坪単価-1

テーマ:

私は建築設計の仕事をしていますが、お客様に建物のプランやパースをお見せした時に、「この建物は坪いくらでできるの?」と聞かれます。

また、様々な話のながれで「最近のマンションの坪単価はいくらくらい?」という質問もいただきます。

建物価格は大変重要なので価格が気になるのは当然です。

しかし、この「坪単価」には色々な解釈、思惑?があり、非常にややこしく、あいまいにしておくと、後々「話が違う!」と問題になるケースも少なくありません。


そこで今回はこのやっかいな「坪単価」について書きたいと思います。

まずは基本ですが、坪単価=建物価格÷面積(坪)です。


単純ですね。ではなぜ問題になるかというと、まず一つ目に、この「面積」のとらえ方によって「坪単価」が大きく変わるのです。



この「面積」は一般的には法延床面積です。これで全業者が統一してくれれば何も問題はありません。


しかし、業者のなかには坪単価を低く見せる為にこの「面積」を施工床面積で計算するところもあるので注意が必要なのです。


続く