坪単価-2

テーマ:
ではこの法床面積と、施工床面積とは何がちがうのでしょうか?
法床面積とは、住戸などの専有面積に中廊下、中階段、屋内駐車、駐輪場などを足したものになります。
これに対して施工床面積は、法床面積にバルコニーや外階段、外廊下等の面積を足したものになるので、法床面積より大きくなります。
例えば同じ建物でも法床面積は200坪、施工床面積は230坪となるわけです。
この建物価格が16000万円だとすると、法床面積の坪単価は80万円、施工床面積の坪単価は69万円となります。ここで、「うちなら、この建物は坪70万円切きることができますよ!」と言われると、かなり安いという感覚になりますよね。そこが狙いなのです。
一般的に坪単価は法床面積当たりで換算しますが、意図的にこの「施工床面積」を用いる業者も少なくありません。

続く