食べるのはもったいないけど、、、、♪ | 大阪・天満橋のシュガークラフト教室♪ずっと飾れるかわいいケーキ

大阪・天満橋のシュガークラフト教室♪ずっと飾れるかわいいケーキ

大阪市中央区(天満橋)で開講している、お菓子作り、もの作りが好きな方のための、お砂糖を原料に花や動物をつくるシュガークラフトの教室です。全くの初心者さん大歓迎!シュガークラフト世界大会元チャンピオン講師が個別に初歩からレッスンいたします!


テーマ:

● 食べるのはもったいないけど、、、、♪

 

こんにちは、天満橋のシュガークラフト教室 中村美和です。

 

 

5月は毎年中級科クラスの生徒さんは食べられる本物のケーキを使用します。(すでに6月ですが。。。。)

 

今年もブロードハーストさんにお願いして焼いていただきました。

 

シュガークラフトで作るケーキは正式には中身はフルーツケーキを使用します。

 

中級科では”できるだけ簡単に見栄え良く!”をテーマにしていて、ケーキも軽めのバターケーキを使用しています。

 

”簡単で見栄え良く”と言っても、本物のケーキを使用して1日で仕上げるということで、作業工程はたくさんあるんです。

 

 

行程をあげていくと、、、、

 

1.パーツを作る
イチゴ、ラズベリー、イチゴの花、イチゴの葉、サイドの装飾に使用するイチゴ、ラズベリー、ブルーベリー

 

2.ケーキにジャムを塗る(マジパンとケーキの接着の目的でジャムを塗ります)

 

3.マジパンをカバーリング

 

4.シュガーペーストをカバーリング

 

 

5.イチゴの花、イチゴ、ラズベリーにガクをつける。

 

6.イチゴの葉をダスティング(粉末状の色素を筆でつけること)

 

7.各パーツのワイヤーをフローラルテープで巻く

 

8.イチゴの葉を3本1組にフローラルテープで巻く。

 

9.パーツをひとつにアレンジしてフローラルテープで巻く。

 

10.ケーキをひとつに接着する

 

11.パーツを接着して装飾する。

 

 

12.ケーキの根元にリボンを巻き、その上からシェル絞りする。

 

13.ケーキのてっぺんにひとつにアレンジした9のブーケをフラワーピックと一緒に差し込んでできあがり。

 

出来上がってみるとかわいいです!!

 

インスタ映えですよね~

 

クリスマスケーキを食べなかったので、今回は食べてみようと思いますが。。。。

 

かわいくできたしだんだん食べるのがもったいない気がしてきて、悩んでいます。

 

Chiharuさんの感想です。

 

ケーキを食べるか飾っておくか悩むところですね~

 

皆さんいつも悩まれますが、このケーキは食べる方が多いです。

中身美味しいですし!

 

賞味期間はフルーツケーキではないので賞味期限1週間なんです。

 

その後、Chiharuさん召し上がったのでしょうか???

 

今月いらっしゃったときに確かめてみようと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

 

 

 

 

 

大阪・天満橋のシュガークラフト教室:中村美和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります