんの言葉が

とても印象的でした。

 

「そもそも、いじめや

不登校を防ぐ必要があるのか」

 

「どんなに防ごうとしても、

いじめや不登校は必ず起きる」

 

「大切なのは、

起こった時にどうするか」

 

「何が正しいではない。

色々な見方がある。

それぞれの立場で

歩み寄ることが必要」

 

全てに納得です。

そして、

 

「防ごうとする

風潮になっているのは

親が色々言ってくるから」

 

という言葉、本当に

そうだと思います。

 

防ごうとすればするほど、

いじめの事実は

水面下に隠れてしまうと

感じます。

 

いじめも不登校も

無くすことは難しいですよね。

 

〇子どもの変化に気づける

観察力を大人が磨くこと

 

〇いじめや不登校の事実に

直面した時は、とにかく

両方の話を聴くこと。

我が子の場合は、とにかく全

面的に我が子をまずは

否定せずに信じ、

話を聴くことに

尽きると思います。

仮にいじめた側であっても…です

そこからがスタートだと

感じました。

 

 

・ビデオ視聴をオススメしたい人は?

我が子や、NPO法人の仲間

 

 

・もりもりちゃんとサマンサへ一言

 

【もりもりちゃんへ】

もりもりちゃん、

ご自身の辛かった体験を

話して下さり、本当に

ありがとうございました。

 

思い出すのも辛かったのでは

ないかと思います。

もりもりちゃんの勇気に

心から感謝します。

 

きっと心が救われたり、

励みになる人がいると

確信しました。

 

お話会への参加は、ご自分で

お決めになったこととはいえ

初めてのことですし、

心身お疲れになった

ことと思います。

どうか心身よーく

休ませてあげてくださいね。

 

【サマンサさんへ】

貴重な機会を

ありがとうございました。

動画配信希望の申し込みも

させていただきますね。

もりもりちゃんに話しかける

サマンサンさんが優しくて

惚れ直しました♡

 

(40代、さちよさん)

 

 

さちよさん、

ご感想、ありがとう

 

 

 

録画終了後に

現役の小学校の

先生からいただいた

 

「不登校を防ぐために

教師ができることは

なんでしょうか?」

 

「イジメを防ぐために

教師ができることは

なんでしょうか?」

 

 

という質問は

とてもいい質問で

いろいろなことを

考えさせられたわ

 

 

イジメも不登校も

良くないことだから

未然に防ぐことが

なによりも大切

 

というのが学校の方針

なんだなあと。。。

 

 

それに対してわたしは

ちょっと「違和感」を

感じたのね

 

 

わたしが感じたことに

ついては、昨夜の

スタエフで語っているので

聴いてもらいたいなあ

 

 

 

こんな質問にも

答えてもらいました









動画視聴のお申込みを

沢山頂いています

 

録画視聴は

3,900円です

 

ご希望の方は

こちらから

お申込みください

 

image

 

 



ごくごく普通の

派遣社員から

40歳半ばを過ぎて

全国を飛び回る

セミナー講師へとなったのは

「どーせ無理」という

「心のブロック」を

解除したお陰

 

 

 

わたしだけじゃなく

たった1年〜2年で

ここまで人生が変わった

彼女たちのストーリーも

見てね♪

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

毎日聴くだけで

心のブロックが

解除されると評判の

サマンサのstand.fm

 

アプリを入れると

聞き逃しません

 

 

image

 

▶︎通常講座、個人セッション・

 問い合わせ等

 こちらをクリッククリック

 


▶︎ブログより面白いと
 評判なFacebook
 こちらをクリッククリック

 

 

▶︎ブログには書けない内容も

 赤裸々に書き連ねている

 サマンサメルマガはこちら