先週の週末は、メキシコ独立記念日でした。それに合わせたメキシコのイベント「フィエスタ メヒカーナ」も今年は天気に恵まれて盛況だったようですね。サルシータでも、独立を祝う料理、「チレス エン ノガーダ」がたくさん注文されて大忙しでした。
 そして、いよいよ、その特別な料理も含んだメキシコ大使館商務部さん主催のワークショップセミナーも約10日後に迫ってきました。今日は会場の視察のため、汐留にある東京ガスさんの厨房ショウルームに行ってきました。とても広くてきれいなキッチンでした。もちろん、厨房機器は東京ガスさんの誇る最新設備が完備されています。まあ、今回はとてもベーシックなガスコンロくらいしか使いませんが、、、参加者の方たちのお席も、とても立派でした。当日は、30名の参加者の皆さまの前で、実際に料理を作りながら、いろいろと説明させて頂くことになります。料理をしている手元もビデオで撮られてプロジェクターに映されるようだし、日頃、作っている料理とはいえ、緊張するだろうなあ!いろいろと器具や材料の説明をしてもらった後、「大丈夫ですか。」と訊かれたので、「後は、当日、自分が緊張して喋れるかが不安です。」と正直に打ち明けたところ、後で同行して頂いた大使館の美人スタッフさんに「テキーラ一杯飲んでからやれば大丈夫ですよ。」と貴重な?アイデアを頂きました(笑)。まあ、これも自分が成長するための得難い体験と思って頑張ります。