こんにちは。

 

今日のユーカリが丘は真夏のような暑さです。。

外の日差しが痛いくらい。。

 

さてさて、

今日のサロンのセットアップはこちら。

『クレイフットパック体験』 のワークショップでした。

 

クレイ(泥)パック と言うと 『タラソテラピー』海泥 を思い浮かべる方が

多いかもしれませんが、

 

サロン使っているクレイは、フランスを主とした大地からのもので、

無着色・無香料のパウダー状のものです。

 

汚染されていない土壌の地下40~60メートルの粘土層から 掘り起こし、

日光にあてて乾燥させています。

 

欧米では 「クレイセラピー」 という代替医療として

すでに様々な用途に使われていて、検査基準も厳しく、

口にいれても OK なパウダーです。

 

クレイは6種類。

色も天然のもので、成分によって用途が変わってきます。

 

今日はまず、ミネラル分を豊富に含み

抗炎症作用・デトックス が得意分野の

「グリーンクレイ」 を使います。

 

クレイに水分を与え5分ほど待ちなじませます。

水分は、無香料派の方はミネラルウォーター

少し香り付けしたい方は ローズウォーターティーツリーウォーター

使います。

 

スパチュラで混ぜていきます。

ちなみに この方は歯科衛生士さんなので、お仕事柄、

練り上げ作業がとても素早いのでした。笑

 

キャリアオイルを混ぜなめらかに整え完成です。

今日は初回なので、オールマイティな ホホバオイル を使いました。

 

足に塗っていきます。

子どもの頃の どろんこ遊び みたいで楽しいのです。笑

 

乾くのを待ちます。

今日はいいお天気だったので、サロン内に できた 陽だまり

ひなたぼっこ しながら 乾かしました。

 

乾き方にはムラがあります。

塗り方の厚い薄いもありますが、

「じっくり働きかけたいな」 というところに

クレイは長時間留まってくれたりします。

 

足裏や足首は特に、内臓冷えに関係する反射区が多いので、

ずっと乾かずに作用してくれる箇所も。

 

クレイをふき取り フットバスでさっぱり。

 

傷に直接塗布する用法もあるくらいなので、

少しの靴ずれや傷跡があっても、塗ってOKです。

 

 

今日はさらに、お持ち帰り用アイテムを2つ作りました。

 

まずは、顔&デコルテパック用のクレイペースト

レシピはこちら。

 

★ピンククレイ 大さじ3

★水分 大さじ1

★ホホバオイル 大さじ0.5

★はちみつ 小さじ1

 

お顔に塗布するものなので、

より穏やかで優しいピンククレイを使います。

はちみつを加えると、よりしっとり仕上がります。

 

続いて、虫さされや傷跡に塗布する、クレイジェルを作りました。

レシピはこちら。

 

★グリーンクレイ 大さじ1

★ミネラルジェル 大さじ2

 

その他にも、

 

・オイルでクレイを溶いてバーム状にするとリップクリームに、

・ホワイトクレイをそのままベビーパウダーとしてあせもや湿疹に、

・レッドクレインククレイをお湯に溶かしてフットバスを作り、冷え症に、

 

など、用途は様々です。

 

今回ワークショップを開いてみて、

やっぱりこのクレイはいいなぁと実感。

 

クレイの詳細は、

「国際クレイセラピー協会」HP をご覧ください。

 

また開催するつもりです。^^

 

クレイの使用が二回目以降の方は、

アボガドヨーグルト卵白を加えてみたり(ヘアパックに抜群です。)

 

少し作用の強いイエロー・ブラウンクレイを混ぜてみたり、

より凝ったレシピにもチャレンジOKです。

 

できたてのもの、成分がちゃんと分かっているもの、

防腐剤・添加剤・香料が入っていないものを使う・・

そんな贅沢をさせてあげると

身体がじわじわ喜んでくれているのが分かりますヨ。

次回も 2名~開催予定 ですので、ご希望の方はご連絡下さい。^^

人数が集まり次第、開催日時を決めていきますネ。

 

http://www.salonfierte.com/workshop.html

 

お申込み・お問合せは

Salon Fierte 

担当: 尾江(オエ)

080-3540-3939

salonfierte@gmail.com