KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

ウインドサーファーとして夢見ていたハワイでの長期滞在
KIKIの誕生で思わぬきっかけが舞い降りてきました
米国の教育を受けさせることを心に決め、移住に向けて
始動
家族、仕事、療育・・乗り越えなくてはならない障壁は
多くその試行錯誤を綴っていきます


テーマ:

KIKIの学校の情報

いろいろ集まってきました

クオリファイのプロセスはちょっと複雑


できることから始めます


まずは、ママが先日、突撃したカアフマヌエメンタリースクール

ヘッドスタートプログラムもありますが、まずはこの学区に通うかどうかは別として、入学の手続きの第一歩は


Request for Evaluation(評価申請)の申込書








評価申請と書きましたが、審査申請という意味合いが近いかな


ハワイ州の教育および教育関連サービスの提供を受けたい時に始めに出す書類です

プレスクールのハワイ州優先プログラムのために出す書類なのかもしれません


主な項目は


保護者の情報、申請者の情報

子供について気になる点の情報


つづいて、プレスクール対象の子供についての質問


子供の出来ること

気になる点や治療、小児科医との連携のこと


入学登録の項目として


生徒情報

プレスクール経験

母国語

人種・民族の情報(回答を拒絶してもよい)

保護者の情報

緊急連絡先(保護者以外)の情報

・・・



学校で必要な英語の勉強になります


名前を呼ぶと反応するか?

両足でジャンプできるか?


いろいろな質問がありましたが ママとパパでは 答えが違っていました

パパは贔屓目(ひいきめ)に見てしまっているのかもしれません






 

スペシャルニーズについても聞かれていますが、かなり大雑把

インタビューがあるのだと思います


友人のタラは、スチューデントサービスコーディネーター

カアフマヌスクールのプログラムについて詳しく教えてくれます


Head Start の担当者なの、と聞いたら、Head Startは政府のプログラム、少し要求条件も違うよ という答え


それでも漸く教育サービスについての情報を提供してくれる方々と繋がりました


1歳のダウン症のお嬢ちゃんのいるAmyさんからも詳しい情報を送ってもらえました

どちらもスペシャルエデュケーションのことをお聞きすることの出来る心強い存在です





 



次に取り掛からなくてはならないのが、こちら

Head Startのアプリケーションです


さあ、と思って記入し始めた途端に頓挫

医療保険の加入情報が必要でした


学校のことと並び、気にかかっているのがアメリカでの医療保険のjこと

海外旅行保険は180日まで担保してくれますが、それ以上国外にいる場合は対象外となります


KIKIもママもホノルルにいたとしても、まだ パパの健康保険が医療費はカバーしてくれます


でも一方で オバマケアによって医療保険付保が義務化されました

こちらもそうのんびりしていられません



KIKIは 障がい者や65歳以上のシニアが加入できる Med-Questの対象になるはずです

これも急がないと Head Startのアプリケーションの記入が出来ないということが分かりました


学校と医療保険が絡み合っています

ここを乗越えれば、KIKIに安心してもらえる環境を届けることが出来ます


書類との格闘

まだまだ続きます










KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ  ← これも ポチっとしてね






↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです




にほんブログ村




読者登録していただけると励みになります

どうぞよろしくお願いします音譜


読者登録してね

みんなありがとう 読者が400名を超えましたクラッカー





ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

KIKIPAPAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。