丹波へー太古のロマンー

テーマ:

恐竜の里・丹波(兵庫県)へ行ってきました。

まずは、古民家カフェ「恐竜楽楽舎」でランチ。

 

ランチセットはこれのみで、他はカレーやサンドイッチになります。

これは予約をしておいた方が良いみたいです。

 

ヘルシーなおかずと丹波栗の栗ご飯が、最高でした!

 

庭には栗が実っていました。

 

その後、丹場竜化石工房「ちーたんの館」へ

 

建物から恐竜の首が飛び出しているのは、ネットでみていたけど、

横からしっぽまで飛び出しているところが、おもしろかったです。

建物内の全身骨格標本は、迫力満点です。

 

丹波竜が生きていた1億数千万年前の白亜紀の地球は、まだ日本列島も出来ておらず、現在の丹波あたりはサバンナだったということ。地球の歴史と比べると人類の歴史なんて瞬きくらいの一瞬です。つまんない悩みも吹き飛んじゃうスケールです。

 

遠い海の向こうではなく、日本にこんな大きな生き物が生きていた時代があったなんて...

太古のロマンに思いを馳せる~。

 

最後は丹波竜の里公園

ど~んと、実物大丹波竜がお出迎え。

学名はタンバティタニス・アミキティアエに決まったそうです。

 

子供たちは、恐竜スライダーが楽しそうでした音譜

自然と動物が大好きな私は、緑の山に囲まれて気持ちがすっきりしましたぴかぴか

 

 

 

最近、息子が恐竜大好きなのですが、私もいっしょに恐竜を楽しんでいます。

先週は仕事も勉強も頑張ったので、よい息抜きになりました笑顔