サロンの集客と経営|大手に負けないサロンの作り方

サロンの集客と経営|大手に負けないサロンの作り方

個人サロンなど小規模のアロマサロンやエステサロン、ネイルサロン、リラクゼーションサロンを開業や集客に関する情報を無料公開。大手に負けずに、楽しく自分らしいサロンの作り方を作りませんか


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは、加藤です

化粧品って、同じ工場で同じような成分を使って
異なる二つの商品を製造していることがあるそうです。

そしてその二つの商品が
別々のメーカーから販売さているそうな

で、その値段は、いっぽうは3000円。
もういっぽうは3万円なんてこともあるらしい

これがどこまで本当の話かはわかりませんが
これに近いことが、さまざまな業種で行われているのは確かです



同じ商品なのに、この価格差はなにかというと
そのメーカーのブランド力だったり、パッケージなどだったりします

ここからわかることは、
商品は同じでも、それに関わる周りのものを変えることで
価格は大きく変化させることができるということ

化粧品でたとえを出しましたがサロンでもこれは同じです
あなたの周りを見渡してください

あなたの施術(商品)と同じか、もしくは劣っているものを
あなたより高単価で販売し、しかもあなたより多く売っている
そんなサロンがありますよね?

これにはたくさん理由はありますが
その中に、さきほどあげたような
ブランドであったりパッケージに相当するものがあります

ブランドはそうやすやすと作ることはできないかもしれません
でも、パッケージに相当するものなら
ある程度まではなんとかなります

そのある程度なんとかするために
是非とも持っていてもらいたいのが色の知識

なぜなら、色っていろんな場面で影響を与えているからです

院の外観、院内、院内設備、施術着、POP、
ホームページ、、配布物
などなど、色が関係する場面はいたるところにあります

色の意味を知ると、自分で、しかも低価格で

こんな治療院が


こんな治療院になりました



さまざまなコンセプトがありますが
基本的にサロンや治療院で売っているものは施術です


なので、色を変えただけで万事うまくいく
なんてことはほぼないと考えてください


でも、色を知っておくことは決してマイナスではありません
知らないことはマイナスではあります

っちゅうことで、カラーのセミナーします


もちろん僕はできないので、専門の先生にお願いしております

都銀や大学などでも講義経験のある田中先生に
色が持つ力についてお伝えしてもらいます

確かに色は知っておいたほうがいいな
と思うなら是非ご参加を

セラピストサポート、加藤でした


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス