2018 H-1 牛久沼 プラクティス | サラリーマン釣り師

サラリーマン釣り師

好き勝手な事を書きますが、
個人の戯れ言と思って下さい。
釣り場で会ったら声かけてね。


テーマ:
さて、プラクティスの様子から

前の週のたまやボートさんの大会を含めてプラクティスに入りました。


それと、吉乃屋さんからも出船してました。
おじさんもおばさんも気さくな方で、良い御夫婦ですね(笑)
食堂も自販機も併設されていますよ。

今年は、大会以外で牛久沼に浮かぶことも少なくフィールドの状況が掴めていませんでした。

ただ、釣果にムラがある事や公開されている写真(魚体)に法則性がある?とも感じていました。

今年は、冬が寒く水温低下が長く厳しかった。
春も天候が良い日が少なく、例年より水温が高くない。

雨や風があるとアウトサイドでスローにすると釣れるが痩せて傷だらけ
葦の壁やガマの奥は、ブリブリの豚バス
奥の魚は、元気な反面動き回っているようで、絞りきれない。
つまり、ゆっくりやるとアフターぽい魚が今でも釣れてる?
んな感じを掴んではいました。

実際に今月釣った沢山のバスも共通したコンディションでした。

これが、確信に繋がったのは、前日のプラでスポーニングベットにオスがいた事です。
連日の雨でシャローがクリアアップされて、牛久沼でも魚が見えたのです。
残念ながら、このお魚は試合当日は釣られてしまったのか、ベットを残して不在でした。

ちなみに、例年の6月だと蓮が絡んだエリアの変化で巻物で釣るのが常套手段ですが、蓮も全滅してガマも壊滅に近い状態で不揃い。
地球環境の影響なのか、水生植物が被害を受けているようです。
蓮が絡んだ変化とは、蓮の近くの杭やブレイクなどなどです。

前日のプラクティスは、およそ2時間ぐらいで、エリアを見ることが中心ですが、ガマの最奥で貴重なバイトがあったりしました。

東谷田川 出ればデカイ 釣れる条件が限定的

西谷田川 500から800ならどこでもポツリポツリと釣れる。

細見広場 デカイのは、アフターで限定的なエリア
 500から800は、ガマのちょい奥

さあ、後は当日、どうはめるか!

ここが一番悩みました。

次回は、試合当日の様子です。

牛久的な釣り人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ