冷えと睡眠の関係とは? | 名古屋 子宮筋腫を本気で改善。自然療法であなたの生活の質を高めるサロン

名古屋 子宮筋腫を本気で改善。自然療法であなたの生活の質を高めるサロン

名古屋市北区 東区 中区 千種区 名東区 子宮筋腫・生理痛・子宮腺筋症・月経前症候群(PMS)でお悩みの方をあしつぼと体質改善であなたの毎日の生活を楽しくします。

●冷えと睡眠の関係とは?

 

こんにちは。

 

子宮筋腫を本気で改善。自然療法であなたの生活の質を高めるサロン林 由賀です。

 

質と時間、両方が重要ですよね。

 

睡眠不足は、冷え性を招いてしまう大きな原因のひとつです。

 

睡眠不足が続くと自律神経が乱れる→代謝機能が悪くなる→体温が下がる→冷え性になるという負のスパイラルが起こります。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、特に睡眠不足の場合、交感神経が働きすぎているため慢性的に内臓の働きが悪くなり、冷え性を引き起こします。

 

冷え性対策&改善のための睡眠時間は、7~8時間が理想と言われています。

ただし、どんなに睡眠時間が長くても、睡眠の質が悪くては冷え性対策にはなりません。

 

そんな睡眠の質を悪くする主な原因は、

 

「ストレス」

 

「運動不足」

 

「睡眠時の服装」

 

「寝酒」

 

などが考えられます。

 

ストレス社会に生きてると、切っても切り離せないですが、上手にリフレッシュできるといいですね。


慢性的な「運動不足」だと体が休息を欲さないため、熟睡が妨げられてしまいます。

 

ハードな運動でなくとも、日中はコマメに体を動かすことが大切です。

 

あと、忘れがちな「睡眠時の服装」は、体を締め付けないパジャマが理想です。

 

体を締め付ける下着、きついゴムの入った服(ジャージ等)は、交感神経を刺激してしまうので注意しましょう。

 

「寝酒」は、寝付きはよくなるものの、眠りそのものは浅くなり、夜中に何度も目が覚めてしまうこともあります。

理想&質のよい睡眠で冷え性を改善するには、規則正しい生活習慣が重要というわけです。

 

規則正しい生活習慣を手に入れたあなた、あとはしあわせの子宮あしつぼ®︎で質の高い睡眠をまざしませんか。

 

 

ご予約はこちらからお願いします。

 

QRコードもご利用頂けます。

qr

 

子宮筋腫を本気で改善。自然療法であなたの生活の質を高めるサロン

Salon de Luccica 

 

-サロン ド ルチカ- 

 

名古屋市北区

(自宅サロンの為、詳しくはご予約時にご案内いたします)

 

営業日 土・日・祝

営業時間 10:00~16:00

駐車場 有

女性専用・完全予約制

Tel:090-9934-9593

Mail:salonluccica.ashitsubo@gmail.com

 

 

●初めての方は必ずお読みください

●メニュー一覧

●お客様の声

●サロンの雰囲気(準備中)

●アクセス

●ご予約フォーム

 

 

 

子宮筋腫の経過観察でお悩みの方、生理痛、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞、月経過多、月経前症候群(PMS)、月経不順、不妊症でお悩みの方の症状を緩和し、生活の質を高めます。

名古屋市内 北区 東区 中区 守山区 千種区 中村区 天白区 緑区 南区などからお越しいただけます。